この世界の片隅に

2016/11/18 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

正直あまり気が進まなかったのだが(理由は後で書く)、仕事場から歩いていける場所で上映していたので『この世界の片隅に』という映画を観に行く。

案の定、最初から最後まで涙が止まらなくて困った。

いいオッサンがハンカチをずっと目に押し当てながら最前列で映画を見ているという図は我ながら感心しない。

少しでも感情移入してしまうと嗚咽を漏らしそうだったので必死で耐えた。

そういう意味では辛い映画体験だった。

のんの声は、想像以上の破壊力だった。

今思い返すだけでヤバい位に涙が出てくる。

悲しいときには涙なんて流れない。やりきれない思いに襲われるだけだ。

心の琴線に触れたときに人は涙を流すのだ。

感想は改めて。

2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ