2019.4.20

2019/4/20 | 投稿者: pdo

ネットの話題で、「もしも藤井聡太が存在しなかった世界線の将棋界」というのがあって、

2017年の藤井ブームがなかったらこんなことになっていただろうという予想がされている。

・三浦スマホ不正事件を根拠に読売新聞側が竜王戦の契約金減額を要求。竜王戦のタイトル賞金額が3000万円台になる。それに追随するように朝日・毎日主催の順位戦の契約金も減額される。

・第2期叡王戦で優勝した佐藤天彦名人がコンピューターのPONANZAに敗れたことによって当初の目的が達成されたとしてドワンゴ側が叡王戦の終了を発表。

・第89期棋聖戦(羽生善治棋聖対挑戦者豊島将之八段)終了後に産経新聞が経営難を理由に棋聖戦からのスポンサー撤退を表明。棋聖戦は消滅し将棋界は6大タイトルとなる。

・朝日杯将棋オープン戦の優勝賞金が500万円に減額される。

・AbemaTVが大幅赤字を理由に将棋のライブ中継事業から撤退。

・少子化や子供の将棋離れの影響により、全国的に将棋教室や将棋道場の閉鎖・終了が相継ぐ。

・奨励会入会希望者が10年前の3分の1にまで落ち込む。


けっこうリアルにこうなっていただろうと予測されることばかりで、一人の天才の出現が世界をいかに変えてしまうのかということがよく分かる。

将棋界の至宝をこれからも大切にすべきである。スポイルしない程度に。といっても彼は信じられないレベルで人格的にも完成されているので余程のことがなければ大丈夫だろうが。

世間の期待を一身に背負わされる運命を持った彼のことがときどき不憫になる。
まるで来月初めに即位されるあの御方のように。



0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ