MOONWALK誤訳 その3

2009/11/30 | 投稿者: pdo

最後に,これは自分でも確信が持てない部分ですが・・・

マイケルが幼いころの父親との関係について語っている文章。

父はいつだって僕にとっては不思議な存在でしたが,彼もそのことを意識していました。僕がとても悔やんでいる数少ないことのひとつに,彼と本当の意味で親しくなれなかったことがあります。彼は何年かかけて,自分の殻に閉じこもってしまいました。ファミリー・ビジネスに口を挟まなくなってから,僕らと付き合いにくくなったのかもしれません。僕が家族と一緒にいると,彼は黙って部屋を出て行ってしまいます。未だに,いわゆる父と子の関係というものが苦手なんです。あまりにまごついてしまうのです。そんな父を見ていると,僕の方もどうしていいかわからなくなってしまいます。 p32-33(下線部引用者)

原文は

My father has always been something of a mystery to me and he knows it. One of the few things I regret most is never being able to have a real closeness with him. He built a shell around himself over the years and, once he stopped talking about our family business, he found it hard to relate to us. We'd all be together and he'd just leave the room. Even today it's hard for him to touch on father and son stuff because he's too embarrassed. When I see that he is, I become embarrassed, too.

下線部について,上記日本語訳では,父親が息子たちのビジネスに関わらなくなった,メジャーデビュー以降について,つまり将来のことについて述べているように思われますが,これは,当時の話,つまり子ども時代の関係のことを言っていると考えた方が自然なのではないでしょうか。

だから,下線部を意訳すれば

お父さんは,長い間に自分自身の周りに壁を築き上げてしまったので,僕たちと音楽ビジネスの話をするとき以外には,僕たちとどう関わっていいか分からなかった

ということになるのだと思います。そして,

家族が皆同じ部屋にいると,お父さんは部屋を出て行ってしまう

のです。

ジョー・ジャクソンという人間の,自分の息子たちとさえ生身の人間として関わることが難しいという謎の人格と深い孤独感が伝わってきます。


マイケルと父親の,いたるところで語られるストーリーを踏まえた上で,映画 This Is It の中で,マイケルが I'll Be There
を歌いあげた後,

そうだ,こう言おう・・・ジョー,キャサリン,感謝してます,ありがとう

と言う場面を見ると,涙が溢れるのを抑えるのに苦労します。


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ