How Music Got Free

2020/11/30 | 投稿者: pdo

『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』(スティーヴン・ウィット、関美和訳)という本を読んだ。

2016年に出た本で、当時菊地成孔が激賞していたのだが、今まで読む機会がなかった。

mp3を発明したオタク技術者、田舎の工場で発売前のCDをひたすら盗み続けた労働者、インターネットに発売前の音源を上げることに生き甲斐を見出すネットジャンキー、業界を牛耳る大手レコード会社のCEO、これらCDが売れない時代を作った張本人たちの強欲と悪知恵、才能と友情の物語――たしかに一気に読み通してしまう程の面白さではあった。

映画化も決定しているとかいう話もあるようで、どんな感じの映画になるかなんとなく想像できてしまう(その通りだと実につまらない映画だけど)。

この本の言う「音楽がタダになった」というのは、mp3が開発され、ナップスターのようなファイル交換ソフトを利用するサイトが閉鎖されるまでの90年代末から21世紀初頭までの数年間の話で、今は有料によるストリーミングサービスという仕組みにより、厳密にはタダとは言えなくなっている。

これは時代の必然的流れと言えるのだろうが、この本に的確に描かれているように、90年代末のP2Pサイトで一気に時代が変わったと言えるのだろう。90年代前半からネットによる音楽配信を考えていたのがプリンスだったが、少し時代を先取りしすぎた。

結果的にCDを買う時代よりも消費者の出費とレコード業界の売上が激減したことは確かであろう。ストリーミングだとミュージシャンに入る金もCDより激減することになる。

並行して「ナップスター狂騒曲」という本も読みたくなったが、図書館に置いてなかった。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ