王位戦第1局

2020/7/3 | 投稿者: pdo

藤井聡太七段が木村王位を降した王位戦第1局。

中盤の仕掛けから、攻めが一度も途切れることなく、受けの名手木村王位を攻め倒した。

棋聖戦に続き、タイトル戦今のところ全勝。

もう言葉が見つからない強さだが、今の時点でここまで強いと、これから先将棋界はかつての大山名人の時代のような「藤井一強」時代が続くのではないかと予感される。

今は17歳という若さとタイトル初挑戦という初々しさがあって新鮮な気持ちで見ていられるが、次々にタイトルを取るようになって、毎年毎年すべてのタイトル戦で圧倒的な強さで防衛するということになると、将棋界はどうなるのか。

もっとも、過去には大山時代、中原時代、羽生時代があって、時代の覇者がいることで将棋界が栄えてきたという歴史があるので、来るべき藤井時代もそれなりに盛り上がるのであろう。

将来について余計な心配をするより、目の前にある藤井聡太の将棋を全力で楽しみたい。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ