hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2006/10/19

東京・1  ECLAT

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

先日、サロンを5日間休み、結果皆様にご迷惑をおかけしつつも東京に勉強に行って来ました。

今回はお台場の東京ビッグサイトにて開催された「TWBC2006」(TAKARA WORLD BEAUTY CONGRESS)と言う2年に一度のトータルビューティーのイベントです。

2年前ももちろん行きましたが、ヘアー・メイク・ネイル・エステ・アロマと今の時代の美容には欠かせないものたちが一堂に見れると言う事で2日間ともたくさんの美容師をはじめ、美容関係者が全国から集まりました。

ヘアーに関しては今再び流行しているパーマのセミナーが多く、流行に関係なくパーマが大好きで探求し続けている私にとっては有意義なセミナーでした。

又、今回の目玉とも言える日本を代表する建築家「安藤忠雄」氏の特別講演会も催され、世界を牽引されている安藤氏の話はとても刺激的でした。

最後にはサインもして頂き感激しました。

氏の話を聞いてから、今まで読んでいた安藤氏の特集の雑誌などを読み返して見ると、やはり話を聞く前と後では受ける印象も違い、氏が設計した建築を見に周って見たいと思いました。

最近の氏の代表的な建築に「表参道ヒルズ」がありますが、前回6月に見た時と、氏のヒルズ建築についての話を聞いてから改めて見たヒルズはまるで別物でした。

今回の上京は前回6月に行って3ヶ月ぶりと言う、最近では短期間での再上京でしたのですが、それでも東京と言う所は魔物と言うかクリエイターの心をくすぐるところです。
(逆に住んでしまうと見えてこないものもあるかと思いますが)

コムデギャルソンのスタッフと交わした様々な会話や、いつもお世話になるビュートリアムの皆川さん(店長になったそうですが)やアシスタントとの会話、又、そこに偶然来ていた松たか子さんの目を瞠るような美しさなどなど。

しかし、今回逆につくづく思ったことはやはり私は松江をもっと素敵にしたいと言う事でした。

この島根・松江の独特な品のある街並みや人はやはり宝です。

そこに、私が今まで得て来たものや、今回の様に刺激を感じて来た事を、地元の為に噛み砕いて発信して行く事が私たちの使命だなと感じました。

元々、ECLATはそう言うコンセプトから立ち上げました。

美容室にネイルをいち早く導入していたのもそう言う理由です。

何だか先が楽しみになって来ました。

まずはECLATでお待ちしています!
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ