名人戦第3局

2013/5/10 | 投稿者: pdo

昨日と今日にわたって行われた名人戦第3局は、羽生挑戦者の快勝だった。

仕掛けから駒損しつつ一気に攻め潰す本局の将棋は、先日のGPSと三浦八段の将棋を思い出させた。実力差がなくてもこれほど大差になることもあるのだから、そんなに悲観することもないのかもしれない。いつまで引きずってるんだという気もするが。

本局のニコニコ生放送の解説は渡辺竜王という豪華布陣であった。

さすがに竜王の解説は明快で分かりやすく、かつ面白い。手の見え方が半端ないだけではなく、「この将棋はこういうもの」という見切りが実にクリアーで目から鱗が落ちる。

コンピューターには膨大なデータ解析能力はあっても、素人にもわかりやすいこういう解説はできない。

渡辺氏は今日の放送で、コンピューターとやるのは大変だから見る側に徹したいと冗談交じりに語っていたそうだが、今の竜王とCOMの勝負はぜひ見てみたいと思う。

それにしても羽生さんは復調したと見てよいのか。名人戦もさることながら、渡辺竜王を挑戦者に迎える棋聖戦での勝負が楽しみである。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ