hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2016/12/16

歯周病  non title


11月の最後の日曜、尋常ではない歯の痛みに襲われ

その日はロキソニンを服用して何とか堪えてカットしていましたが

営業が終わるころはお客様と会話出来ないくらいでした・・・


翌日の定休日に急患としていつも通っている歯医者へ。

「これは抜くしかありませんね・・・」


つい先日メンテナンスに来たばかりでしたが

その時は何ともなかったので

まさかの一言でした。





「絶対に抜かないとダメなんでしょうか?」


「抜く以外に手はありません。」


どうしても抜きたくないと

その日は炎症を抑える薬を処方してもらい帰宅しました。


次の日が元々予約の日だったので

次の日も行きましたが

抜く時期を先延ばしにしているだけだから

近いうちに抜かないと、と言われました。


歯周病は子供の頃に菌の数が決まり

それはもうどうしようもなく、

対処療法としてそれ以上悪くならない為には

小まめに歯を磨き

小まめに通ってメンテナンスするしかない、

そう言われました。


それは今まで幾度となく聞いていて分かっているから

自宅では毎回歯科専用の歯磨きを3種類も使い分け、

述べ5分以上歯茎と歯を分けて磨き、更に歯間ブラシも使い、

歯石を取ったりとメンテナンスにも定期的に真面目に通い

つい先日行った際には何のこともなかったのに

それから一週間足らずで

抜くしかないと言い切られるとは・・・


美容師は元々生活が不規則な為

歯に支障を来たす人が多い職業です。


ずっと立って作業しているので疲れやすかったり

歯を食いしばりやすかったりもします。


簡単に休む事も出来ないので

痛みが出るまでは忙しくて歯医者にもなかなか行けず・・・


しかし今回、縁あって歯周病を専門に観て頂ける先生に出会い

抜くしかないと言われた歯を見事に救って頂きました。


藁にもすがるとはこのことでしょうか。


歯周内科と言うものが存在することは知っていましたが

こんなにも違うとは思っていませんでした。


もっと早く出会っていれば・・・


今まで使っていた歯磨きを全て処分し

今までよりも随分手入れも楽になり

日に日に良くなっているのが実感出来ています。


もし歯周病で困っている方や

私と同じように真面目に歯医者に通っているけど

一向に良くならない・・・


と言うような方だけにご紹介しますので

おっしゃって下さい。


但し、本当に良くなりたい方だけ限定です。


ちなみに歯周病の状態で

どれだけ歯を懸命に磨いても

歯石を取っても

それ以上良くなる事はありません。


これはどの歯医者さんでも言われる事です。



3



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ