Step and A Step

2020/11/25 | 投稿者: pdo



NiziUのデビューシングル「Step and a Step」のMVが公開された。

NiziUのデビューに向けたメディア露出は、絨毯爆撃のような勢いで、どれだけ資本投下されているのかと半ば呆れるほどだ。

まだ本格デビュー前なのに紅白歌合戦の出場も決定し、まるで国民的ブームのように持ち上げられているが、正直自分には「本当にそこまで人気なのか?」という疑いの念もある。

僕はTWICEのオーディション番組「シックスティーン」を見て、これの日本バージョンをやるというので期待して見ていたという経緯があるが、その前提がなければ、Niziプロジェクトを見ることもなかっただろうし、日テレの『スッキリ!』でやたらとゴリ押ししているのも胡散臭い目でしか見れなかっただろうと思う。

プレ・デビューシングル『Make You Happy』もどうってことのない曲だし、「縄跳びダンスが大流行り」というのもなんだか取って付けた感じしかしない。

とはいえ、さすがにメンバーは皆それぞれに光るものを持っていて、もうすっかり成熟したTWICEとは違って、各人の成長ぶりを微笑ましく見ていられる。

ひたむきで努力家で天然で愛すべきリーダー、マコ

大人びた表情と、母性を感じさせる豊かな表現力を持つ、マヤ

プロのダンサーからアイドルへと見事に脱皮してみせた、リオ

ビジュアル担当、ふわふわした性格ながら押さえるところはきっちり抑える、アヤカ

グループ随一の個性的外見を纏いつつ、控えめな性格で好感度の高い、マユカ

元気がよく気の強そうな関西娘だが、愛嬌たっぷりの、リク

天性の美貌と才能という意味ではグループ一番かもしれない、Zeebraの娘、リマ

一番年下(マンネ)ながら、目立つ顔立ちと傑出した歌声を持つ、ニナ

そして、これらのメンバーの中でも、オーディションの段階から特に大きな可能性と将来性を感じさせていたのが、「ミイヒ」だった。

全ての決定権を持つプロデューサー、パク・ジニョン(JYP)も、当然ながらミイヒのアイドル性には当初から注目し、高い評価を与えていた。

東京合宿を終え、韓国合宿での、メンバーがソロで曲を披露するステージで、ミイヒはWonder Girlsの「Nobody」という曲を見事なアレンジで歌い上げ、JYPを驚愕させた。

ところが、このころから、ミイヒは心身の調子を崩してしまったらしく、次第に精彩を欠くようになっていく。

最終メンバーに選ばれた際にも、JYPから体調を気遣われ、「しっかり食べるように」と助言されるほどであった。

それでもプレデビューまでは皆と一緒に活動していたが、本格デビューを前に、活動休止が報告された。

9人のNiziUは、日本に来て8人で活動することになった。

そして、本日公開されたデビュー曲のMVは、まるでミイヒのために作られたような内容になっている。

ミイヒも登場し、座り込んでいたところをマヤに発見され、手を引かれて、メンバーの元に駆け寄るという場面で終わる。

このパターンは、TWICEの「Feel Special」でも使われていた。そのMVの中では、活動休止中のミナにチェヨンが手を差し伸べ、インスタでの発言が元でバッシングを受けたサナにダヒョンが手を差し伸べるという場面がある。

「フィルスペ」の歌詞も、落ち込んでいてもあなたがいるから頑張れるといった励ましの歌になっている。

同じように、この「ステステ」の歌詞も、

Step and a step 私の歩幅で
Step and a step 私だけのペースで
ゆっくり行ってもいい休んでみてもいい
歩いていく自分らしく
Just believe yourself

というサビになっていて、ミイヒを励ますかのような内容にも取れる。

このことについては、事務所が十分な体調管理を怠ったせいで活動休止に追い込まれたミイヒの話を美談にするな、という批判の声も上がっているようだ。

また、このようなMVは、ミイヒが復帰しなければならないというプレッシャーとなり、彼女にますます負担を与えるのではないか、との声もあるようだ。

個人的には、JYPという事務所は、パク・ジニョンの考え方を反映して、韓国芸能界のドロドロした前近代的な因習からはかなり免れている(枕営業はさせないなど)と感じているが、他の事務所と同じく所属アーチストに過重な負担をかける傾向がある。ただしその結果心身の故障が生じた場合には割とすぐ休ませるような柔軟な印象がある。

このMVはミイヒの活動休止の発表がある前に撮影されたということだし、現在のミイヒの実際の状態がどうなのかは分からないが、JYPが、ミイヒがこのような形でMVに出演しても大丈夫だという判断を下したのであれば、今後のミイヒの活動について希望的な観測が許されるのではないかと思う。

ネットで毎週放映されている、NiziUの日常の様子を撮影した体のバラエティー番組でも、ミイヒの姿がしばしば捕らえられていることを見ても、彼女の復帰の目途は立っているのだろうと思われる。

ミイヒが戻ってくる日がもう視野に入っているのだとすれば、今回のようなMVはミイヒ復活の機運を盛り上げるには絶好の構成だったといえるのかもしれない。


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ