All Things Must Pass

2015/3/23 | 投稿者: pdo


以前、このブログで北川景子さんのエッセイ『瀬戸内まで』の感想文のようなものを書いたことがあった。

このエッセイはその年の『ベスト・エッセイ』に選ばれて書籍化されたほどのもので、曾祖母危篤の報を受けて実家へと急ぐ道中の想いを綴った、北川さんの文才がよく発揮された作品だった。

3月19日付の彼女のブログで、その御曾祖母が昨年の秋、100歳で天寿を全うされたということが明らかにされている。

記事には、ローマでの撮影の最中に知らせを受けた彼女の内面の葛藤が綴られている。
それは神戸や東日本の震災についても絡めながら語られている。

あのエッセイの後日談としても読めるが、女優北川景子のファンなら、思わず背筋が伸びる。
彼女のことを決して浮ついた気持ちで応援していてはいけない、と思わせられる内容である。

北川景子のファンであることは、かなり緊張を強いられることでもある。

そしてそれがある種の快感でもあるのである。

何だか話が変な方向に行きそうなので止める。



All Things Must Pass / GEORGE HARRISON

Sunrise doesn't last all morning
A cloudburst doesn't last all day
Seems my love is up and has left you with no warning
It's not always going to be this grey

All things must pass
All things must pass away

Sunset doesn't last all evening
A mind can blow those clouds away
After all this, my love is up and must be leaving
It's not always going to be this grey

All things must pass
All things must pass away
All things must pass
None of life's strings can last
So, I must be on my way
And face another day

Now the darkness only stays the night-time
In the morning it will fade away
Daylight is good at arriving at the right time
It's not always going to be this grey

All things must pass
All things must pass away
All things must pass
All things must pass away


諸行無常/ジョージ・ハリソン 

(意訳 ダンテス・ダイジ遺稿より)



私は、必ず死滅する時を生きている。

私という感覚は、死滅の彼方から出てきた。

にもかかわらず、人は死を恐れるらしい。なぜ、死を恐れるのだろうか?



君達は二度と今をくり返すわけにはいかない。

だから、すべてをかけるんだ。

だから、すべてを投げ出すんだ。

晴れた日と暴風雨と同じ空の違った表情に過ぎない。

荒れた海と静かな海と同じ海の違った表情にすぎない。



まことにまことに汝らに告げる、

汝らを生みしものなる神にその愛のすべてをささげよ、

次にすべての隣人達にその愛を捧げよ。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ