ヒョリの民宿(10)

2020/5/6 | 投稿者: pdo



【9日目】

PM12:00

水圧を下げた

「町中で問題が起きてる」「水道局が水圧を下げて設定を間違えた」「そのせいで水道管が破裂した」
今は状況を見守るしかない

ミーティングで、一度に水をたくさん使わないことに決める
ダミ「シャワーはどうしますか?」
ジウン「私の家に行きましょう」
ダミはボートに乗る代わりに夜に友人と会うことにした
昼間はヒョリたちと一緒に行動する
皿洗いと掃除はサンスンが引き受ける 犬の散歩も

ダミがジウンの部屋に行き、シャワーとお出かけの準備
ヒョリが車で拾いに行く

済州島の古い市街区域へ
まずはランチ インドカレー屋へ
会話は感覚的欲望についてのヒョリの講義に発展
「感覚の刺激が私にとって重要だったころ、私はハンサムな男とデートしたかった」
「でもそれは私にはよくなかった」「それで私は自分の視覚を捨てた」(笑い)
「ハートに従ってサンスンに出会った」「冗談よ」「でも本当なの」
「私はたくさんのイケメンと付き合ったわ」「でもサンスンもセクシーじゃない?」
「思ってたよりいい人でしょう?」
「何と言うべきか分かりませんが、彼は思ったより面白くて可愛げのある人だと思います」
「今頃家を掃除してるはずよ」

実際はランチを食べながら本を読んで音楽を聴いていた

三人は古い米屋を改装したカフェへ 犬が放し飼いされている

次はヴィンテージショップへ
夢中になるジウン
ダミに服を選んでもらうヒョリ
以前サンスンと二人で来た時のことを思い出す
ダミはモデルなのでおしゃれな服が似合う
ジウンの服のセンスが理解できないヒョリ
「ダサい服が好き、ってあなたの歌詞にあるけど、そのとおりね」
買い物が止まらないジウン

もう一軒洋服屋へ
ここでもジウンの欲求が爆発
3枚シャツを買うと1枚がタダになる

ここでダミと別れる
この近くにいる友人と会って帰りはタクシーにするという

若夫婦は海でカヤック体験

サンスンは民宿で掃除洗濯の後に昼寝

PM5:30

若夫婦帰宅

薪割りを手伝いたいという夫
サンスンが割れない薪を上手に割る

友人夫婦と会うダミ

ヒョリとジウンの帰りの車中
「私に歌を歌ってくれない?」「夜の手紙がいいわ」
歌うジウン
「素晴らしかったわ」
「緊張しました」
「あなたは素晴らしい声をしてるわ」
家に到着

夕食 豆のシチュー

スタッフが先に食事
ジウンがたくさん買い物をしたと聞いてサンスンが
「ヒョリも外国のビンテージショップでたくさん・・・」
「黙って」
「ヒョリを見た店のオーナが、洋服屋を開けますよと」
「でも最近はそうでもないな」「買い物に夢中になることはなくなった」
「もう買い物に飽きたのよ」
「ジウンの歳なら買い物をすべきだわ」

若夫婦はバーベキューの準備 サンスンが手伝う

ダミ帰宅

ヒョリがバーベキューの火を起こすサンスンに後ろから抱き着く
「あなたに花柄のシャツを買ってきたわ」
「何も買わなかったと言ったじゃないか」
「自分のものは買わなかった」

実際には買ったヒョリ

バーベキューをする若夫婦を見ながら

「2階に新しい服があった気がするな」
「気のせいじゃない?」
「君を試してみただけだよ」
バレなかったことに安心するヒョリ

ジウンが食べ終わってダミと焚火に参加

ひたすら貝を殻から取り出す作業に励むサンスン
「すっかり得意になったよ」
「リー・ソラ(貝の意味)の曲を聞こうか」
ダジャレに反応しないヒョリ
若夫婦夫「ジウンは25歳だよね」
「君の年齢を知らない人はいないよ」
(IUの曲の歌詞にある)
「20代ならそれもありよね」「私は39歳〜♪じゃ変よね」(笑い)

焚火での楽しい会話で一日が終わる
今日は水漏れのせいでゲストにあまりサービスできなかった・・・

【10日目】

AM7:00
今日はヒョリが一番早起き
トイレで歌が浮かぶ

AM7:30 
ジウン出勤

「曲を作ったの」「あなたが2番の歌詞を書いて」
「いつ書いたんですか」
「ちょうど今(トイレの中で)」
ジウンに聴かせる
「すごい! 次のシングルにできそうですね」

食卓に若夫婦とヒョリ
サンスン「ダミはまた寝てる?」
ヒョリ「もう少し寝かせてあげましょう」

父親が床屋だった思い出を話すヒョリ

チョコを食べながらポテト・スープを作るジウン

胸がAカップになったと話すヒョリ
「君の胸はどこにいったんだ?」
「たぶん曝け出しすぎて役目が終わったと思ったのね」
「今は見る人は一人しかいないから」
「私もあなたにたくさん言いたいことがあるわ」
「あなたがシャワーしているのを見ると・・・」
KOされるサンスン
「夫婦になるのは不思議な運命だと思う」

バルコニーで若夫婦にヨガのレッスン

向かい合ってお互い無表情で見つめ合う
無言でハグ

ダミを起こして全員で朝食

外でサンスンの散髪
イタリア人みたいにハンサムに

ゲストたちのチェックアウト 記念撮影

次のゲストが空港に到着 男性5人組

ゲストが来るまでに掃除

ジウン読書

PM12:00 5人組到着

3泊4日 会社の同僚 タバコの営業 新入社員が二人

ジウンが中を案内

早速外出する5人 スーツを持って
「ヒョリは本当にきれいだ」
「IUと対面できると思わなかった」「彼女はとても痩せている」
「サンスンはテレビで見るよりもクールで男らしい」

もう一組のゲストが民宿に向かっている

(第10話おわり)
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ