日比谷野音

2012/10/15 | 投稿者: pdo

宮本が野音でファンに向けてアコギ(と一部バンド)でなんと12曲も披露したとのこと。

本人による詳しい経過の説明があったようだ。

・4か月くらい前から耳鳴りがしていた

・9月1日に左耳に水が入ったような感じになり、病院に行った

・翌日、翌々日も状態が悪化し続け、耳鳴りが凄くなった

・医者から入院と手術が必要だと言われ、「手術の結果によっては声が出なくなるかもしれないが命を優先する」と言われ、覚悟を決めた

・喉に管をたくさん入れ、手術は知らない間に終わっていた 10日間くらい入院した

・病院では壁を見ながらこれまでの人生を振り返っていた

・4月からマラソンを始め、7月には煙草も止めた

・いろいろなことを始めて、体が疲れていたのだと思う

・爆音が怖いのでライブはしばらくできないが、必ず回復するのでまた会おう

歌うことそれ自体には問題はなさそうだったという。むしろ煙草をやめて声がよく出るようになっていたとか

間違いなく復帰してくれるとは思うが、むしろ焦りすぎないようにしてほしい

宮本がこの体験をどう咀嚼して作品として結実するのか、これからのエレファントカシマシがどうなるのか楽しみですらある。

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ