子宮けいがんワクチン  英訳 重要なレポート

子宮けいがんワクチン

子宮けいがんワクチン費用の公的助成が始まっています。公的助成はいいとしても(税金の無駄にならなければいいが、もちろん害があるなら決してやってはいけない)、絶対にやってはいけないことは、健康な人への国の強制接種です。受けるか受けないか自由が保証されていなければなりません。そのためにはご自分でよく考えて判断して下さい。

発がん性HPVに感染しても90%以上は、免疫により体内から自然に消失するため、子宮頸がんに進展するのは、約0、1〜0、15%である。

子宮粘膜に異常が見つかったからといって、安易に手術するよりも、観察が大事であるという専門医もいる。

子宮頸がんになるまでには通常、数年〜十数年かかると推測されている。

子宮頸がんワクチンが予防できるのは、HPV16型と18型です。
全ての発がん性HPVの感染を防げるものではありません。

「ワクチンを接種しても子宮頸がんにかかる可能性がある」と製薬会社もはっきりと述べています。また、特筆すべき点は、日本人の子宮頸がんの原因はHPV 52・58型が比較的多く、HPV16・18型は全体の約60%ということです。そのためHPV16・18型予防に製造された輸入ワクチンは、日本人には予防効果がさらに限定的であるということです。(HPV52・58型に対する予防効果は10%程度)
同ワクチンは、HPVにすでに感染している人には、効果がなく、また同ウイルスの増殖を刺激するという報告もある。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html




ニューヨークタイムズの記事を訳してみました。20件以上の死亡例が報告されています。

Study Weighs Risks of Vaccine for Cervical Cancer
子宮けいがんワクチンの危険性の検討


• SIGN IN TO RECOMMEND
• TWITTER
• SIGN IN TO E-MAIL
• PRINT
• REPRINTS
• SHARE
O LINKEDINDIGGFACEBOOKMIXXMYSPACEYAHOO! BUZZPERMALINK
By RONI CARYN RABIN
Published: August 18, 2009





The new vaccine designed to protect girls and young women from cervical cancer has a safety record that appears to be in line with that of other vaccines, a government report has found. Some serious complications occurred, including at least 20 deaths and two cases of Lou Gehrig’s disease, but they were not necessarily caused by the vaccine, the study said.

その新しいワクチンは子宮けいがんから女性を守るために他のワクチンと同じ基準に沿って安全に設計されたことが、政府の報告で明らかにされた。ルーゲーリック病の2例を含む20人が死亡するという、いくつかの深刻な合併症が発生したが、研究者は、必ずしもワクチンが原因ではないと述べた。


Related
Health Guide: Cervical Cancer
The most common serious complications after vaccination with Gardasil were fainting episodes and an increased risk for potentially fatal blood clots, possibly related to oral contraceptive use and obesity, the study found.

Gardasil社のワクチン接種後に、失神にしてしまうという深刻なエピソードがあった。そして、致命的な血栓のリスクが高く、それが、経口避妊薬の使用と肥満に関係があることが研究で判明した。

The vaccine has been given to more than seven million girls and young women nationwide and there is no way to prove that complications came from the vaccine.

そのワクチンは700万人以上の女性に接種され、その深刻な事例が、ワクチンによってもたらされた可能性が無いことを証明しています。

But while the tone of the study, published in The Journal of the American Medical Association, was reassuring, the authors noted that the analysis was based on imperfect data drawn from reports made to a voluntary government surveillance database. The majority of adverse event reports were filed by Merck & Company, the vaccine’s manufacturer, and most failed to provide enough information for further investigation.

しかし、違う意見もある。ジャーナルアメリカンメディカルアソシエーションのジャーナリストは、政府が監視した不完全な分析データに基づいて報告されていると強く警告している。その有害事象の報告のほとんどは、そのワクチンの製造元であるメルク社が提出したものです。そして、それは、詳しい調査のための十分な情報を提供していません。

“We feel confident recommending people get the vaccine; the benefits still outweigh the risks,” said Dr. Barbara A. Slade, the study’s first author and medical officer with the Centers for Disease Control and Prevention, which did the study together with the Food and Drug Administration. She added, “This is the most complete picture we have.”

“Dr.バーバラは、我々は、ワクチンの利点がリスクを上回ると確信して、ワクチンを推奨する”と言っている。その米国疾病管理予防センターのワクチンの創案者と医療官は、政府の食品及び薬品管理局と一緒に研究をした。彼女は付け加えてこう言った。“これが我々の完璧な研究の結果です”

Nevertheless, an accompanying editorial questioned whether any level of risk is acceptable when inoculating a healthy population against a disease that can be prevented through screening.

それにもかかわらず、健康な人々に病気に対抗するためにワクチンを接種し予防することにが、危険を許容できる範囲かどうかという社説には疑問を伴います。

“There are not a huge number of side effects here, that’s fairly certain,” said the editorial writer, Dr. Charlotte Haug, an infectious disease expert from Norway, about the vaccine. “But you are giving this to perfectly healthy young girls, so even a rare thing may be too much of a risk.

※But you are giving this to perfectly healthy young girls,so even a rare thing may be too much of a risk.
”しかし、健康な若い女性にも摂取しているので、少しはリスクがあるかもしれない。”
かな?

“膨大な数の副作用はありません。これは確かなことです。”Drシャーロットハングは論説しています。彼は、ノルウェイの感染症(ワクチン)の専門家です。“しかし、完全に健康な若い女性にワクチンを接種している、これも、リスクが多くなる可能性があります”。

“I wouldn’t accept much risk of side effects at all in an 11-year-old girl, because if she gets screened when she’s older, she’ll never get cervical cancer,” Dr. Haug said in an interview. “You don’t have to die from cervical cancer if you have access to health care.”

“私は11歳の少女の副作用の危険性を認められない”なぜなら、彼女が年をとったとき、彼女が決して子宮けいがんにならないからです“とDrシャーロットハングはインタビューに答えた。”あなたが医療に接していれば、子宮けいがんで死ぬ必要はありません“

The vaccine was approved for girls and young women ages 9 to 26 and is recommended for routine vaccination of girls 11 and 12.

そのワクチンは少女から若い女性、9歳〜26歳に承認され、11歳と12歳に定期予防接種をお勧めします。

Merck officials said they were pleased with the findings of the new report.

メルク社の当局者は、新しい調査の結果に喜んでいた。

“This confirms the very favorable safety profile we’ve seen in our extensive clinical trials,” said Dr. Richard M. Haupt, executive director of clinical research for Merck Research Laboratories, adding that while screening is important, the vaccine can reduce the number of abnormal results and procedures, because it prevents infection with four strains of HPV, including two implicated in most cases of cervical cancer today.

“これは非常に良好で安全なプロファイルを大規模な臨床試験で確認したことである”とDr. リチャードは言った。彼は、メルク社の研究所の臨床研究のエグゼクティブディレクターである。加えて、重要なスクリーニングを行っている間、そのワクチンは多くの異常と進行を減らすことができる。なぜならば、ワクチンは子宮けいがんの4つのウイルス株のうち、今日の最も多い2タイプの子宮けいがんを予防するからです。

“Pap screening alone is not the answer,” Dr. Haupt said.

“細胞診の検査だけでは答えは出ない” Dr. ハウプトは言った。

Another paper in JAMA described how Merck, whose sales of Gardasil totaled $1.4 billion last year, provided professional medical societies with grant money the organizations used to develop educational programs promoting the product. The lectures glossed over questions about the vaccine’s effectiveness and whether booster shots would be needed, said Sheila M. Rothman, the paper’s author.

自工会のもうひとつの論文でメルク社は述べた。そのガーダシルの昨年の売上高合計で14億ドルを医療専門家協会の提供し、助成金団体がワクチンの推奨の教育プログラムの開発に使用した。その指示は、ワクチンの有効性と追加の接種が必要かどうかについての質問を歪曲した。と論文の著者であるシーラMロスマンは語った。

“The message they were giving was really the drug company message,” said Dr. Rothman, professor of sociomedical sciences at Mailman School of Public Health at Columbia. The marketing strategy overstated the risks of cervical cancer for American women, she said. “It was being marketed as if every girl were at equal risk for this disease and needed this vaccine, even though cervical cancer is not a disease of all women in the U.S. — it particularly affects girls who don’t have access to health care and Pap tests,” Dr. Rothman said.

“その、メッセージは実際に製薬会社のメッセージでした。”ロスマン博士は言った。コロンビアのマリマン公衆衛生大学の社会医療科学の教授である。その調査はアメリカの女性の子宮けいがんのリスクを誇張している。“それは、子宮けいがんは、米国の全ての女性にとって多い疾患でないのにかかわらず、全ての女性が同じように子宮けいがんという病気のリスクにさらされて、ワクチンが必要だという前提で調査がされている。ーそれは特に、細胞診試験をしていない女性に影響を与える”と彼女は言った。


The study on adverse events analyzed 12,424 reports of adverse events that occurred after immunization with the HPV vaccine from June 1, 2006, to Dec. 31, 2008, when more than 23 million doses of vaccine were distributed, enough to vaccinate more than seven million girls with all three required doses.

2006年6月1日〜2008年12月31日の間2300万人を超える用量のワクチンが配布され、700万人を超える女性に3回の必要なワクチンの投与が行われた時のHPVワクチン接種後の有害事象、12424件のレポートの研究分析です。

That was calculated as a rate of 53.9 adverse event reports to the Vaccine Adverse Event Reporting System for every 100,000 doses of vaccine distributed. Syncope, or fainting, occurred most frequently, with a rate of 8.2 reports per 100,000 vaccine doses, followed by 7.5 per 100,000 for local site reactions and 6.8 per 100,000 for dizziness.

それは、10万回のワクチン接種に関する有害事象報告システムから、53.9件の有害事象レポートとして算出された。昏倒または失神がワクチン接種10万回につき8.2回の頻度で最も多く発生した。つづいて、局所的な反応が10万回あたりに7.5回、そして10万回につき6.8回のめまいです。

Report rates were then compared with those of other vaccines given in similar populations of girls the same age, Dr. Slade explained.

レポートは、同じような年齢の女性の集団にワクチンを接種したのと比較して割合を出したとスレイド博士は説明した。


Of the total number of reports, 6.2 percent, or 772 reports, were considered serious events, including 32 reports of death. Only 20 of the deaths could be verified; the others included four that were provided by the manufacturer without further information, and eight secondhand reports that could not be verified.

レポートの6.2% 772例は深刻な事象と考えられ、そのうち32例は死亡していた。
そのうち20例は検証可能で、その他、4例は、製造元から詳細な情報も提供されず、そして、8例のレポートは古くて検証できませんでした。

Of the 20, 14 of the deceased had only received the HPV vaccine, while others had received multiple vaccines. The average age of the girls who died was 18, and causes of death varied widely — including two cases of diabetic ketoacidosis, one case related to prescription drug abuse, one case of juvenile amyotrophic lateral sclerosis or Lou Gehrig’s disease, one case of meningoencephalitis, three pulmonary embolisms or blood clots to the lung, six cardiac-related deaths, one case of sepsis related to influenza B and two because of seizure disorders. Four deaths were unexplained.

20例のうち14の死亡例は、HPVワクチン接種のみ受けており、他の例は、複数のワクチンの接種を受けていた。18歳の少女の死亡原因が変化に富んでいた。−2つのケースでは糖尿病性ケトアシドーシス、薬の誤用1例、またあるケースでは、筋委縮性側索硬化症、ルーゲーリック病、脳髄膜炎1例、肺塞栓や血栓3例、心臓関連の死亡6例、B型インフルエンザに関連する敗血症、痙攣疾患2例、4例の死亡は原因不明であった。

Dr. Slade said the disparate causes of death made it difficult to determine an underlying cause, or to determine if the vaccine played a causal role.

スレイド博士は言った。その異なる死亡原因がどうやって起こったか、ワクチンとの因果関係を根本的に決定することは困難である。

“We didn’t see any patterns in the causes of death, any pattern in the time between vaccination and death, or the age of the people who died — there just didn’t seem to be any real pattern that would cause us to have heightened concern,” Dr. Slade said, adding that the number of deaths was “actually very similar to what we see after other vaccines in similar age groups.” She said the A.L.S. cases were being investigated further.

“私たちは、ワクチン接種と死亡との時間的関係や死亡した人の年齢など死亡原因の決まったパターンを確認していない。−ワクチンに対する高まる懸念の原因の実際のパターンを私たちは把握していない”スレイド博士は言った。加えて、その死亡者数は、“実際に私たちが他のワクチン接種後に観察した、年齢の構成に似ている”彼女は、筋委縮性側索硬化症のケースはさらに検討されていると言った。

以  上

※誤訳があるかもしれないので注意してください。
3




AutoPage最新お知らせ