宇宙は意識そのもの〜続き  宇宙 

前々回の記事 「宇宙は意識そのもの」https://happy.ap.teacup.com/yosimaki/2349.html   

の続き


変容はフローであり、次元は切り替わります。しかし、そのすべては個人的に起こる出来事であり全体には存在しません。その個人的に起こる世界も多次元世界からからの情報をその個人が選び取った世界として進行します。事実は一つでは無く、それは個人的に意識した世界が展開されていきます。

現にこの世界においてもある事実があったとしても、それはそれを見て解釈する個人の意識において意識されることであり、それにより全く違う解釈が無数に存在します。簡単な例で言えば現在進行形で起こっている風邪の解釈などわかりやすいでしょう。

風邪は単なる風邪で大したことは無いと考える人と、この風邪は怖ろしい風邪で死ぬことがあると恐れる人がいます。このような人々が会話を交わす時に同じ風邪であるのに話が通じません。何故なら事実があべこべだからです。このようなことを多くの人々は全く認識していないことによります。

このように人間界において事実は一つではありません。多数の事実という個人的な側面が存在しているということです。

だから現世においても実は次元が違う世界に住んでいます。かろうじてお互いに認識できるギリギリの範囲で会話をしているのです。だからお互いに理解できないのです。お互いに相手と実際は触れ合うことが出来ていない。

親子だろうが夫婦だろうが親だろうが、実は何も本質的に触れ合うことが出来ず知らないということです。ですからまずこの多次元の世界に私達は存在しているという共通認識から初めてお互いの本質に触れ合おうと意識をするということが大事です。

自説を頑固に唱えたり私が正しいとかあなたは間違っているということで争っている限りにおいては人々は切断された世界に生きることになり、そこは戦い(闘い)に明け暮れる世界が展開されていきます。


さて、他の惑星に降り立つときにどうなるのかと言えば、やはり一度死を体験して誕生しなければなりません。

誕生の形はその惑星の振動数により決まります。その振動数によって物理現象が決定されます。ですからそれは意識がプラズマ化して気体になり液体になり固体化して行くという順序があるでしょう。

その際、生命はプラズマの生命もあり気体の生命もあり、液体の生命もあり、固体の生命もある。そして地球と同じようにプラズマから個体まで含んだ生命もある。

さらに多次元であり時間も過去も未来も全て同時に存在しているという状態です。ただし、より変化した(進化ではない)生命体においては時間の概念は全く違うものでありそれは地球に住む人類には理解できないと思います。

人や動物や細菌のようないわゆる人間が認識している生命体が生じるとすれば液体が膜に包まれ固体化して生まれるでしょう。卵(細胞)のような生命体から始まります。

そこからサナギもあるでしょう。しかし最初は細胞です。固体化するには膜が必要です。固体化した生命の死はこの膜の崩壊です。

人間も生まれる時には膜から産まれ、膜が壊れた時が死です。人生は幕が開き幕が降りるのです。さらにここから先は全く不明ですがダークマターである意識の先が存在すると思います。

これは別の変化となります。

別のダークマター領域については全く不明です。


大平仙人様

神の見えざる手は存在せず、神を騙った人間が経済を操っています。近視眼的にはゼロサムではありませんが大局的にはどこかでバランスを取るでしょう。しかしその間の振れ幅は地獄的で破滅的です。

崩壊してまた別の世界が始まります。それはまさに機械的仕掛けで始まります。
3

宇宙は意識そのもの  宇宙 

以下は科学とは一切関係ありません。吉田理論です。  

宇宙とは何か?

現代科学において宇宙、例えば月や火星に人類を送り届けるとか宇宙を探索し宇宙を人類の為に開発し種の保存維持の為に役立てるとしていますが、人類はこの地球環境から肉体を持ったまま出ることは出来ません。

もし宇宙に行こうと思うならば肉体を捨てなければなりません。

私達がテレビや書籍、学校教育、漫画を通してで学んできた宇宙モデルは真実から程遠く隠蔽されています。

今現在、私達がテレビや報道等でこれが宇宙だとか宇宙飛行士が宇宙ステーションに滞在しているとか言っているが、そこは宇宙では無く上空400kmから500kmになります。
とりあえず上空100km以上を宇宙としましょうと決めてあり実際は大気圏内です。宇宙は概念に過ぎません。

明確な境目は決めることが出来ませんが、あえて線を引こうと思うのならば電離層の上、外気圏(800km〜10000km)かこの間に存在する放射線体、バンアレン帯(2000km〜2万km)この上を宇宙と呼ぶことができます。

では宇宙は何で構成されているかというとダークマター(暗黒物質)と言われており全く不明です。

プラズマ宇宙論で言えば宇宙は電気的でプラズマで満ちていると考えられています。

地球上の物質的領域における層はどのように構成されているかというと、固体→液体→気体→プラズマという風に構成されています。ですからこの逆でプラズマ→気体→液体→固体となり、これが循環しています。

人類はこのうち物理的には個体として存在していますが中身は液体であり、気体を吸って電気的に神経伝達をして生きています。

つまり人間は固体液体気体プラズマで構成されているのです。どれかひとつの状態で構成されている訳ではありません。

地球環境全てがそうなっています。

ところが宇宙はプラズマで構成されているとあるいはダークマターであれば人類がそこに存在することは出来ません。

宇宙船で宇宙に行くには地球環境を持って宇宙に入るしかないのです。

しかし、ここで問題が生じます。地球の物質で構成された宇宙船はプラズマで満ちた宇宙に入ることができません。そこは全く違うエネルギー体でであり、宇宙船はプラズマでは無いからです。

ではプラズマとは何なのかというと荷電粒子群と電磁場が相互作用する複合系であり、素粒子と電磁場となります。これが宇宙の正体です。

ダークマターの存在は全く不明です。

私はダークマターは意識であり、プラズマは素粒子と電磁場であり意識がプラズマに影響を与え、プラズマ→気体→液体→固体となり人類があるいは生命、鉱物、つまり地球、惑星が形成されるものと考えています。

他の惑星も同じように意識が惑星を創ってそこの環境を創っています。

ですから火星に行こうと思えば、プラズマを通って行くには一度肉体を離れ、そして火星に適した周波数、振動数を合わせた上にその形(振動数が形を決める)を再構成し火星に降り立つしかありません。

つまりこういう訳です。

地球→固体→液体→気体→プラズマ→死(意識)→振動・周波数調整→気体→液体→固体→再構成(トランスフォーム)→誕生→火星です。

プラズマの宇宙には行けないのです。

ですから上記の循環の過程の”死”とは今現在私達が考えているいわゆる”死”ではなく、無限の意識(根源)に戻る。

これが死と宇宙の正体であり仕組みです。

私達が夜空を見上げて見える星々のほとんどはプラズマが光を発しているものであり、惑星は地球と同じように形成されています。

私達が宇宙を見上げる時にその生と死のすべての循環を見ていることになるのです。
これは凄いことですよ。

画像はネットより拝借
クリックすると元のサイズで表示します


追記

宇宙旅行と言うが概念的には宇宙はたった100km上空です。宇宙ステーションも400km上空。東京大阪間位です。

追記
現実は一つではないので、どれもが現実でありフェイクです。ですからコロナを信じる人の現実とコロナは存在しないと思う現実の間に多数の現実があります。私達は無限のパラレル世界に存在しており同時並行にあらゆる私が無限に存在しており、私はその無限の私から常に情報を手に入れながら瞬時に自らがその情報から望む世界を選択してそれを体験しています。つまり世界をサーフィンしているのです。この世界は過去も未来も平行世界も無限であり、どの選択も出来ます。しかし現世においてあらゆるリミッターを取り付けられているのでそのトリックを多くの人は見破る事ができない状態です。まさに現世は幻想の世界でありどこまでその体験が出来るのかというのが生きる事だと思います。

8

AI社会の行きつく先はFAKE社会  宇宙 

AI社会の行きつく先はFAKE社会

その予兆は2019年にすでにあった。

テレビでマスクを外せない若者たちというニュースをやっていた。

コロナ以前の時代である。

マスクをしていると安心感があり、外すことが出来ないと。

今現在、ほとんどの人がマスクをすることになり、ほとんどの人がマスクをしている方が楽だと思い始めている。

自分の本心を悟られないからだ。

マスクをしていると表情が隠せる。だからこのコロナが終わってもマスクを外さないという人が多い。

世の中から声が消えた。ほとんどの人々は街角で近所のスーパーでライブ会場、スポーツ観戦で話をしなくなった。声の音が消えた。

これを心地良いと感じている人もいる。

あとは目だ。視線恐怖の人もいる。これからはAI社会に向かっている。スェーデンではマイクロチップの導入は進んでいる。

日本人に限らず視線恐怖や他人の目が気になる人は多い。このAI社会の流れから考えられるのは今後はマスクと合わせてゴーグルが登場するはずだ。

ゴーグルにすべての機能を搭載させて、目の前に映像として映し出す技術はすでに完成している。

だから、マイク内蔵のマスクと情報機器としてのゴーグル。こうなるとフルフェイスとなるだろう。

健康の為に日光に当たらないようにとか男女の性差を無くしましょうということからユニフォームと一式になるだろう。そのユニフォームは男女の区別は無い。

もっとも家にある卵型の最新ベッドで人工羊水に浮かび健康管理も栄養補給も何もかも寝ている状態で事足りるようになるので動く必要も無い。

全てを機器に接続させ、自分を拡張させ一生そこで生活できる。

自分の好きな事をして、好きな人だけで繋がることになる。自分の気に入らない人やグループは全てプロテクトできるので、何もかもが自分の世界ととなる。

その中でも気に入らない人が出てくればブロックしていけば良い。そうしているうちに究極的には自分だけの世界になる。

さらに人間の感情は有害なので、感情を持たないという必要がある。

こうしてもはや肉体や生きる意味も必要なくなる。

機器に繋がれたボディと脳は肉体の限界まで来ると、新しい肉体と脳に取り換えられる。

あなたのスペックによって、あなたはCPUになるかハードディスクになるかメモリになるか役割が分担される。

そうやって超高性能の次世代型コンピューターが作成される。

このコンピューターを利用できる者は限られている。

その人は肉体を持ったまま寿命を延ばし、自然を満喫して生を楽しむ。

あなたの脳のスペックは宇宙に匹敵するほどの拡張機能を持っているのでその脳を繋いだらどれだけの処理が出来るだろうか。

リアルに生きている人々はまさに楽園を手に入れることになる。

もう片方、AI社会とは無縁にアーミッシュのような生き方を選択する人々もいるだろう。
こちらは何も変化なく、産まれて死ぬことを繰り返す。ただ下記の繰り返しからは抜け出せる可能性が高い。

大衆はこの創造された世界で、生まれて→秩序が出来て→崩壊して→無秩序→生まれて有になり→秩序を保ち→崩壊して→均一化して→無→有→この繰り返し。

液体→固体→気体→プラズマ→気体→固体→液体→固体→繰り返し

だから、AI化するとプラズマまで達し上昇と下降を繰り返すこととなり、この人間が造り出した物理学的世界から抜け出せない可能性がある。

とにかく最後まで肉体で死を迎えこの繰り返しにとどまらず、次の世界に抜け出すことが大切なことです。

追記
これは良いとか悪いとかではなく。マスク社会においては素顔を見た時の衝撃は大きい。だからもう誰も素顔を見せられなくなっているのだ。マスクをしていない人は粗野で乱暴で原始的な人々。どこかを隠せば、そこはもう人に見せられなくなる。人々は真実の内面では無く、偽りの内面(仮想の内面)に閉じ込められる。


コメント

太平仙人
2021/12/25 2:59
変性意識という意識の分離体というもこがあるのですか。先生の世界観には学びが多いです。先生の記事を何度も読み、消化していきたい考えです。
これからも、何卒よろしくお願い致します。

https://ameblo.jp/aaa-meee-baaa02/


大平仙人
2021/12/25 2:43
自我の崩壊。一瞥体験談というようなのですが、自分は小学生の頃に二度体験しました。
とてつもない恐怖があり、それ異常の思考を拒否しましたがそれ以前の10分くらいの記憶が消えていました。
それ以来、『自分とは?』ということを考えること自体が恐ろしくてやめてました。
最近、感染症の茶番から『この世界』について思考し続けることで、自分という意識体や存在について考えが深まっています。
しかし、いろいろ理解・イメージできないことが多く、先生のブログを見て勉強させて頂いております。

https://ameblo.jp/aaa-meee-baaa02/


コメントへの返事

小学生くらいまではまだ異世界と繋がっているので、衝撃的な経験を誰もがすることになります。しかし、早期教育などを行うとこの能力は完全に破壊されます。その後は自我(エゴ)に完全に乗っ取られ人間的な感情を失い左脳優位な生き方になります。

この衝撃的な経験は自我が目覚める頃に起こります。自我は決して悪いのものでは無く、この3次元におけるあなたの物理的肉体を守るために働きます。

しかし、問題は自我はあなたでは無いと言うことです。自我は巧妙に自我をあなただと偽装します。ですから衝撃的体験において自我は最大限に抵抗して気づかれないようにしトラウマとしてあなたの心に居座ります。

その後の人生は、このことに気づかない限り、全てを自我(エゴ)に乗っとられてあらゆる場面で同じ映像を繰り返し現実として上映することになり、あなたは常に同じことを繰り返して一生を終わります。

大切なのは自我(エゴ)に気づくことです。そして可能であれば恐怖を乗り越えて、自我を手放すことです。そうすれば観察者としてのあなたが誕生します。

手放す時に物凄い恐怖を伴います。しかし、それは実際には恐怖では無く、自我(エゴ)のみせるマジックです。

4

あなたが信じているもの コメントへの回答  宇宙 

あなたが信じているもの

友人:また流行し始めたな。みんなが気を緩めたからだ。

僕:そうかな。

友人:お前もう打ったか?

僕:まだ一回も。

友人:お前みたいな奴がいるからだめなんだよ。

僕:うーん。

友人:今度のやつは濃厚接触者の濃厚接触者まで濃厚接触になるほど感染力が強いんだよ。

僕:じゃあ。濃厚接触者の濃厚接触者の濃厚接触者の濃厚接触も濃厚接触者になるんだ。

友人:屁理屈言うな。デマを信じているバカが多くて誰もが迷惑してるんだよ。

僕:ふーん。

友人:いいか、感染して重症化して助かったら、打っていればよかったって後悔するぞ。

でも、打って重症化して助かったら打ってよかったと思うんだ。

僕:そうなんだ。

友人:いいか、感染は予防出来ないけどな、重症化は防げるのだ。それが大切なんだ。

僕:でも打っている人が重症化しているよ。

友人:また屁理屈を。でも死なないんだよ。それが一番大切なんだ。お前、重症化して死んだらわからないだろ。重症化して助かるから助かったとわかるんだよ。

僕:そうか。なるほど。じゃあ死なないんだね。

友人:バカ言っているんじゃ無い。死なない薬なんかあるか。

僕:じゃあ予防は出来ず、重症化するかもしれず死ぬかもしれないということ?

友人:その通り。

僕:じゃあ。打たなくてもいいんじゃね。

友人:うるさいな。お前デマを信じているの?バカだな俺はテレビを信じているんだよ。



きるふぇさん

そうですね。僕が記載していることは根源的で本質的なことです。しかし、なかなか理解できないと思います。本質的なことが掴める人が増えるといいなと思います。ありがとうございます。


拍手コメントの方へ

時間泥棒のモモは象徴的です。この世界はまさに虚構です。おっしゃる通りに目が覚める体験を通じて私達に何かが伝えられるのでしょう。

その体験は物理的次元で体験することなので、この世界での物理的恐怖や痛みを伴うことがあります。最後まで目を開いておくそれがもっとも大切なことだと思います。


コメント

太平仙人
2021/12/23 5:35
ほぼ自分が辿り着いた結論と同じような感じです。この現代社会の姿は必然であり、悪も必要悪なのだと。で、結局大事なのは自分の意識や心。自分と向き合い自分の道を進むだけだと。いろいろ考えて、やっと最近ここまで思考が辿り着きました。

https://ameblo.jp/aaa-meee-baaa02/


返事

明晰夢や修験道、修行、シャーマニズムにおけるダンスや音楽、薬草、臨死体験、幻覚どれもが変性意識に至り、そこでは見えないものが見え、聞こえないものが認識されます。

可視光線領域から可聴域などあらゆる感覚が解放されます。従って自分の肉体という領域を完全に超えて観察者として全体に溶け込みます。しかし、意識はそれを観察しています。この段階では自我が崩壊します。

そこで認識される世界はまさに異次元で、他の生命体や他の惑星や地球での異次元や、天使や悪魔、サイケデリックな電気的世界であり、機械的であったりします。そしてとても根源的で原始的です。

自我を失う時にとてつもない恐怖が襲います。恐怖は自我の最後の抵抗です。その後自我の恐怖を乗り越えると至福が訪れます。その先は僕もまだわかりません。

コメントありがとうございます。ブログを拝見させて頂きました。

7

自然に立つ  宇宙 

木の枝から離れ自然に着地し立つ落ち葉

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

全体は部分に集約されるが、部分から全体は推測できない〜宇宙  宇宙 

前回の記事 ”宇宙には行けない” ”人間は宇宙には行けないA”の続き

前々回、前回の記事からお読みください。


全体は部分に集約されるが、部分から全体は推測できない

現代の宇宙モデルはとんでもなく間違っている可能性がある。

全体は部分に集約される。僕は鍼灸師なので全くその通りであることがわかる。

腰痛は頭で治療できるし、手でも治療できるし、足でも治療できる。そこに人体のすべてが集約されているからだ。

しかし、それは全体がわかっているので部分に当てはめられるのである。

しかし、部分をみて全体を推測することは出来ない。妄想することは出来る。

例えば、虎の尻尾だけしか見えずにそれをいくら調べても虎の姿はわからない。

例えば象の背中に住んでいて、いくら背中を調べても象の姿はわからないだろう。

だから、現代の人間が考えている宇宙のモデルはとんでもなく間違っている可能性がある。

古代の人が生活の知恵で把握していた宇宙は正しい。何故ならそれは地球上での出来事だからだ。

しかし、現代の科学は地球上の知恵を宇宙に適応して推測している。このことが現代人をマジックにかけている。

そのマジックを利用して人間を管理支配している。

何しろこの世界を支配している人々(?)から与えられた教義を科学者という専門家と称する人が大衆を完全洗脳できるからだ。

宇宙の事は専門家が言うこと以外に大衆は全く見ることや考えることや確かめることは出来ない。
だから、いくらでも嘘がつける状態である。

古代の人は生活の知恵であったのでそこには嘘は全くない。例え太陽が地球の周りを廻っていようが、地球が太陽の周りを廻っていようが、地球が丸かろうが平面だろうが生活には全く関係ない。

これは現代でも同じだ。

地球が丸かろうが、平面だろうが、地動説だろうが天動説だろうが大衆の地球上での生活には全く関係が無いのだ。

そんなことでマジックにかけられているものだから、大衆はどちらが正しいのかと争うことになるのだ。

無駄な争いが全て支配に利用される。

はやく目覚めることが重要だね。
4

人間は宇宙にはいけないA  宇宙 

人間は宇宙にはいけないA

前回の記事”人間は宇宙にはいけない”の続きです。

先日、クローズアップ現代で国際宇宙ステーションに滞在するMさんのライブインタビューがあった。

もちろん。彼がいる国際宇宙ステーション(ISS)は地上400km上空で実際は宇宙では無い。この時点でかなりおかしいのですが、科学的には宇宙という設定にしています。

まあ、本当の宇宙はどこからかと言えば明確な線が存在しないがそこには必ず膜がある。

あえて言えるならバンアレン帯(放射線帯)でありこれは上空2000kmから20000kmの範囲で存在する。

Mさんは無重力状態でインタビューに答えていた。彼は無重力の中で自分の身体をテレビカメラに向かって真っすぐになるように身体を固定していた。

そうしないとなにしろ無重力で上も下も無いのでまっすぐにできない。

最初におきまりのマイクを回転させるという行為をしていた。ここは無重力ですよって。

インタビューの内容もいろいろとあるがそこは今回は触れずに、インタビュアーが何か目の前で無重力の質問に答えられますか?と言った。

彼は身体をひねり船体の壁を利用して身体が浮くのをみせてくれた。

寝る時にはどうやって寝ますか?との質問に身体をどこかに固定しないと浮いた状態では眠れないと答えていた。

実際はそこは無重力では無く、地上の重力の9分の一ということなので時間が経てば下に落下するはずである。

ISSも地上400kmに浮いているわけでは無く、地球の引力に引かれて緩やかに落下している。しかし、推進力で安定させているので落下しない。

ここで重要なのは、大気があるから推進力があるということだ。

ISSの内部にいるMさんも身体を動かす時に壁を押して身体の位置を変えている。もちろん空気があるので壁を押さなくても空気を押すことで身体の位置を変えられるはずだ。

動くにはこの力の作用が必要である。

ここISSではその作用が働くが、もし本当にダークマターで構成されている無重力の真空の上も下も無い宇宙でロケットが推進できるのか?を考える必要がある。

一体何を押して推進力という力に変えているのか?
ロケットが何か固定されたものを押しているのか、大気は存在せず真空なので押すものが無い。
ダークマターを掴めるのか?それを推せるのか?

何も手がかりの無い状態で思った方向に飛ぶそうだ。

これを全て地球の中での力を使い計算して小惑星に着陸したと。

しかし、小惑星に着陸するのはどうやって出来るのか?それは着陸では無く同じスピードでタッチしなければならなない。さらにその惑星のサンプルを回収する時に与えた力で船体は傾かないのか?

その力はどこにあのか?そしてどの方向にどう逃げたのか?

少しでも船体が傾けば大参事になるだろう。

何もよりどころが無いところに降りるとか果たして出来るのか?考えてみて欲しい。

公式の科学では、もちろん小惑星があったり、惑星があったり彗星があったり太陽を中心とした力があるので軌道を持っているとされている。

中心に引かれているのだ。あるいは銀河の中心、ブラックホールの力。

その力も一定では無く、その軌道は楕円形だったりする。そう考えると宇宙にはとてもつもない複雑な力が海流のように流れているということになる。

その力はダークマターが解明できないのでどう流れているのかわからない。

そのわからない力を計算して利用しているということになる。

地球上の物質の変化は

固体→液体→気体→プラズマであるとすれば、宇宙はプラズマである可能性が高い。

プラズマ=意識では無いかも知れないが、意識はプラズマかもしれない。

このプラズマが逆に気体→液体→固体としてこの世に誕生するとも考えられる。

だから、この循環。カオス→秩序→無秩序(カオス)→秩序→繰り返し。

固体→液体→気体→プラズマ→気体→液体→固体の循環。

そうすると宇宙に行けるのはプラズマ状態でなければ行くことはできないことになるのだ。

宇宙に行っていない宇宙船ISSの宇宙コント劇場はビジネスとともに続く。

本当に宇宙を見たならば、その意識の変革、衝撃は半端なものでは無いだろう。

きっとMさんが言った”本当に宇宙あった”というレベルでは済まない。

尚、教科書が好きな人は科学の本(教義)を信じていてください。

その教義を信じている以上、その教義以外の思考は存在せず、そこに記載されたこと以外信じず、そこに記載されたこと以外の行動は出来ない思考できないロボットとして終わるのです。

今現在、まさにロボット化した世界が展開されています。医学の嘘の方が身近で見破りやすいですが、これも無理なようです。


拍手コメントの方へ

面白い世界ですよね。
5




AutoPage最新お知らせ