天覧女優

2019/12/18 | 投稿者: pdo

令和元年の締め括りにふさわしい歴史的出来事。

こんなに早く、かくも尊い光景が見れるとは思わなんだ。。°( т৹т )°。

至誠天に通ず。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すずの深い感情を、新たなエピソードを盛り込むことで描き出す新作劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月20日(金)より公開。

本日公開を記念して、チャリティ試写会イベントを行い、のん、片渕監督が登壇し、天皇皇后両陛下、愛子内親王殿下がご鑑賞なさいました。

天皇皇后両陛下、愛子内親王殿下が12月18日、東京・港区虎ノ門の日本消防会館(ニッショーホール)で開催された映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のチャリティ試写会にご出席された。ご鑑賞には主人公・北條(浦野)すずを演じるのん、片渕須直監督らが同席。上映を前にのんと片渕監督が舞台挨拶に登壇し、のんは「本日はご覧いただき、誠にありがとうございます。新たな形の新作として上映することができて、とてもうれしいです」と緊張した面持ちで挨拶した。

2016年11月に公開された『この世界の片隅に』(こうの史代原作)に、38分もの新たなシーンを追加した本作。本編は先日完成したばかりだといい、片渕監督は「本当に長いこと、皆さんをお待たせしてしまった。明後日(12月20日)にはもう全国公開なんですが、我々もつながった状態の本編を大きなスクリーンで見るのは今日が初めて」と明かし、「たくさんの皆さんとご一緒する機会をいただき、本当にありがたいなと思います」と感謝を述べた。
「いろんな意味で全体的に意味合いが変わっているんじゃないかと。新しい映画として、皆さんに提供したいと思います」(片渕監督)、「前作もすずさんの悩みや不安が描かれていましたが、今回は一筋縄ではいかない、いろんな感情が渦巻いている。前作と同じシーンでも、セリフの響きが全然違っていて、すごく刺激的。感情がダイレクトに伝わり、より生きる力強さをひしひし感じる映画になっている」(のん)。舞台挨拶を終えると、客席で天皇皇后両陛下、愛子内親王殿下とともに映画を鑑賞した。

2時間48分の上映が終わった後、取材に応じたのんと片渕監督は、天皇皇后両陛下、愛子内親王殿下との懇談について「天皇陛下は『長さをまったく感じない。圧倒されました。丹念な仕事をされましたね』と言ってくださった。また皇后陛下は『とても感動しました。たくさんの方に観ていただきたいし、できれば海外にも広がっていって欲しい』とおっしゃっていただいた」(片渕監督)。また、天皇陛下から「(舞台となる)広島の呉には何回くらい行かれたんですか?」「何人くらいで絵を描いているんですか?」といった質問を受けたといい、両陛下が「すずさんの声は、のんさんがぴったり」とご発言されたことも明かした

また、愛子内親王殿下は、のんが2013年に主演した連続テレビ小説のファンとのことで、「のんさんに会えて、とても嬉しそうなお顔だった」と片渕監督。さらに愛子内親王殿下は昨年、修学旅行で広島を訪れており、片渕監督は「愛子さまは『感動しました。昔の広島はああだったのですね』と仰っていた」とご様子を語った。なお、当日は日本赤十字社後援によるチャリティ試写として開催され、集まった寄付金は、日本赤十字社広島県支部に送られる。
6



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ