2019.2.22

2019/2/22 | 投稿者: pdo

渡辺えりが主宰するオフィス3◯◯「私の恋人」に、小日向文世、のんが出演することが発表された。

「私の恋人」は、昨年2018年に創立40周年を迎えたオフィス3○○の新作音楽劇。原作は今年19年に第160回芥川龍之介賞を受賞した上田岳弘が、15年に発表し、第28回三島由紀夫賞を受賞した同名小説だ。脚本・演出を渡辺が手がける舞台版では、30もの役を小日向、のん、渡辺の3人が演じ分ける。

渡辺は「一緒に3◯◯の舞台をやりたいと前から言い続けてくれた小日向さん、そして! 『あまちゃん』で共演した時から、いつかやろうと誓いあったのんちゃん。やっとその思いが実現します」と胸の内を明かし、原作小説の「私の恋人」について、「私が以前から書き続けて来た戯曲のテーマに重なる稀有な作品です。真実の愛、永遠の愛の悲痛なパロディの中にニンゲンの本質を見つめる作品です」と語った。

公演は8月7日に東京都内近郊で行われるプレビュー公演を皮切りに、兵庫、鹿児島、山口、福岡、岩手、山形を巡演。さらに8月28日から9月8日まで東京・本多劇場にて上演される。チケットは5月に発売予定。

ずっと前から、あちこちで観劇してることは知られていて、すっかり「観る側の人」になってしまったのかと思いきや、いよいよ、満を持して、というかんじの発表である。

原作はまだ読んでいないが、町屋良平とともに今年の芥川賞を受賞した作家によるもの。

渡辺えりはもちろんのこと、小日向文世との共演というのも、なかなか期待のもてる組み合わせだ。

もちろん観に行きたいと思っている。
5



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ