「知的生き方教室」中原昌也より

2020/7/31 | 投稿者: pdo

「東京オリンピック開催決定、おめでとうございます! 日本の純文学界を代表して、お祝いを表明します!」

 テレビの前で発表を、ドキドキしながら見ていた。こんな気持ち、いつ以来だろうか? 芥川賞にノミネートされたとき以来の興奮だった……きっと読者も、さぞかし、同じように胸を熱くしていたことだろう。

 発表された瞬間、それまで黒い霧に覆われていたのが、パーッと晴れて明るくなった。輝く希望の時代が、幕を開けたのだ。

 東日本大震災からの「復興」を理念に掲げ、IOC委員会に「スポーツの力」をアピールしたのが、功を奏した。アジアで最初の五輪となった1964年の大会以来、何と56年ぶりにギリシャから聖火がやってくるのだ。このことに興奮せずに、何に興奮するというのか。

 日本が掲げたのは、高度な都市機能と強固な財政基盤に支えられた、東京だけの「安心、安全、確実な五輪」。

 そう表明した安倍首相という、日本の歴代総理の中でも特に逸材というべき人物による

「オール・ジャパン」が、招致機運の盛り上げに一役買った。これによって、彼は世界の歴史にも名を残すことだろう。

 私も正直なところ、「アベノミクス」の恩恵によって、どん底から這い上がるチャンスを与えられた幸運な人間であるのを、ここに告白しなければならない。

(中略)

 そんな疑心暗鬼の長い時代が続いていたのを、見事に断ち切ってくれたのが「アベノミクス」であったといえよう。

 おかげでこうして家賃も滞りなく払えるようになり、生活の基盤が整ったと同時に、いままでいい加減にしか関わってこなかった文学と、こうしてちゃんと向き合えるようになった。感謝の言葉しか思いつかない。

 安倍首相によって、もしかすると我々は3.11以前よりも絆が深まったかもしれない。

 「アベノミクス」がなかったら、オリンピックの東京での開催は決まらなかったし、いまこうして自分が原稿を書いていることもなかったに違いない。

 日本の未来は安泰だ。


クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ