2020/9/11 | 投稿者: pdo

まだおめでたいニュースの余韻が残っているので、このブログにいきなりくだらねえことを書いて壊しちゃいけねえ。

北川景子さんについて、ネットで見つけた素晴らしい記事をご紹介いたします。



北川景子、SEVENTEEN撮影から第1子出産まで〜本人のブログで振り返る14年半(1)


北川景子、SEVENTEEN撮影から第1子出産まで〜本人のブログで振り返る14年半(2)


北川景子、SEVENTEEN撮影から第1子出産まで〜本人のブログで振り返る14年半(3)




0

2020/9/7 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

Infant Joy

BY WILLIAM BLAKE

I have no name
I am but two days old.—
What shall I call thee?
I happy am
Joy is my name,—
Sweet joy befall thee!

Pretty joy!
Sweet joy but two days old,
Sweet joy I call thee;
Thou dost smile.
I sing the while
Sweet joy befall thee.




うまれたしあわせ

ウィリアム・ブレイク


「わたしには、なまえがないの
うまれて、まだふつかだから」

何て呼んで欲しい?

「わたし、しあわせなの
だから、幸(さち)がいい」

いとし子よ、あなたの人生に幸多からんことを


かわいい幸
たいせつな幸
この世に生を受けて、まだ二日
ママの幸、これからこう呼ぶわね
あっ、笑った!
子守歌をうたってあげましょう
いとし子よ、あなたの人生に幸多からんことを
0

2020/9/6 | 投稿者: pdo



ツイッターのRTで流れてきて知って、久しぶりにイイナと思った。

ネット上ではけっこうもう熱く語られていて、岡村靖幸みを感じたのは僕だけではなかったようだ。

しかしデビュー直後の岡村靖幸より完成度が高い。

岡村ちゃん好きとプリンス好きならハマること確実。

岡山出身、ユーチューバー出身の22歳。絶対B型で前世はインド人。

こういう「イッてる人」が出てくるのは嬉しいことだ。



0

2020/9/4 | 投稿者: pdo

大評判のスポーツ雑誌「Number」の将棋特集号(というよりも藤井聡太特集号)を買う。

創刊以来最高レベルの売り上げを記録しているそうだ。

まだ全部読んでいないが、どの記事も気合が入っていて面白い。

特に先崎学は、とっておきのネタを出してきたな、という感じ。

ここでそれを使うか。

まだ全部読んでないので、また感想があれば書く。

0

2020/8/21 | 投稿者: pdo

藤井聡太二冠の誕生で、今朝のスポーツ紙やテレビのワイドショーは彼の話題で持ちきりのようだ。

こんなことは羽生善治七冠の時以来(藤井聡太のデビュー29連勝は除く)だろう。

杉本師匠はじめ、ひふみん、豊川七段、橋本(ハッシー)八段、女流の山口二段や香川三段などがテレビに引っ張りだこ状態。

将棋を知らない人でも藤井聡太やこれらの棋士の名前と顔は知っているというのは間違いなく将棋界にとってよいことだろう。

しかし、江戸時代や昭和の一時期のように、誰もが昼休みになると将棋を指したり、銭湯でワイワイ盤を囲んだり、道端で縁台将棋を指したりといった具合になればもっといいことだろう。

将棋を観る人口は増えていても、将棋を指す人口は増えておらず、テレビゲームなどが普及するようになってからは減る一方な気がする。

しかし、指す人口のレベルは間違いなく上がっている。ソフトの進化もあるし、オンライン対局などの環境もあり、実戦を指す対戦相手には困らない。

目指せ藤井聡太ということで、小学校に入る前から将棋を始め、トレーニングを積んでどんどん実力を伸ばす子供も確実に出てきている。

江戸時代の詰将棋作品は、知的芸術として世界的な基準に達していると思う。しかし、チェスのように真の国際的ゲームになるには色々とハードルが高く、海外で評価されるのは難しい。

藤井聡太が何よりもすごいのは、小学校の頃から詰将棋の解答創作ともにトップレベルにあったことだ。詰将棋の創作にはある種の美的センスが必要だ。彼は膨大かつ精密な読みの能力に加えて、芸術的感覚も備えている。

加藤一二三が、今回の二冠達成に際して出したコメントは、実によいものだと思う。

「この先、AI(人工知能)研究がいかに隆盛を誇ろうとも、藤井聡太二冠には人間の探究心と求道心の先にある芸術的な一手により、盤上での感動を追求し、将棋界を湧かせて頂けることを願っております」

最強の一手が常に芸術的であるとは限らない。しかし、今回の王位戦第四局で見せた封じ手の8七飛成は、盤上での感動を追求し、将棋界を湧かせる一手であった。

邪心なくひたすら勝ちを追求する先に、美しい芸術のような棋譜が生まれる。

しかし美しい棋譜は一人では作れない。真に彼のライバルとなりうる存在が出てくることを願っている。
0




AutoPage最新お知らせ