渋谷で会いましょう

2021/3/18 | 投稿者: pdo

某ブログにコメントしようとしたら文字数が多すぎてエラーになったのでこっちに貼り付けます。誰も読まないのにただの自己満足ですが。

はじめまして。のんさんへの熱い思いを冷静な筆致で長年にわたり継続して発信し続けておられる姿勢にいつも敬服しながら読ませていただいてます。

「あまちゃん」の大ブレイクを経て、例の事務所離脱騒動以来、一時は芸能活動そのものが危ぶまれた時期もありましたが(ファンの一方的な老婆心だったかもしれませんが)、「この世界の片隅に」の歴史的な成功があり、近年の(テレビドラマ以外での)各種メディアにおけるカリスマ的な活躍ぶりは、もはや日本の芸能史で未だ前例のない新たな地位に向かって驀進しているのではないかとすら思わされます。

私は松尾スズキのシアターコクーンでのミュージカル作品「キレイ」に強い思い入れがあり、「シブヤデアイマショウ」には個人的に物凄く期待しています。メンバーや舞台から考えて、大きなトラブルがない限りある程度の公演成功は約束されているようなものだと思いますが、現時点での前宣伝の様子から、のんさんをできるだけ前面に押し出して輝かせようという演出側の意図が伝わってくるような気がするからです。

宮藤官九郎作品で衝撃的な(実質)デビューを飾ったのんさんを、師匠格の松尾スズキがどう「料理」するのか。実力者揃いのキャストの中でのんさんが唯一無二の存在感をどのように発揮するのか。彼女のキャリアにとっては「あまちゃん」「この世界の片隅に」に次ぐ重要な作品ではないかと思っています。

とにかくのんさんはこの国でも有数の「持ってる」人ですから(その分だけ抵抗勢力も強い)、このチャンスを確実にジャストミートして、想像を超える特大ホームランをかっ飛ばす気がしてなりません。

それはそれとして、のんさんの今後の活躍の舞台は、日本を超えたアジア全体ではないかという予感もしています。
すでに台湾や香港などでもブレイクの兆しはあるようですが、今後相対的に世界における日本の地位が低下し中国をはじめアジア諸国のパワーが台頭してくる中で(芸能界のレベル的には韓国はすでに日本を大きく上回っていると思いますし中国もいずれさらにそれを追い抜くでしょう)日本がアジア(そして世界)に誇れる女優(スター)はのんさんではないかと思っています。

私は、5年以内にのんさんは国際的に女優として認められる存在になると予言したいと思います。
もちろん希望的観測ですが、日本の女優でそこまでのポテンシャルを感じさせる存在は今のところ彼女しかいません。
逆に、そうならなければ、日本の芸能界は(国力に比例して)どんどん国際的に凋落の一途を辿ると思います。
そのためにも、のんさんに国際的な映画に出演してほしいです。

是枝裕和監督が、韓国の俳優を使って新作を撮るそうです。私は韓国のIUという女優・歌手が大好きなのですが、彼女も出演すると聞いてワクワクしています。のんさんも、是枝監督でも他のアジアの優れた監督でもよいですが、早く国際的な作品に出演してほしいと痛切に願っています。

初書込みなのについ熱くなってしまい、長々と書いてしまい大変申し訳ありません。
貴ブログの今後の益々のご発展を祈念しております。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ