You Gotta Give 4 What U take

2020/12/28 | 投稿者: pdo

西寺郷太著『噂のメロディ・メイカー』という本を読んだ。

マイケル・ジャクソンの教科書やプリンスについての著書で知られる著者が、「ワム!のジョージ・マイケルにはゴーストライターがいて、『ラスト・クリストマス』を書いたのは日本人だった」という噂を追いかける過程が、沢木耕太郎『一瞬の夏』ばりの私ノンフィクションのスタイルで記述された、ノンフィクションぽいフィクション(小説)。

もともと水道橋博士のメルマガ『メルマ旬報』に連載していたエッセイをまとめたもので、連載時に読んでいた記憶がある。

キャッチーなメロディーを生み出す才能のあるミュージシャンから曲のアイディアを買い取り、ビッグなアーチストに提供して報酬を得るというビジネスが実際に行われているのかどうか知らないが、もしそんなことがあるとしても、自身がミュージシャンである西寺郷太がそれを本に書くなどと言うことがありえないことは分かっていたので、ぼやかした結末に特に意外性も失望も感じなかった。

今のSNS時代には、誰でも自作曲を手軽にアップロードして全世界に公開することができ、そういうものに目を光らせているレコード会社の目利きがいるとしても何ら驚きはない。

だが、西寺がこの本で指摘する通り、ジョージ・マイケルは彼自身が天才的なメロディ・メイカーであり、そのような「ゴースト」の存在を必要としなかったことは事実であろう。

「ラスト・クリスマス」がバリー・マニロウの「I just can't Smile Without You」のパクリであるといって訴えられたエピソードは当時から有名で知っていた。確かに似ていると言えば似ているが、裁判ではマニロウの主張は退けられたようだ。

僕がジョージ・マイケルの才能を一番感じたのは、日本でも一世を風靡した「ケアレス・ウィスパー」という曲で、郷ひろみか西城秀樹もカバーしたような歌謡曲っぽいメロディーを持つ、彼の作品の中でも異色な一曲ではないかと思う。

ソロになってからは、「Faith」という見事なアルバムを出し、その音楽性を存分に開花させた。僕が曲を聴きながらこんなのを作れるのは本当に天才だと感動したのは、実はプリンスではなくジョージ・マイケルの「Fastlove」を聴いたときだけだったりする。

その豊かな才能にもかかわらず、ジョージ・マイケルの評価は欧米では不当に低かったような気がする。デビュー時のアイドル的な印象や、大衆受けを狙ったスタイルがウルサ型の音楽評論家の好みに合わなかったのだろう。

やがてセクシュアリティやスキャンダルで格好の芸能ネタになり、お騒がせタレントとしてのイメージが先行するようになってしまった。

『噂のメロディ・メイカー』は小説としては残念な出来と言わざるを得ないが、西寺郷太のような理解者を極東の島国に得たことは、ジョージ・マイケルにとって不幸中の幸いと言える出来事だと思った。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ