昇級と決戦と

2021/2/10 | 投稿者: pdo

藤井聡太王位・棋聖が、昨日行われたB級2組順位戦でて窪田七段に勝利し、9勝0敗で最終局を待たずB級1組への昇級を決めた。

プロでは今では比較的珍しい居飛車対四間飛車の対抗形となり、ネット将棋でよく出て来る形なので興味深かったが、機敏な仕掛けから優勢を築き上げ、ほとんど一方的に押し切った、強い将棋だった。

佐々木勇気七段も昇級を決め、来期は藤井聡太と再び順位戦で対局することになる。

これで来期のB級1組は、毎年のことではあるが、大変な実力者ぞろいの激烈なリーグとなった。ここを藤井聡太が1期で通過できるかどうかはさすがに予断を許さない。

藤井が四段デビューしてから、持ち時間6時間を超える将棋で負けたのは、順位戦C級1組の近藤誠也七段だけ(順位戦唯一の敗北)という、信じられないことになってている。

来期の順位戦では、チェスクロック方式ではなく、ストップウォッチ方式となるため、実質的にはこれまでより持ち時間が増えることになる。この条件は藤井にとって有利にしか働かないだろう。

そして、明日、2月11日には、藤井が2連覇中の朝日杯トーナメント準決勝と決勝が行われる。

準決勝では渡辺明名人と対局する。この勝負を決した側が優勝する可能性が高いと見ている。

順位戦の疲れが残っていなければよいが、18歳の若さのエネルギーと体力が、かえって昨日の勝利をバネにする方向で将棋にも勢いをもたらすかもしれない。順位戦のような長考が許されない早指し棋戦であることがどう作用するか。

渡辺名人の強さは今更語るまでもなく、現在の将棋界最高のカードの一つを、しっかりと楽しみたいと思う。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ