渡辺明、藤井聡太を語る

2020/8/9 | 投稿者: pdo

今月号の『文藝春秋』に掲載されている、渡辺明のインタビューが面白い。

棋聖位を奪われた彼が藤井聡太について率直な印象を語っていて、トップ棋士としての危機感についても忌憚のない見解が聞けた。

棋聖戦第1局では、終盤で想像していない手を指されて負けるという、これまで経験したことのない負け方をした。終盤の読みのスピードで突き放す、全盛期の谷川浩司のような勝ち方であったという。

第2局では、中盤でぼんやりした手を指されて、気が付いたら負けになっていた。こういう将棋は羽生善治が得意とするものだという。

つまり藤井聡太は、緩急自在の勝ち方ができるということで、例えてみれば、大谷翔平が投手と打者の二刀流で大リーグで活動しているが、そのどちらでもトップクラスで戦っているようなもので、ある意味大谷よりも凄いという。

第3局は、徹底した研究に基づいて渡辺が優位に立ち押し切ったが、これは実力で勝ったとはいえないという。ただどんな勝ち方でも1勝したという価値は大きい。

第4局は終盤での競り負けで、読みのスピードの違いをはっきりと感じたという。

興味深いのは、「藤井の強みとAIはほぼ関係ない」と断定していたこと。結局のところ中盤と終盤の力で勝っているのであり、むしろAIが関係しているのは渡辺が勝った第3局であると。

一見すると自虐とさえ取られかねない現状分析をここまで徹底できるリアリストぶりが渡辺の最大の強みであり、今後の両者の戦いがどうなっていくのか興味が尽きない。

ちなみに、同誌に掲載されていた芥川賞受賞作『破局』(遠山遥)にも衝撃を受けたが、これについては改めて書く。
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ