KKK(Kuwata Kiyohara Koushien)

2021/3/15 | 投稿者: pdo

昨日の朝衛星放送で1985年夏の甲子園大会決勝PL学園・宇部商の試合を放送していたので観る。リアルタイムで見ていたはずなのだが、試合の中身は全然覚えていなかった。

追いつ追われつの白熱したゲームで、PLがリードを許すたびに清原がホームランを打って2度追いつき、最後はサヨナラ安打で勝つというドラマチックな試合に数十年ぶりに感動した。

僕が野球を一番一生懸命見ていたのは小学生からこの頃の間で、小学生の頃は毎日、朝は家で購読していた報知新聞を見て巨人の先発投手をチェックし、夜の野球中継が始まるまでは6時からラジオを聴き、7時からは家族3人で巨人戦を見ながら夕食を取るのが毎日の日課だった。

大阪に住んでいたので周りは阪神ファンばかりだったが、父親が熱烈な巨人ファンだったので、僕も巨人を応援していた。江川が先発の日は一日中心が躍った。

1985年は阪神タイガースが優勝した年で、大阪はお祭り騒ぎだった。PL学園の優勝にも大阪人は狂喜した。阪神はバース・掛布・岡田のクリーンアップのいた黄金時代だった。

桑田と清原がドラフトで巨人と西武に行き別れ別れになった騒ぎの時の記憶はあまりない。しかしプロ入り1年目で30本以上ののホームランを打ったの清原の大活躍だけは鮮明に覚えている。

あれから三十余年の年月が流れ、2008年に現役引退した桑田が、今年から巨人の投手コーチ補佐として、引退後初めて巨人のユニフォームを着ることになったということも、昨日ネットで調べて初めて知った。思わず近くの図書館へ行って桑田真澄の本(『野球を学問する』、『心の野球』)を借りて一気に読む。

桑田と清原は好対照なキャラクターで、破天荒で暴力的(?)な清原(故に面白い)に対して、模範的な優等生タイプの桑田(故に面白くない)というイメージがあり、さらに桑田には現役時代のいくつかのスキャンダル報道から、何となくグレーな印象を抱いていたのだが、これらの本を読んで、桑田に対する印象は完全に変わった。さらに、巨人のコーチに就任して選手たちを指導する桑田のテレビドキュメンタリーや、各種の動画を見て、彼は近い将来、日本の野球界を指導する人物になるに違いないと確信した。

桑田は少年野球の頃から、指導者や先輩たちからシゴキと称する殴る蹴るの暴力を受け続け、プロになってからも、野球界の種々の理不尽な掟を実感し続けてきた。彼が現役を引退してすぐ早稲田大学の大学院に入学し、野球やプロスポーツの仕組みについて学問的に学ぼうとしたのは、戦前からの前近代的体質を受け継ぐ野球界を変えたいという意思を実践するための活動の始まりだった。現役時代から今までずっと少年野球の指導も行い続けてきた。

彼が野球界の現場から離れていたこの十数年は決して無駄な時間ではなかった。これから桑田は、野球界全体の指導者として、なくてはならない存在になっていくだろう。逆に、そうならないとしたら、日本野球は衰退消滅の道を辿ることになるだろう。

そして清原は、2016年の覚せい剤事件の執行猶予期間が2020年に満了し、社会復帰の道を歩み始めている。数日前、清原が、野球好きの少年のバッティングを、その父親の前で懇切丁寧に指導する動画が彼のユーチューブチャンネルで公開され、大きな反響を呼んだ。清原もまた、これからの野球界になくてはならない存在となるに違いない。

2021年の今、僕の少年時代のヒーローだった二人の素晴らしい野球人が、新しい形で野球界を引っ張っていこうとする姿を目撃できて、本当に嬉しい。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ