NHK笑神降臨

2011/9/1 | 投稿者: pdo

NHK深夜にオンバト以来の登場。
今夜のは見逃せないっ



制作スタッフメモ

コントタイトル「狂宴封鎖的世界」はシリーズで催している単独ライブと同じ。
単独ライブほどの意気込みで番組に取り組んでいただいたとすれば、本当にありがたいことです。鳥居さんはおよそ30分の長編コントを、見事ノーミスで演じきってくれました。収録終了後、舞台袖のAD(体重100キロをこす巨漢、ゴッチ君)の太い腕につかまっていなければ立っていられないほど、消耗している姿が印象的でした。
初めて内容について打ち合わせをしたのは、収録のおよそ2か月前。鳥居さんの最初の一言は「何が放送できて、何が放送できないか教えてください」という、核心に触れる言葉です。制作としても、放送できる範囲でどう島居さんの面白さを伝えられるかというのは大きな問題。2度3度と台本の書き直しをお願いし、衣装や照明などについて打ち合わせを重ね、問題を解決しつつ本番を迎えた今回の番組。面白くすることにはどこまでも前向きな鳥居さんのパフォーマー魂に触れることができました。
何はともあれ、この放送で鳥居さんの「骨太」な魅力が伝わっていれば幸いです。
3



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ