今日のBGMその2

2014/3/28 | 投稿者: pdo


Fairground Attraction / The First of a Million Kisses

確か80年代の終わり頃に出た「パーフェクト」というシングルが大ヒットした英国の一発屋。曲がポップでクオリティが高く、聞くと幸せな気分になれるアルバム。

John Lennon / Paul McCartney

スーパーとかのワゴンセールで300円位で買ったベスト盤。二人のソロになってからのヒット集。改めて聞くと、二人ともメロディーメイカーとしての最強ぶりがよくわかる。個人的にはソロになってからのポールの曲は甘すぎてイマイチなのが多い。

Muddy Waters / More Real Folk Blues

シカゴ・ブルースの大御所マディ・ウォーターズの1950年代の録音。どの曲も同じに聞こえるのに、まったく飽きがこないのは本物の証。

Fishmans / 98.12.28 男達の別れ

フィッシュマンズの事実上最後のライブとなったステージの録音。ほとんど30分に及ぶ「ロング・シーズン」はどこで聞いても曲に入り込んでしまう。稀有なバンドの残した稀有な音楽世界。

The Kinks / The Ultimate Collection

投げ売りされていたキンクスのベスト盤だが、25曲も入っていてお得。しかし60年代の英国のバンドはなんでこんなにいい曲を量産できたのだろう、とどのバンドのアルバムを聴いても感じる。ゾンビーズ然り、そしてキンクス然り。

The Soft Machine / Volume One & Two

ケビン・エアーズが在籍していた当時の実験的な第1作と、サイケデリックな第2作。指向は違えども共に面白い。繰り返しになるが、60年代のブリティッシュ・ロックの創造性にはただただ驚嘆するしかない。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ