握手会

2014/5/26 | 投稿者: pdo

さいきんAKBの話題が少なくなったなあ(世間的な意味で)と思っていたら飛び込んできた衝撃的なニュース。

小林よしのりは、「AKBの根幹にして、最大の弱点を突かれた事件」とコメントしているらしいが、確かにその通りだ。

握手会というスタイルは、AKBが大成功を収めたことによって一気にメジャー化し、とファンの直接的な交流のためのツールとして、さまざまな芸能人が取り入れるようになっていた。

岡村靖幸のようなアーチストや、北川景子のような女優など、従来は考えられなかったような人たちが昨年はファンとの握手会を行っている。

個人的には、自分が行くかどうかはともかくとして、こういうのは好ましい活動だと思っていた。ファンにとっても芸能人にとっても、お互いの直接的なつながりを実感できる場というのは一生忘れられない経験になるだろう。

ただしAKBほど大規模かつシステマチックに行うようになると、必然的に「ファンではない人間」、もっといえば「積極的に悪意を持つ人間」を排除するのが困難になる。

直接的な凶行に及んだ人間が今までいなかったとしても、メンバーが悪意のあるコメントで傷ついたりするケースはこれまでもけっこうあった。

戸賀崎支配人は、「抜本的な対策が必要」と現時点でコメントしているが、確かにそういう時期なのかもしれない。犠牲者が出てしまってからの方向転換というのは何とも痛ましいものではあるが。。。



0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ