« Love | Main | Cu-Bop »

Begin Again

2016/2/17 | 投稿者: pdo

オリジナル・サウンドトラック



映画『はじまりのうた(原題「Begin Again」)』を近所で上映していたので見に行った。

これも菊地成孔氏が激賞していたもので、彼は「開始15分から終わるまで涙止まらな」かったと語っていた。音楽プロデューサーという氏の個人的属性という事情も預かってのことかもしれない。

音楽をテーマにした、いい映画。という以上でも以下でもない、というのが個人的感想。

去年の今頃に日本公開された作品なので、ネット上にはさまざまなレビューや感想(概ね絶賛)が溢れており、それらに付け加えることは何もない。

役者はそれぞれに魅力的だし、脚本は見事だし、何よりも音楽が最高。

良質なアメリカ映画としてこれ以上にお勧めできる作品はない。

ただ、事前に成孔氏のラジオを聴いたりしてハードルが上がりすぎていて、もっと強烈なものを期待してしまっていたのがこちらの落ち度で、映画としては百点満点。

涙腺が決壊しそうになるシーンがいくつもあった。

キーラ・ナイトレイ演じる【グレタ】と、マーク・ラファロ演じる【ダン】の二人が、i Podに二股のイヤホンジャックをつけながら、夜のNYの街を散歩するシーン。

グレダはバンド仲間で今はスターになった男との間に亀裂が入り、ダンはかつては成功したものの今は落ちぶれ、妻や娘とも別居中。

お互いのプレイリストを見せ合う前に、「恥ずかしい曲も入っているんだよね」なんて照れる様子とか、歩きながら感極まって、踊りたくなってクラブに入り、二人だけがイヤホンでスティービー・ワンダーの曲を聴きながら踊る場面。

For once in my life
I have someone who needs me
Someone I've needed so long

人生でただ一度
僕を必要としてくれる人に会えたんだ
長い間 僕が求めていた人に


二人で路上の石段に腰掛けながらダンが語るセリフ。

「平凡な風景が意味のあるものに変わる。陳腐でつまらない景色が美しく光り輝く真珠になる。音楽でね。」


この後二人は結ばれるロマンチックな展開になるのかと思いきや・・・

最終的に、ダンは別居状態だった妻と再びよりを戻し、音楽を通して娘とも和解する。


音楽が人間の最良のものを引き出す魔法(マジック)が、この映画にはふんだんに詰め込まれている。

テーマ曲「Lost Stars」は、心に残る名曲。
主演の二人(キーラ・ナイトレイとマルーン5のアダム・レヴィーン)がそれぞれ歌っているが、どちらも素晴らしい。
(以下の訳詞は女性バージョン)




Please don't see just a girl caught up in dreams and fantasies

私は夢や空想に夢中なだけの女の子じゃないのよ

Please see me reaching out for someone I can't see

私は見えない誰かに手を伸ばそうとしているだけなの

Take my hand let's see where we wake up tomorrow

私の手を取って。明日わたしたちはどこで目を覚ますのかしら

Best laid plans sometimes are just a one night stand

考え抜いた完璧な計画が一夜限りで終わってしまうこともある

I'd be damned Cupid's demanding back his arrow

なんてことなの 天使が背中の矢を返せって言ってる

So let's get drunk on our tears and

今夜は酔っ払いましょう わたしたちの涙で

God, tell us the reason youth is wasted on the young

神様教えて 若者が青春を台無しにするのはどうして

It's hunting season and the lambs are on the run

狩りの季節に 子羊たちは逃げ惑う

Searching for meaning

意味を求めながら

But are we all lost stars, trying to light up the dark?

わたしたちはみんな 道に迷った星たちなのかしら 暗闇を照らそうとしている

Who are we? Just a speck of dust within the galaxy?

わたしたちは何者なの? 銀河に舞い散っている無意味な塵にすぎないのかしら

Woe is me. if we're not careful turns into reality

悲しい。油断しているとそれは現実になってしまう

Don't you dare let our best memories bring you sorrow

わたしたちの最高の記憶を悲しみにしてしまわないで

Yesterday I saw a lion kiss a deer

昨日 ライオンが雌鹿にキスするのを見たわ

Turn the page maybe we'll find a brand new ending

ページをめくると そこにはまったく違うエンディングがあるかもしれない

Where we're dancing in our tears and

わたしたちは そこで泣きながら踊っているかもしれない

God, tell us the reason youth is wasted on the young

神様教えて 若者が青春を台無しにするのはどうしてなの

It's hunting season and the lambs are on the run

狩りの季節に子羊たちは走り回り

Searching for meaning

意味を見つけようとします。

But are we all lost stars, trying to light up the dark?

わたしたちは道に迷った星たちなのでしょうか。暗闇を照らし出そうとしているけれど

I thought I saw you out there crying

あなたが外で泣いてるのを見た気がしたわ

I thought I heard you call my name

あなたが私の名前を呼んでる気がしたの

I thought I heard you out there crying

あなたの泣き声が聞こえた気がしたの

Just the same

でも 同じことだわ



0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ