11月 チルコロライブ  お知らせ




2018年11月17日(土)

『吉田祥吾 カフェチルコロ 10人ライブ』


場所:久留米市東町25-24(一番街 アーケード内) 「カフェチルコロ」2階
※車でお越しの際は近くの駐車場をご利用ください

時間:1部 15:00〜 2部 18:00〜
※お店は12時からOPENしています

料金:各2000円

人数:1部、2部 各10人

予約受付中

公式LINEでも受け付けています。
登録は簡単こちらからどうぞ♪
友だち追加数
ライブ情報 チケット予約 一般参加可能な講演会のお知らせ 等々 興味のある方は是非ご登録を♪ 
チケット予約 or お問い合わせ
・ otoiawase_y12@yahoo.co.jp
・ 09096042096(吉田)
その他、公式LINE、TwitterFacebookメッセージでも受け付けています。 

 

インフォメーション  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

吉田祥吾のCD、通販限定デジタル音源、オリジナルポストカードを販売しています。

「吉田祥吾CD&GOODS 通販 本店」
「吉田祥吾CD&GOODS 通販 代引き&直接お届け支店」

NEW シングル『あいうえ音』

itunes 各サイトにて販売orストリーミング開始しました。


【吉田祥吾 活動情報専用LINE@】
登録は簡単こちらからどうぞ♪
友だち追加数
ライブ情報 チケット予約 一般参加可能な講演会のお知らせ 等々 興味のある方は是非ご登録を♪
※QRコード IDは〖続きを読む〗からどうぞ

2018/11/13

いっしょに  日常のつぶやき

“その子”と初めて会った時は、たしか小学1年生。
毎週ギターレッスンで会っている“その子”はもう中学2年生。

初めて会った時に、印象深く覚えていたのは瞳。

講演会が終わって、みんなを見送る時、キラキラとした眼と力強い握手をしてくれた子。
「とてもよかったです」と、伝えてくれた。
今でもはっきり覚えている、小さな顔と大きな眼鏡、何とも言えない笑顔と、その奥の輝いてた瞳。

それから時は過ぎ、その子が小学校4年生の時、再会が待っていた。

僕の講演会の噂を聴き、中学校で同級生だった人から連絡が来たのが始まり。
偶然の連鎖。
その彼と何度か連絡を取っていると、"相談なんだけど"、の前置きの後こんなメールが届いた。
「僕が受け持っている子が吉田君を知っているって言ってるんだよ。会いたいっって言っているんだけど、一緒に会いに行ってくれないかな。きっとものすごく喜ぶと思うんだ」

と。

もちろん断る理由なんて微塵もない僕は、予定を合わせて、その子の自宅に伺うことになった。

久しぶりと言うには、長い時間と悲喜こもごもの感情を抱えての同級生との再会、初めてお会いする親御さん、そして僕が来るからと声をかけて集まっていた"その子"の友達数人。

「なんで僕を知ってるの?」とその子に聴いたら、文頭に書いた内容をその子側の目線で説明してくれた。

ここではまだ、なんとなく思い出している程度。

その後、"吉田祥吾"がどんな風に心に残っていたのか、と、『再会』をはっきり実感する事になる。

その子のお母さんが話してくれた"講演会の後"。

ティッシュペーパーの空箱とゴムでギターを何個も作って、あまりの興味の持ちように小さなおもちゃのギターを買ってあげた程、"吉田祥吾"がその子に残ってくれていたこと。

「これがその時の写真です」と見せてくれた当時の写真。

お母さんの横で小さなギターを抱えている小学校1年生。
見せてもらった時の驚きは忘れられない。

『小さな顔と大きな眼鏡』

間違いなく“何とも言えない笑顔と、その奥の輝いてた瞳”の“その子”


ぼんやりだった記憶に、輪郭がはっきりついて、当時の風景が一枚絵として鮮明になった。


「もしよかったから、吉田祥吾さんにギターを教えて欲しいよね」とお母さん。
「うん!」と、その子。

まさかこんな未来に繋がるとは思ってもいなかった“あの日”

それから2年後、その子が6年生になった時に野澤先生が担任になり、1年間深く関わり「クラスメート」にもなった。卒業式の歌もみんなと作り、一緒に卒業式にも参加もした。


昨日が“その子”の誕生日。
食事に誘ってもらい、一緒に誕生日をお祝いすることが出来た。

楽しかった、嬉しかった。
ずっと忘れない時間。

もう“その子”なんて言えないくらい、立派に成長し続けている。

僕は彼に出逢えて幸せだ。

見つけてくれてありがとう。
ご家族にも心からの感謝を。

僕は生まれてきた意味をこんなにもらえている。
タイムマシーンがあったなら、伝えたいことが盛りだくさんだなぁ。


============================================================
有料ブログ『吉田祥吾
・登校拒否(不登校)や、生き方や命に関する内容
・どんな考え方で心の対処をしてきたのかetc
・どんなことが変わるきっかけだったのかetc
・本当に必要な人だけに届ける為の有料ブログです

サブブログ『ゆるっと気軽にどうですか
・日常のふと思ったことやメインブログの補足っぽいこと
・ゲームや漫画、作品等の感想
・書く回数が一番多い
・何の特にもならない息抜きの無料ブログです

2018/11/11

そこにある笑顔  仕事関連つぶやき

久しぶりのイベント出演、そして講演会。

一日にふたつの場所で。

佐賀と久留米。

去年に続き今年も呼んでもらえた、656(むつごろう)広場での「佐賀いのちの日」チャリティフェスティバル。

「佐賀いのちの日」は、佐賀市における自殺防止に係る普及活動としてはじまったイベント。
そこで開かれているチャリティバザーの売上金額は、全額いのちの電話の寄付にあてられているわけです。

普通に暮らしていればわからないギリギリの命。
それを救っているいのちの電話。

その場所に呼んでもらえている有難さ。

今年は、午後からの講演会も重なり、出演時間を調整してもいただいた。
講演会の場所は、久留米田主丸町にある柴刈小学校。

本当に、どちらも快く時間の調整に協力してくださった。
何より希のお蔭だ。

僕は、たくさんの人の努力と協力に、生かされて活かされて人前に立つことが出来ている。

全校生徒、そして保護者の方、地域の方合わせて100名以上。

真剣に聴いてくれる空間に20分も時間を過ぎてしまった今日。
終了直後、そしてお見送りで謝る度に「いいですよ」と言ってくださるみなさんの温かさに感謝。

先生も子供も親も、良い人、悪い人、言葉通り本当に"人それぞれ"。

それぞれの立場で、それぞれの意見や思惑で生きてる。

だとしても、より良い未来や命を大事にしたい想いは共感できると信じている。


子どもたちに残すこと、大人たちと共感しあうこと。

人を愛し、自分を信じてあげること。


明日は、いつも通り「レッスン」のお仕事。
歌わなくても、叫ばなくても、ギターをかき鳴らさなくても、伝えて共感する大事な時間。


僕は、そこにある笑顔の為に生きていたい、と心から言える。


============================================================
有料ブログ『吉田祥吾
・登校拒否(不登校)や、生き方や命に関する内容
・どんな考え方で心の対処をしてきたのかetc
・どんなことが変わるきっかけだったのかetc
・本当に必要な人だけに届ける為の有料ブログです

サブブログ『ゆるっと気軽にどうですか
・日常のふと思ったことやメインブログの補足っぽいこと
・ゲームや漫画、作品等の感想
・書く回数が一番多い
・何の特にもならない息抜きの無料ブログです

2018/11/7

有料ブログ  仕事関連つぶやき

有料ブログ「吉田祥吾」

最初の記事を連載という形で書き始めました。

今まで書くことのなかった人間形成に大きく関わる過去。
年齢を重ね、母親の当時の状況や苦労も理解できるようになるにつれて書けなくなった過去。

けれど、僕がずっと続けてきた「吉田祥吾」。
誰かに伝える場所で文字にすることも、やっぱり大事。

人生の整理始め。


「神様と家族と普通と僕」


少しずつ、少しずつ書いていきます。
============================================================
有料ブログ『吉田祥吾
・登校拒否(不登校)や、生き方や命に関する内容
・どんな考え方で心の対処をしてきたのかetc
・どんなことが変わるきっかけだったのかetc
・本当に必要な人だけに届ける為の有料ブログです

サブブログ『ゆるっと気軽にどうですか
・日常のふと思ったことやメインブログの補足っぽいこと
・ゲームや漫画、作品等の感想
・書く回数が一番多い
・何の特にもならない息抜きの無料ブログです

2018/10/30

ただいま  日常のつぶやき

昨日旅から帰宅。
久留米に帰ってきた。

旅の目的地は奈良県、14時に市民が止まる町。

いろいろなことがあった旅。

その中心は人との出逢い。

そして、出逢い心を通わす為に必要だったのが“自分”

『どうやって生きてきたか、生きているか、その信念』

怖さも不安も孤独ももちろんあった旅。


僕をその旅に誘ってくれた人。
その人が僕にくれた信頼と期待。

どんな場所であれ「吉田祥吾」を必要とされ、僕にしか出来ないタイミングだったら、命がけでも動く。

今回もそうだと確信出来たから動いた“旅”


出逢えた人が宝。
その人達に逢えて本当によかった。

心の整理をして、有料ブログ「吉田祥吾」への執筆作業へ。
時間がかかっても書き上げたい。

どうして僕がこうまでして、吉田祥吾として生きているのか。
きっかけになっている幼少期、少年期、その傷の大元。


まずは溜まりに溜まった疲労を少しでも回復させるのが先決。
方法がわからないくらい疲れているけど(苦笑)


============================================================
有料ブログ『吉田祥吾
・登校拒否(不登校)や、生き方や命に関する内容
・どんな考え方で心の対処をしてきたのかetc
・どんなことが変わるきっかけだったのかetc
・本当に必要な人だけに届ける為の有料ブログです

サブブログ『ゆるっと気軽にどうですか
・日常のふと思ったことやメインブログの補足っぽいこと
・ゲームや漫画、作品等の感想
・書く回数が一番多い
・何の特にもならない息抜きの無料ブログです



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ