2008/2/24

電気パン  

ダンナが実家に来てくれたので
久々に家族三人でお出かけしました。
某科学館の子ども科学教室に参加。
日祝のみ開催されてるようです。今日は「電気パンを作ろう」でした。
午後二回開催されてるうちの一回目に参加したのですが朝からのどか雪で入館者が少ないのか、参加者は二組だけ。

ホットケーキミックスに一つは砂糖と抹茶、もう一つは砂糖とココアを加え、それに牛乳を入れてまぜまぜ。

私たちは抹茶の方を作りました。

牛乳パックで箱を作り、そこに鉄板を二枚入れ、
牛乳パックに鉄板を固定できるように作られた板で挟み
そこに混ぜた生地を流し入れ、電流を流します。

何が原因だったのかあとから電流を流したココアの方が早く膨らみ出し、
私たちの抹茶は全く膨らまず。
でも膨らみだしたらあっという間に牛乳パックいっぱいに。

包丁で切ってもらってみんなで試食。
蒸しパンのようなしっとりした生地。
息子は抹茶の方が気に入ったようでした。
お客が少なかったからか、館長の厚意のようでしたが紅茶も一緒にいただき、
子どもたちにのためにシャボン玉と風船の実験を見せてもらい
とても有意義な時間を過ごしました。

ちなみに電気パンは冷めると水分の抜けたスカスカのパンみたいになって
とってもまずくなるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ