コロナ国葬狂うひと 私をくいとめて

2020/12/18 | 投稿者: pdo

セルゲイ・ロズニツァ監督『国葬』を見た。

スターリンの葬儀に参列する群衆の表情をひたすら映し続けるドキュメンタリー。

資料映像としての価値。

梯久美子『狂うひと』を読んだ。

『死の棘』の作者島尾敏雄とその妻・ミホの神話に楔を打ち込む傑作文芸ノンフィクション。

今日は、『私をくいとめて』を見に行きます。

※見てきた(テアトル新宿16:00〜の部。客入りは半分くらい。)

感想は後程。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ