One Less Bell To Answer

2012/10/16 | 投稿者: pdo

先日、山下達郎のサンデーソングブックで、今年の9月3日に91歳で亡くなった作詞家ハル・デヴィッドの特集をしていた。

作曲家バート・バカラックとのコンビで、「雨にぬれても」やカーペンターズの「遥かなる影」など数々の名曲を生みだしたアメリカン・ポップスを代表する名作詞家だ。

以前、「長い間人々に愛される詞を書く秘訣は?」を尋ねられたデヴィッドは、「3、4分の楽曲の中で、まるで短編映画のような物語やシーンを紡ぐんだ。それも出来るだけ普遍的でシンプルな形でね。だけど実はそれが1番難しいことなんだよね」と語ったという。

そんなバート・バカラック&ハル・デヴィッドの無数の名作の中から、大好きな“One Less Bell To Answer”を。オリジナルは60年代の5thディメンションだが、このバカラック同席のシェリル・クロウのライブバージョンがすごくいい。





One less bell to answer
One less egg to fry
One less man to pick up after
I should be happy
But all I do is cry

出迎えるチャイムがひとつ減る
焼く卵がひとつ減る
片づける手間が一人分減る
幸せなはず
なのに泣いてばかり

I cry no more laughter
Oh I should be happy
Oh why did she go
I only know that since he left
My life's so empty
Though I try to forget it just can't be done
Each time the doorbell rings
I still run

私は泣いてる もう笑うこともない
幸せなはずなのに
なぜあなたは行ってしまったのか
彼が去ってから私の毎日は虚ろ
忘れようとしてもできないの
チャイムが鳴るたびに駆け寄ってしまう

I don't know how in the world
To stop thinking of him
I should be happy
'Cause I still love him so
I end each day the way I started
Crying my heart out

いったいどうしたらあなたのことを
考えずにいられるの?
まだこんなに愛しているのに
朝から晩まで泣きつづけ胸がはりさけそう

One less bell to answer
One less egg to fry one less man
To pick up after
No more laughter, no more laughter
Since he went away
Since he went away
Since he went away

出迎えるチャイムがひとつ減る
焼く卵がひとつ減る
片づける手間が一人分減る
もう笑い声もない
あなたが去ってから
あなたが去ってからずっと

One less bell to answer
Each time the doorbell rings I still run
One less egg to fry
I got one less man to pick up after
No more laughter, no more laughter
Since he went away,
Since he went away
Since he went away all I do is cry

出迎えるチャイムがひとつ減る
焼く卵がひとつ減る
片づける手間が一人分減る
もう笑い声もない
あなたが去ってから
あなたが去ってから
あなたが去ってからずっと
私は泣いてばかり
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ