妄想電波(6)

2019/11/26 | 投稿者: pdo

今日の一曲目: Bluebird / Charlie Parker



貴方だけ今晩は、悲しみよこんにちは、そして武器よさらば。全国0局ネットでお送りしています、妄想夜電波、オープニングを「粋な夜電波」からパクりつつ第6回目の放送となります。

寒くなってまいりました。先日、「東京裁判」という映画を見てまいりました。実に4時間半に及ぶ長大な上映時間でしたが、まったく長いと感じませんでした。むしろ、もっと見たくて、裁判の模様を省略せずに、毎日4時間ずつ10日間連続上映とかしてくれないかな、と思ってしまいました。

東条英機をはじめとするA級戦犯たちが連合国によって裁かれる過程を描いた裁判ドキュメンタリーですが、弁護士もアメリカ人で、冒頭から強烈な弁論をします。要するに、真珠湾攻撃の首謀者を裁くのなら、原爆を落とした人間はどうなるのか。戦争における殺人は合法的なもので、そもそも犯罪ではないんだ、と演説をぶつわけです。

そして裁判官の中には、インドの人もいて、有名な「パル少数意見」という、全員無罪という判決を書いたのがパル判事です。日米開戦の前夜に両国の間で交わされた外交文書は「ハル・ノート」といって、裁判の中でも重大な論点になるのですが、名前が紛らわしいですよね。

今日の2曲目は、先日「ミュージック・フェア」で槇原敬之さんが清水翔太さんと一緒に歌っていた名曲「12月の雪」です。12月と言えば、真珠湾攻撃、そしてジョン・レノンの命日ですよね。

今日の2曲目:12月の魔法 / 槇原敬之



さて、K−POPの世界では、また悲しい出来事がありました。

今日の3曲目は、前回かけたのと同じ曲です。
その前に、この曲の訳詞を朗読したいと思います。


誰かのために誰かが祈ってるみたい
息を殺して書いた愛の詩が
低く聞こえるよう
あなたの元に飛んでいく
遅れずにその場に着きますように

私はそこにいる
独りで歩くあなたの後ろに
最後まで歌う

終わらないこの歌を
ほんの少し耳を傾けて
長い長い夜を歩くあなたのために歌う

またあなたの世界に
星が降ってるみたい
息を殺して飲み込んだ涙が
ここに流れているみたい

言葉を失った静かな心に
記憶のように聞こえてくる声

私はそこにいる
独りで歩くあなたの後ろに
最後まで歌う
終わらないこの歌を

大きく深呼吸して
声を上げて泣く術を忘れたあなたのために歌う
(また歩き出せるように) 歌う
(また愛せるように) 私はここにいる
私を見守って 私は決してこの歌をやめない

あなたの長い夜が終わるその日
顔を上げて見つめるその場所に私はいる


今日の3曲目 Love Poem / IU



新政府総理大臣を自称している、坂口恭平という方が、自らの電話番号を公開して、自殺したくなったら自分に電話してほしいという活動をしていますね。とても人間業とは思えない、生き仏のような方だと思います。ソルリさんもク・ハラさんも、このような方が韓国にいたら、、、なんて軽々しくは言えませんが。

次は、クリスマスにはまだ早いけど、クリスマスまで待たせないでよ、という曲です。

今日の4曲目 Can't Wait 'Til Christmas / 宇多田ヒカル



宇多田ヒカルと同時期にデビューした女性アーチストに椎名林檎とaikoがいます。

三人とも天才だと思います。とりわけ椎名林檎のデビューは衝撃的でした。

美形で、パンクで、声が魅力的で、巻き舌がカッコよくて、バンドの中でギターを持つ姿がサマになっていて、いい曲が書けて、言葉遣いにセンスがあって・・・こんな日本人の女性ロッカーがいたらいいな、という理想像をすべて体現した存在が現れたと思いました。

デビュー曲の『幸福論』とデビューアルバムの『無罪モラトリアム』を聞いたとき、これでもう大丈夫だ(何が大丈夫なのかよく分からりませんが)、と確信しましたね。以来、椎名林檎は僕の中で「活動してくれているだけで有難いミュージシャン(何が有難いのかよく分かりませんが)」という存在になっています。

「正しい街」とか「すべりだい」とか好きな曲はたくさんあるのですが、今日聴いていただきたいのは、彼女が17歳の時に書いた曲です。英語の歌詞なので、和訳を朗読します。


私は17歳
田舎の高校生
ジャージを着て皆同じ雑誌を読んでる
私はは17歳
学校に退屈してきたところ
子供みたいな教師たちは
私を変人扱い

哲学と放課後だけが好きで
それだけが自分の時間
素敵な女子と男子がデートしたり
シャンプーがどうだとか他の女子たちがお喋りしながら
家路に着くとき

独りで家に帰るの
道行く人たちを眺めるのが好きで
地下鉄とかどこでもないどこかを
あてもなく彷徨いながら

私は17歳
夢なんて特にないけど
誰にも頼らないで
自分のことで一生懸命

独りで家に帰るの
いとしい我が家で夕食を食べるの
何度も祈りながら

学校には似たようなやつしかいない
みんな私がおかしいと言うんだけど
それは勲章だと思ってる
みんなと違うのは、誇らしいんだって
あいつらみたいには生きれないよ

地下鉄とかどこでもないどこかを
あてもなく彷徨いながら

独りで帰るの
いとしい我が家で夕食を食べるの
何度も祈りながら

私は17歳
17歳
私は17歳
17歳



今日の5曲目 17 / 椎名林檎



本日最後の曲は、天才三人娘のもう一人、aikoさんの曲です。

彼女も素敵な曲が無数にありますが、この季節に聴くと特に染み入るド定番の曲でお別れいたしましょう。例によって歌詞が素晴らしいです。

「鼻先をくすぐる春 リンと立つのは空の青い夏 袖を風が過ぎるは秋中 そう 気が付けば真横を通る冬 強い悲しいこと全部 心に残ってしまうとしたら それもあなたと過ごしたしるし そう 幸せに思えるだろう」

なんという美、なんという抒情性でしょうか!

絶望するな。ではまた。

今日の6曲目 カブトムシ / aiko



0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ