女性棋士

2018/8/27 | 投稿者: pdo

今回は将棋の話ではありません。

囲碁の話です。

でも僕は囲碁のルールを知らないので、碁は打てません。

ではなぜ囲碁の話かというと、

台湾の美人女性棋士黒嘉嘉(ヘイ・ジャージャー)七段について、昨日テレビで取り上げられていたから。

クリックすると元のサイズで表示します

そのモデル並みのルックスとスタイルで、台湾では超有名人とのこと。

将棋の世界にも美人な女流棋士はたくさんいるけれども、黒嘉嘉七段との最大の違いは、彼女は「女流」棋士ではなく「女性」棋士であるということだ。

将棋の世界では未だに、奨励会三段リーグを通過して四段に昇り詰め、プロ棋士となった女性は存在しない。

先日(8月24日)に藤井聡太七段と公式戦初対局で話題になった里見香奈女流四冠も、昨年三段リーグを年齢制限により無念の退会となった。

女流棋戦では圧倒的な勝率を誇り、男性棋士と実力的には遜色ないと思われる里見女流ですら、三段リーグの厚い壁を突破することはできなかった。

しかし、里見さんがプロになる可能性はまだ開かれている。

プロの公式棋戦において、「10勝かつ良いとこ取りで6割5分以上」という条件をクリアすれば、プロ編入試験を受験することが可能になる。

過去にこの規定で唯一プロ入りを果たしたのが、先日NHK杯で藤井七段に勝った今泉健司四段だ。

というわけで結局将棋の話になってしまったが、今日も里見さんは浦野真彦八段と対局している。

応援したい。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ