しのぶ

2017/2/14 | 投稿者: pdo

昨日の話の続きというか脱線だが、坂上忍という人物について自分が大きく勘違いしていたことに気づいた。そんなことはとっくに分かっていたという人にとっては「今さら何言ってんだ」という類の話かと思うが、自分にとっては発見だったので記しておく。

坂上忍が出演しているワイドショーやバラエティーをほとんど見たことがない自分にとって、この人のパブリック・イメージは、「本音で毒舌、でも愛すべきところもある大衆的キャラクター」というものだと思い込んでいた。以前のビートたけしや今の有吉弘行と同じ立ち位置という扱いだ。

彼は子役としてブレイクした過去があり、かなりの間鳴かず飛ばずの苦しい期間を潜り抜けて再ブレイクしたという程度の認識はあった。

少し違和感を持ったのが、つい最近彼の「いじめ問題」に対する発言をネット記事で目にしたことだ。

クラスで孤立していじめのターゲットになりやすい「ぼっち」についての話題になった時、

(以下引用)

坂上さんの「ぼっち批判」は、「グループ分けは先生が決めて」と話す中学1年生の女子に浴びせかけられた。

修学旅行や校外学習でグループ分けをする際、生徒に決定権を与えれば、孤立する生徒が必ず出る。中1の女子は「自分たちで決められるようになれという(教師の)意図もわかるが、孤立する子が出ると、グループ分けの時点から楽しくなくなる。先生が決めれば、誰も文句は言えない。平等になって良いと思う」と提言する。教師の独断でグループを分ければ、「ぼっち」をなくせるというのだ。

ホランさんも「自主性を養うことは分かるが、余った子にはすごくつらい」とこれに同調した。

しかし、坂上さんは、「『俺、普通にしてたら余るんだ』というなら、余らないように努力するのも一つ」とピシャリ。さらに、「社会に出ると、余ったら仕事ねぇから」とクギを刺した。


(引用おわり)

この発言を知ったとき、自分の頭に浮かんだのは、数年前のラジオでピエール瀧と伊集院光の間で交わされた以下のトークだった。

(以下引用)

瀧 今さ、巷で昨今のいじめ問題とかあるじゃないですか? いじめるヤツ、いじめられるヤツ、あのね、そいつらに言いたい。お前ら将来伸びるから、今、死んじゃダメ!(爆笑)

伊集院 (笑いながら)ホントに青臭いことじゃなくて、その一瞬、お前ら敵に囲まれたと思うけどその外側にもっと凄い色んなことあるから!(爆笑)

瀧 今、受けたそのひどい体験は、今のお前にとっては受け入れがたいかもしれないが、お前その経験をしとくと、将来伸びるから!!(爆笑)

伊集院 ブハハハハッ!!

瀧 今死ぬな!! 伸びるから!! って感じ(爆笑)。

伊集院 お前ら、びっくりするだろうけど、今、お前の周りにいる30人全員敵だろ? だけど、その周りに300人いて、その周りの3000人が全員敵になる瞬間があって、30000人が急に味方するときがあるから。その一層(30人)だけで判断するなよ……。

瀧 (笑いながら)判断するなってことを言いたいオレは! フハハハハッ!!


(以上、『藝人春秋』(水道橋博士 著)より孫引き)

これらの発言を比較してみると、「いじめ」に苦しんでいる子どもに対して、両者が真逆のメッセージを放っていることに気づくだろう。

一方の坂上は、「いじめられないように体制に順応するよう努力しろ。そうしないと世間に出てからもお前に仕事はない」と言い、他方(瀧と伊集院)は、「学校という狭い世界で孤立しても気にするな。世間に出ればお前と同じ感性の味方はたくさんいるから」と言っている。

どっちが正しいということではなく、現にいじめに遭っている生徒にとって、どちらが励みになる言葉なのかは言うまでもないだろう。

坂上忍の発言は、弱っている者を絶望に突き落とすようなメッセージだ。それは清水富美加をギリギリの状態に追い込んだレプロとまったく同じ言い分である。

まさに昨日の坂上忍のコメントもそうしたものだった。清水が「事務所から精神的に追い込まれていたのでは」との問題提起にも「擁護する気は一切ない。結果論として仕事を飛ばしているわけだから」と断言している。

こういう発言から判断するに、坂上忍が再ブレイクしたのは、視聴者に受け入れられたからではなく、テレビ局という体制側にすり寄って、「余らないような努力」をした結果なのだろう。

だから、彼から見て、そのように努力していないように思われる存在に対しては、切って捨てるような見方になり、こういう血も涙もないような発言ができるのだろう。

そして、こういう坂上忍のような男が重宝されている民放テレビ局というのは、やっぱりそういうところなんだな、という当たり前の結論に納得した次第。

FUCK YOU.

クリックすると元のサイズで表示します

※追記 

伊集院光がこの件について、

少なくとも「死にたい」とまで言って追い詰められた女性について著名人が『仕事があるんだから全部やれ』だとか『周りに迷惑をかけるんじゃねえ』とか『俺もそうだった』とか言うのは明らかにおかしいってのに気づかなきゃダメなんじゃないか?

とラジオで発言したそう。


GOOD JOB!
クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ