インフルエンザ  インフルエンザ

子供が風邪をひいて学校を休んだとき、学校へインフルエンザか通常の風邪か連絡しなくてはならないので、病院に行かなくてはならないシステムになっている。これはほとんど強制に近い。そして、病院に行くと、鼻の粘膜を綿棒で採取して検査をし通常の風邪なら、抗生物質と風邪薬と解熱薬をもらう。そして、インフルエンザなら、抗ウイルス薬(タミフルやリレンザなど)と抗生剤と解熱薬をもらう。病院の先生や薬局の薬剤師から、必ず飲んでくださいと指導される。

いずれも不要な処方箋。風邪もインフルエンザも自然に治る。恐ろしい病気ではない。病院に行かないと言う選択肢ができない。自由が無い。なぜ、強制されるのかは病気に対する認識の間違いと、厚生労働省と製薬会社や医療関係者の嘘のプロパガンダによる効果である。

タミフルやリレンザ、解熱薬で問題が起こる。でも因果関係は証明されない。服用後亡くなったという事実が残るだけ。これにはからくりがある、実はどんなに調べても因果関係は科学的に証明できないのだ。あるのは事実だけ。でもこれは科学的とは言わないようだ。だから、因果関係なしで処理される。

治る病気に、なぜ、効かないか又は免疫や身体の生理機能に損傷を与えるような薬を飲ませるのか理解に苦しむ。そして、それを信じている庶民の皆さん。

僕の方が非常識で怒られる。

僕は、自分もかみさんも、子供たちにもタミフルやリレンザや抗生剤は飲ませない。否、恐ろしくて飲ませられない。もちろんワクチンも打たない。

病院に連れていくと、診察料、薬代で4000円程かかる。どうせ使わない。これが全て無駄な費用。健康保険が破たんしそうになるわけだ。

自分の身を自分で守ることが難しくなる管理社会に突入している。自分の身体を国や病院に管理され、原発でネット規制もはじまり、言論の自由も無くなりそうだ。

善人のあなた、あなたの自由侵害されている。善人なあなた方が、世界から自由を奪っていく。しかも善人であるがゆえに、自由を侵害していることに気づかない。あなたたちは自分の首を絞めている。それさえも気づかない。なぜなら、善人であるからである。

残念ながら、僕には悪人の心がある。本当に残念だ。

僕は、絵でも描いて過ごそう。

尚、ココに記載されていることは、個人的見解ですのでご自分で判断して下さいね。
6

インフルエンザ2010年4月9日の記事  インフルエンザ

誤訳があるかもしれません。

元の記事http://health.msn.com/health-topics/cold-and-flu/articlepage.aspx?cp-documentid=100256716

New Study Finds ‘Regular’ Flu Shots Were Associated With An Almost 70% Increased Risk of Getting H1N1 in 2009

新たな見解:正規のインフルエンザ予防接種が、2009年の新型インフルエンザに罹患する確率を70%増加させる

April 9, 2010 by AshleyJordan235
Filed under Featured Stories, Health
2 Comments
(HealthDay News) The traditional seasonal flu vaccine may have increased the risk of infection with pandemic H1N1 swine flu, according to the results of four new studies by Canadian researchers.

従来の季節性インフルエンザワクチンが、世界的に流行している豚インフルエンザに感染する危険性を増やしているかもしれない。カナダの研究者による4つの研究の結果によると、


In one study, the researchers used an ongoing sentinel monitoring system to assess the frequency of prior vaccination with the seasonal flu vaccine in people diagnosed with H1N1 swine flu in 2009 compared to people without swine flu. The researchers found that seasonal flu vaccination was associated with a 68 percent increased risk of getting swine flu.

ひとつの研究は、研究者は、2009年に発生した豚インフルエンザでないインフルエンザと豚インフルエンザとを、リンパ球監視システムを使用して、予防接種による発生率を評価した。その研究者は、季節性のインフルエンザワクチンは豚インフルエンザに感染する危険性を68%増加させると関連付けた。

The other three studies included additional case-control investigations in Ontario and Quebec, as well as a transmission study in 47 Quebec households that were hit with swine flu. In these studies, the researchers found that seasonal flu vaccination was associated with a 1.4- to 5.0-times greater risk of having swine flu.

他の3つの研究は、オンタリオ州とケベック州の追加の症例対象調査を含み、ケベック州の豚インフルエンザに見舞われたケベック州の47世帯も同じように伝えられた。
これら研究により、研究者は、季節性のインフルエンザワクチンは豚インフルエンザに感染するリスクを1.4〜5倍にすることと関連していることを発見した。

The studies, published April 6 in the online journal PLoS Medicine, don’t show whether there is a true cause-and-effect relationship between seasonal flu vaccination and subsequent swine flu illness, or whether the association was possibly due to a common factor among the people in the study, said principal investigator Danuta Skowronski, of the British Columbia Center for Disease Control in Vancouver, and colleagues.

この研究は、4月6日にオンラインジャーナルPLoS Medicineに公開され、季節性インフルエンザワクチンとその後の豚インフルエンザとの間に因果関係があるかどうか、また、その人々の間に共通の因子があるのか、は明示されていません。と、ブリティッシュコロンビア州疾病管理センターの主任調査官であるDanuta Skowronskiとその同僚は言った。

However, the findings may raise questions about the biological interactions between pre-existing and new pandemic influenza strains.
The researchers noted that the World Health Organization has recommended that protection against pandemic swine flu be included in future seasonal flu vaccines. This will provide direct protection against pandemic swine flu and eliminate any risk that may have been due to the 2009 seasonal vaccine, which did not include protection against swine flu.

しかしながら、この研究の結果は、従来のインフルエンザと世界的流行の新型インフルエンザとの間の生物学的相互作用について問題を提起しました。その研究者は指摘しています。豚インフルエンザに対する防御は、今後の季節性インフルエンザに含まれているので、世界保健機構は推奨していると。流行の豚インフルエンザに対する防御を直接提供しすべて危険を排除できる可能性があるからです。これは、2009年の季節性インフルエンザワクチンには、どの豚インフルエンザに対する防御も含まれていません。

Article Posted Here:
http://health.msn.com/health-topics/cold-and-flu/articlepage.aspx?cp-documentid=100256716

マイクロソフト社のニュース記事から抜粋
Did 'Regular' Flu Shot Up Risks for H1N1 Flu?

従来のインフルエンザワクチンが新型インフルエンザの感染リスクを高める?

Those who got seasonal vaccine were at higher risk, study found, but that shouldn't affect immunization next season
-- Robert Preidt

それらの季節性インフルエンザワクチンの危険性が高いことがわかった。しかし、それは、来年の予防接種には影響するべきではありあません。
以下同文

TUESDAY, April 6 (HealthDay News) The traditional seasonal flu vaccine may have increased the risk of infection with pandemic H1N1 swine flu, according to the results of four new studies by Canadian researchers.
In one study, the researchers used an ongoing sentinel monitoring system to assess the frequency of prior vaccination with the seasonal flu vaccine in people diagnosed with H1N1 swine flu in 2009 compared to people without swine flu. The researchers found that seasonal flu vaccination was associated with a 68 percent increased risk of getting swine flu.
The other three studies included additional case-control investigations in Ontario and Quebec, as well as a transmission study in 47 Quebec households that were hit with swine flu. In these studies, the researchers found that seasonal flu vaccination was associated with a 1.4- to 5.0-times greater risk of having swine flu.
The studies, published April 6 in the online journal PLoS Medicine, don't show whether there is a true cause-and-effect relationship between seasonal flu vaccination and subsequent swine flu illness, or whether the association was possibly due to a common factor among the people in the study, said principal investigator Danuta Skowronski, of the British Columbia Center for Disease Control in Vancouver, and colleagues.
However, the findings may raise questions about the biological interactions between pre-existing and new pandemic influenza strains.
The researchers noted that the World Health Organization has recommended that protection against pandemic swine flu be included in future seasonal flu vaccines. This will provide direct protection against pandemic swine flu and eliminate any risk that may have been due to the 2009 seasonal vaccine, which did not include protection against swine flu.
More information
The U.S. Centers for Disease Control and Prevention has more about the H1N1 flu.
SOURCE: Public Library of Science, news release, April 6, 2010
Copyright @2010 HealthDay. All Rights Reserved.
3

インフルエンザ  インフルエンザ

http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY201001130139.html

http://www.thenewamerican.com/index.php/world-mainmenu-26/europe-mainmenu-35/2697-eu-to-investigate-who-false-pandemic-scandal

http://www.wodarg.de/english/3013320.html
1

新型インフルエンザ  インフルエンザ

の予防接種で亡くなった人が70人を超えたようだ。新型インフルエンザで亡くなった人は100人を超えた。

 予防接種で亡くなった人70人以上

 新型インフルエンザで亡くなった人100人以上

 どちらも予防接種が直接の死因、インフルエンザが直接の死因かは確定していないものも含まれる。

 亡くなった人のほとんどは、リレンザ、タミフルの処方を受けている。残念ながら助かっていない。処方されずに亡くなった人は非常に少ないかゼロだと思われる。

 さて、国が発信していない情報もたくさんあり、情報は錯そうしている。

WHОはタミフル、リレンザの処方を控えるように指針を出している(耐性ウィルスの出現を懸念して)。

 リレンザ、タミフルのほとんどは(6割)以上は日本で消費されている。

ちなみに、薬を飲まなくても新型インフルエンザもインフルエンザも治る。

 いろんな情報があり、このような情報は、実際に感染したときに、薬を飲むべきか飲まざるべきか迷うことになり、お医者様からは、余計なことを言うなと怒られる。

 僕は、迷うかもしれないが迷ったほうがいいと思う。僕が持っている情報をここに記載するのは止めておくが、

 ちなみに、僕の子供、5歳(女の子)、9歳、11歳(男の子)新型インフルエンザに感染したが、いずれも薬は恐ろしくて使用しなかった。一番上の坊主が高熱を出したがいずれも3日程度で回復した。

 さて、
 予防接種で亡くなった人70人以上

 新型インフルエンザで亡くなった人100人以上そのうちタミフル、リレンザで亡くなった人は何人だろう?

こう考えると、割に合うだろうか?

ちなみに、濱田篤郎氏(外務省のインフルエンザ対策委員も務めた医師)の新型インフルエンザ「かかる前に」「かかってから」 講談社 によると、

季節性のインフルエンザで亡くなる人は年間1万人以上だとのこと。年間2000人程度と思っていたので驚いた。


 これからすると、今の大騒ぎは何だろうか?

尚、新型インフルエンザに感染した時は、どうするかは自分で判断して下さい。
1

インフルエンザ  インフルエンザ

これを見てどう思うかは皆さんの自由です。

悩むかもしれませんが、悩まないといけないのだと思います。

僕はこれが絶対正しいとは言いません。いろんなことを考えてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=vP2Jv83WX-w
1

新型インフルエンザについて  インフルエンザ

新型インフルエンザについて

 私は、国のインフルエンザの対応の仕方、マスコミの報道に重大な問題があると考えています。

“今回の新型インフルエンザウィルスは弱毒性です”

重症になることは通常のカゼ症候群でもありますし、他の病気でも重症化することはあることです。もし、インフルエンザを恐れるなら、毎年約2000名の方の命を奪う結核を恐れるべきです。インフルエンザを大騒ぎするなら、結核はもっと重大な問題です。何回も言いますが新型インフルエンザウィルスは弱毒性で全体的には軽症で済みます。そして、どんな病気でも重症化することはあります。

今回のことで、国はインフルエンザにどれだけの税金を投入し、これから投入するのでしょうか?その税金はもっと他の事に使われるべきです。もし、この新型ウィルスが強毒性のものならこの対応はわかります。弱毒性です。いつまでも避けて通れるものではありません。来年はどうしますか?個人的にはむしろ、感染したほうが良いと思います。今の状況では、感染した人はまるで悪者のようです。人に迷惑をかける人みたいな扱いです。自分だけ助かりたいという嫌らしいエゴを感じます。このような人が、もし感染した時は感染させた人を非難するようです。

 インフルエンザワクチンについても、ものすごく疑問です。新型に限らず、インフルエンザワクチンは任意接種です。任意接種とは、受けても受けなくてもあなたの自由ですよ、ということです。人に“ああだこうだ”言われる筋合いはありません。これから受験シーズンです。受けない人が差別されるような気がします。ずっと感じているのですが、この新型インフルエンザで差別が発生しているのではないでしょうか?感染した人は別に悪いことをした人ではありません。そして他人に感染させようとしているわけでもありません。

 インフルエンザは恐ろしいと、世間一般の人々は騙されているとしか思えません。国やマスコミの報道を鵜呑みにするのではなく、もっと自分の頭で考えたいものです。

 私達は、まわりにある環境と生活を共にしているのです。すべてを排除することはできませんし、それはやりすぎです。いろいろな物や事柄と一緒に生きていこうとする姿勢が大事なのではないでしょうか?そこにはやさしさや温かさが感じられます。
 現代は、いろんな物を排除してエゴをむき出しにした殺伐とした世の中だと思います。

“あなたにとって一番大事なものは何ですか?”

“お金ですか?”

“命よりも大事なものはありませんか?”

 インフルエンザの予防接種を受けうるかどうかは自由です。受けない人が非難されることがないようにしたいものです。
2




AutoPage最新お知らせ