さよなら2016年

2016/12/31 | 投稿者: pdo

井上剛 『あまちゃん』チーフ・ディレクターのインタビューより

『あまちゃん』の天野アキ役は、日本中の一番旬な子を集めて、オーディションで選びました。

2千人くらいから、書類選考を経て、最後の方は100人くらいになる。そこからは僕もひとりひとりに会っていきましたが、それくらいに絞り込まれた段階だと、僕らの番組が求める人が見えてくるんですね。

その中でも能年さんは、入ってきた瞬間からオーラがほかの誰とも違ったんです。

見たことのない、新鮮な、というのが、朝ドラをやるときの僕らの一番大事なテーマ。もちろん、独特の個性を持った人はいっぱいいるんだけど、今回はとにかく明るくしたかった。

能年さんは幅広い層に好かれ、だけど深いところまでやれる、いわば<横の広がりと縦の深さ>を両方出せる人。僕らが投げたことのないボールを受け止めて、違うところに持って行ってくれるような可能性を秘めた人でした。

彼女は芝居の経験があまりありませんでしたから、最初は、下手でしたね(笑)。誰でもそうだと思うんですけど数日間は、彼女なりに、必死になにかを探している感じがありました。でも探すといっても、懸命にガツガツ探すタイプじゃない。そんなところは周りに見せないんです。でも、内面では嵐が吹き荒れてたんじゃないですかね。

ドラマの中で、アキと能年さん本人は、行ったり来たり、シンクロしています。彼女は使い分けていたのかもしれないですね。それでいつの頃からか、<能年さん>っていうキャラクターが面白いね、とみんなで言い始めたんですよ。そうすると、そのキャラクターも彼女はさらに被りだしたような気がします。

スタジオ周りに、衣装を着替える2畳くらいの部屋があって、そこを能年部屋と読んでいたんですけどそこに閉じこもって、神経を集中してるんですよ。しゃべらないし、独特の子なので、みんな面白がって、時に「アキちゃんぽいよね」と言ってみたり、「いや能年ちゃんぽいよね」、なんていう言い方をよくしていました。彼女は、そういうスタッフの反応を敏感にキャッチしながら、しらーっと素に見せてやってる感じがありました。

それとシーンとシーンの感情がつながらなくても、画面上ではつながっているのも面白かった。能年さんには独特な輝きやまた妙なパワーがあるから、撮ってる側もどんどん行けて、心理的にはつながらないのにつながっている。これは小手先の芝居では無理なんです。芯の部分でつながっているということ。だからテレビの文法、映像の文法を少し疑わせてくれる、あるいは超えていけるような女優さんでもありますね

現場では、能年さんとはあまり話し合っていません。最初の頃と、あとは節目、節目でくらい。どちらかいうと放っておいて、でも気にし合ってはいる存在というか。立つのか、叫ぶのか。セリフひとつとっても、どっちでいくのかという指示は当然します。でもこちらが仕掛けたことを超えてくるんです。

能年さんの集中力と体力と根性は、半端ないと思います。しかも小泉今日子さんにしろ、薬師丸ひろ子さんにしろ、当然本気ですからね。ものすごいオーラとパワーできますから。でも、能年さんは負けてなかったと思います。

それとあの子のまた別のいいところなんですが、時々、急に気を抜くんです。その抜け方も独特!

グループ・ショットのところとかで、私が私がと前に出てくる人が多い中、ふっと中心から離れるんですよ。それができる人は、なかなかいません。普通は、そのままでくの坊になってしまう。だけど、カメラでいつ抜かれても自然体でいるんですよね。

能年さんはグループの中にいても嫌らしくない身の置き方をしますね。そして、その中にいても、光る。引いても目が行ってしまう。不思議ですよね。といっても出過ぎてるわけじゃない。でも押し出しが強く見えないけど、絶対胸の中、「光ってやる!」と、とぐろ巻いてますよ(笑)。

ドキュメント撮影で一緒に東北に行ったんですが、彼女がぱっと表に出ただけで、ワーッと人が集まってきて、それで第一声が「かわいい」なんですよ。大勢に。どんな人々からも、子供から、おばあちゃんまで。こういう場所で、彼女が一番よく言われる言葉なんじゃないかな。それはずっとそうだったらいいなあと思いますね。

どちらかというと彼女は引きこもりタイプで(笑)、いわゆるアイドル的じゃないのに、珍しいです。そう言われるの。いまのままでいいか分からないけど、能年さんが、能年さんらしくあり続けたらいいんじゃないでしょうか。

(『キネマ旬報』2014年8月下旬号)傍線は引用者による



ある人物の「ありがとう」というせりふに、相手のせりふがつづき、さらに元の人物のせりふがつづきます。せりふは行を追って書かれ、行と行との間は空白です。しかし、生きた人間の対話には、行間というようなものはありません。あなたはしゃべっているときも黙っているときもあなたであり、私も同様です。あなたという存在も、私という存在も、それぞれ同時に持続しているわけで、下手なネオンサインのように交互に現れたり消えたりしているわけではありません。せりふの行間を読め、といわれるのは、語られる言葉にともなう感情や意識や身振りや表情をつかめということであり、そういうものを支えている、あなたなり私なりの、存在の独自性をつかめということなのです。

(芥川比呂志『ハムレット役者』より)



片渕須直監督インタビューより

監督は登場人物たちが話す広島弁のイントネーションにもこだわった。監督もヒロインのすずさんを演じたのんさんも共に関西出身。キャラクターの心情を突き詰めることはできても、広島弁のイントネーションやニュアンスの確認は、試行錯誤の繰り返しだったという。

「スタジオの中には常に広島弁がわかる人に複数いてもらって、僕たちも広島弁に慣れるようにしました。作業をずいぶん繰り返す中で段々ニュアンスが掴めて来て、あっ今の広島弁は違うな、と自分たちでもわかるようになっていきました。そうした試行錯誤の結果として、映画を見てくれた広島のお客さんから“登場人物がみんな自分たちのおばあちゃんの時代の言葉を喋っていた”という感想をもらいました。“いまの広島弁ではない”ということなんですよね。映画を通じて“うちのおばあちゃんには、あんな可愛らしい娘時代があったんだなぁ…”と感じてもらえる広島弁が作り出せていたということですよね」。

映画の舞台となった広島の観客が監督に投げかけた嬉しい言葉。監督は早速、のんさんにその感想を伝えたところ、彼女から「“広島弁”と“昔の雰囲気”という二つの課題がクリアできていたんですね! 良かった!」というメッセージが帰って来たとのこと。

「彼女はやっぱり演じることが好きなんだなと思いましたね。闇雲に台本の上の台詞を感情的にぶつけていくのではなくて、きちんとすずさんという人格を彼女の中でイメージしようとしていました。彼女自身が不自然さを感じないすずさんのキャラクターを掴んでいった。そうした上で、すずさんがしゃべる台詞回しに、ちゃんとお客さんに対してエンターテインメントとなる面白さを持たせようという、何重にも意識を持って収録に挑んでいました」。


再び静かであった。誰から静かになったかは知らない。そして、人々が動き、肘をふれあい、わび合い、咳をした。

そして、ざわざわとした物音に変わろうとしていたときに、不意にまた声が堰をきって流れ出た、きっぱりと、豊かに、奔流のように。

思いてひとりのいや増すは君のみ。姿を変えしめるは君ひとり。

しばし姿をとどめ、いつしか枝のそよぎと聞こえ、

悔いを残さぬ香とにおう。

ああ、ちぎりし者みな去りぬ。

君のみあらたに生まれてやむことなし。

君をとどめしことなければ、君を失う日もあらじ。


誰も予期しないところであった。誰もがその声に圧せられたように立っていた。

終わりに近くなって声はひときわ力にあふれ、今宵ここで歌うことになるのを、何年も前から知っていたように感じさせた。

(『マルテの手記』リルケ作、望月市恵訳)




あすは元旦が来る仏とわたくし

(尾崎放哉句集より)

3



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ