恐怖、不安、罪悪感の根源とは  メンタル

私はこれまで感情中毒の危険性について述べて来た。

しかし、これは感情を出してはいけないということではなく。むしろ自分の感情をオープンにすることが大切である。

情緒不安定な人は抑うつ的、不安、心配、強迫的、恐怖感、罪悪感を持っている。
ではその感情はどこから来ているのかというと、その人の社会的モデル。つまり両親である。

情緒不安定な人は”今”に生きていない。常に過去に反応し未来に備える。
では何故そうなったのか?

感情を抑えて生きて来たからである。子供の感情を受け入れることが出来る両親であれば子供は感情を適切に開放出来て、その感情に対して不安や恐怖感、罪悪感など持つ必要も無い。

この国に限らず、完璧な両親は存在しないので往々にしてこのようなことが起こる。
家庭でも学校でも、愛情では無く道徳観に基づいた教育が行われる。愛を道徳と勘違いしているケースは多数にみられる。ただ子供を愛すればいいだけなのに、そこに道徳観を持ち込む。

そしてそれを教育だと勘違いしている。

こうしなさい、ああしなさい、それはダメ、これもダメ、あれもダメ、それではダメだ、早く寝なさい、はやく起きなさい、なにやっているの、どうして、がまんしなさい、がんばれ、たいしたことは無い、心配するな、強くなれ、負けるななど。

これはすべて子供の感情に寄り添う言葉では無い。感情を無視した言葉である。
親は常に子供に指示をする。それは支持ではない。

子供は感情を理解してほしい。怖かった。そう怖かったの〜でも私が一緒にいるから大丈夫だよ。疲れた〜。そう疲れたの。一緒に休もうね。

しかし、子供が恐かったと言ったときにこういう親は多い。負けるな、恐くない、情けない、もっと頑張って乗り越えよう。

疲れた〜。それぐらい疲れるな。

あのな、世の中にはもっと大変な人がいるんだ。お前は恵まれている。感謝しろ。
全くその子供の感情への寄り添いは存在せず。子供にとって意味の無い言葉が押し付けられる。

それを日常的に行うことになると、子供は感情を隠し、押し殺し、親の気にいる様に振る舞うようになる。

そして自分の感情を失い、親に好かれる為に無駄な努力を重ねることになる。しかし、親は子供がどんなに努力をしても決して認めることはなく、もっと頑張れ、お前なら出来ると言い出す。

この時に子供は感情を抑えることを学び、ひとたび感情が芽生えると恐怖感や罪悪感や不安を覚えることになる。

その子供が上手に世間と交流するには、感情のコントロールが必要だと考え、対人関係に感情では無くテクニックを持ち込み、それを身に着ける。

しかし、それは莫大なエネルギーを必要とする。身体の反応を抑え込み、自らの感情を抑え込む。そして表情や振る舞いを創り上げる。

まさに”偽りの自己”になるのである。これは並大抵のエネルギー
では無いので、いつか何らかの形で爆発、暴発する。

その多くは精神的に壊れ、自己破壊的に陥ることが多い。こうして遅かれ早かれ、その人は社会に適応できなくなる。

狂ったところでその人が、このことに気づけばいいのだが、そのようなことは誰からも教えてもらっていないうえに、すでに感情の表出を長年抑えていたために、自己がどこにもなく、感情がわからなくなっているケースが多い。

そしてこのような人は友人が全くいなかったり、両親との関係が破たんしたりしていることが多い。
ここまでいかなくても両親との間に問題を抱えている人が多いのはこういうことだ。
私は感情中毒は恐ろしいといつも話をしているが、こういうことだ。

情緒不安定な人は、厳しい内なる親がいつも自分を裁き、内なる子供がそれに押さえつけられている。

どちらも自分が生き残るために創り上げてきた、2つの自己である。
そしてその内なる親はとても厳しい。いちいち指示をして内なる子供に不安や恐怖や罪悪感を与える。

それではダメだ、まだそんなことをやっているのか、情けない、もっと頑張れ。
内なる子供は常に責められる。

つまり情緒不安定な人の脳内ではこのような過去の記憶に基づく、感情中毒物質が常に放出され目の前には過去の記憶が無限ループのように展開される。

それに気づかないので、このような人は全く”今”に気づくことなく、過去の中に閉じ込められ自動的、機械的に幻想の世界を生き、その幻想は”今”を超えて、未来の過度な自己防衛に費やされる。

世界には恐怖しか存在しないのだ。

私は感情中毒に陥らないようにと言っているが、皮肉なことに感情を抑えて生きると、感情中毒の中に閉じ込められるのだ。

大切なのは、自分の感情を素直に表現して解放(開放)してあげることだ。

内なる厳しい親を優しい親へと変容させ、そして内なる子供へも優しくしてください。
どこにも敵はいないのです。

恐れそれがこの世界を恐怖に陥れています。その根源は何か?考えてみることです。



拍手コメントの方へ

杉浦さんですね。森下敬一氏や千島学説はその通りだと思います。いつもありがとうございます。
9

エゴは常に発見される  メンタル

物事は複雑でシンプルです。私達は記憶です。私達の周りで様々な世界が展開されていきますが、それは過去の記憶と経験が表現されているビジョンです。実際には何も起こっていません。そこには脳があらゆる情報を解析して化学的にあなたのスクリーンに投影されたものです。時間は記憶です。ただ静かにそのビジョンを眺めていると実際は静寂に包まれている事がわかります。そこに真実が存在し、静かな喜びと幸せが存在しています。あなたを夢の中に導くのは自我、エゴです。あなたが感情的で心奪われたり、揺さぶられたり動揺している時はエゴが働き出した時です。そこから感情中毒による化学的イリュージョンの世界に入ります。この状態はエゴを発見する最高の方法です。そうやってエゴは常に発見されるのです。
6

お互いを理解するために必要なこと  メンタル

What you need to understand each other.

世の中には思考できる人(思考の深い人)と思考出来ない人(思考の浅い人)がいます。思考の深い人が思考の浅い人のことを同じ様に考えると理解する事が出来ません。

思考の浅い人を理解するのに必要なことは、その人が思考の浅い人だと気づくことです。そうすればストレスが減ります。思考の浅い人は深くなることは努力しても出来ません。どちらが素晴らしいとか言う話ではありません。それを知らないと思考の深い人は相当なストレスの中で生きて行くことになります。

ちなみに思考の浅い人にも大きなストレスはありますが、そのストレスは長く続きません。



クリックすると元のサイズで表示します

Luminous 522さん

その人のことを知りその人に合った仕事を任せることです。そこにはいろんな側面があり、誰もが自分に合わない仕事をしていないとその人と同じように見られます。

これからの社会は自分に合う仕事をしていく社会になるでしょう。ただ、効率化、合理化を進めようとしているので便利だと思った世の中は非常に息苦しい、遊びも刺激もない社会になるでしょう。

多くの人が気づけばまだ止められますが、多くの人はただ流されるだけの人なので無理でしょう。

私たちは新しい初めてのことに直面しています。流される人は流され、そうでない人は驚くような世界に入っていくでしょう。乗り越えるときに少し恐怖を伴うかもしれませんが、勇気をもって行きましょう。大丈夫です。

私は何とか生きています。


美〇さん

届いていますよ。自分が受け入れて乗り越えると新しい世界が見えてくるはずです。何か当院で企画したいと思います。皆さんが持っている情報を持ち寄ってお話しする会と私の復帰記念会(自分で企画するのもなんですが)

一品持ち寄り、飲み物持参、情報持参、当院にて。またインフォメーションします。
体調をみながらなので実現できるかわかりませんが。

まあ、週に4日くらいは元気なので。
13

自分の中に存在する傷ついた内面の子供  メンタル


自分の中に存在する傷ついた内面の子供

子供の頃、わがままや甘えを解消出来なかった人は自分と言う存在を失い常に不安と恐怖の中に置かれる。

不安と恐怖は根源的な本能であり、ここが極端に発達することになる。

この不安と恐怖に支配されている人は本能に振り回され思考より反射神経の部分で生きることになる。

あらゆることはすべて不安と恐怖であるため、毎日がサバイバルとなる。

自分の周りは敵しかおらず、良好な人間関係を築くことが出来ない。

友人もおらず、自分の好きなこともない。そして、そのまま大人になる。

心の中は5歳児の傷ついた子供であるが、見た目は大人で社会的には大人として見られる。

今更、子供として甘えやわがままはもはや通用しない。

このような人は、わけのわからないイライラや不安と恐怖で悩まされる。

この世はまさに地獄となる。

だけどその原因がわからない。もしあなたが、それは自分の内面に存在している傷ついた子供の自分であることに気づいたとしても、それは本能で有る為、思考の部分で本能的反射に抵抗することは出来ない。

表向きは大人の振舞いはできるが、根本的に人との感情的交流、安心感を経験したことがないので実際は体験できない。

そして、5歳児の自分は傷ついたまま地獄の中で生きていくことになる。

甘えを解消出来ている人は、生まれた時から天国は約束されている。解消出来ていない人は生まれた瞬間から地獄が始まる。

天国と地獄はこの世に存在している。

この世が地獄になっている人には共通点がある。

家族が壊れている。常に恐怖と不安の中にいる。友達がいない。自分以外に興味関心がない。常に社会を批判的に見る。いつも欲求不満でイライラしている。ストレスに弱い。キレるか落ち込みやすい。自己肯定感が低い。傲慢。熱しやすく冷めやすい。何事も続かない、常にネガティブ、変化に弱い、共感能力が低いなど。

しかし、気づいた人は何とか自分を変えようとする。しかし、前述した通り本能なので傷ついた内面の子供を書き換えることが出来ないことに絶望する。

複雑な状態に陥る。

そして、誰にも助けられないし、理解してもらえない状態にさらに絶望が深くなる。

しかし、前に進むか、後退するか、立ち止まるかまたは…選択肢は限られている。

とりあえず生きているので、死ぬまで生きていく。選択肢はそれだ。

もしあなたの周りが情報にあふれているならば、考えないことも重要です。

過去を思い出しても苦しいならば掘り返さないこと。同じような悩みを持った人と関わらないこと。苦しくなるだけのこと。

悩みは苦しみは社会的な問題です。個人的な問題ではありません。
11

不安のメカニズム  メンタル

フムフムこれは超具体的に不安について記載されている。超良い本だ。


@今の状態を受け入れる
Aネガティブ思考を止める
Bがんばらない
C自分を決して責めない
D心と身体が軽くなるイメージをする(ふわふわと通り過ぎる)
E時間が解決するのを待つ



6
タグ: 不安 恐怖 ストレス

受容(受け入れる)  メンタル

忍耐やがんばりは自分自身に対する抵抗を意味し、受容する(受け入れる)ことは、抵抗せず力を抜く事を意味します。

あなたがシビアな状況であればあるほど、あなたはもっと力を抜いて、楽な姿勢や態度でその出来事を受け入れることが重要です。

7

超繊細の人々に知ってもらいたい事  メンタル

超繊細または発達障害などの人に知ってもらいたい事

第1に、あなたは何か悪いことはしておりません。

第2に、あなたが人より出来ないことについて自己否定する必要はありません。

第3に、出来ない事があるからといって生きていたらいけない、または生きていてはいけないということはありません。

第4に、出来ない事を責められることは非常に理不尽なことと認識しましょう。

第5に、例えそれが法的に遵守しなければならないことでも同じです。もしそのことで罰せられるとしたらもはや国家的暴力に過ぎません。

第7に、そういう事態が発生した時は弁護士を雇い徹底的闘いましょう。それは自分の尊厳を守るために重要です。

第8に、努力が足りないわけでもありません。あなたは十分すぎるほど努力をしています。

第9に、あなた達のような人間がいないと人間世界は弱肉強食の殺伐とした世界になるでしょう。

第10に、この殺伐とした世界であなた達の役割はかなり重要な存在となります。


13
タグ: HSP 発達障害




AutoPage最新お知らせ