鍼灸の誤解  鍼灸

鍼灸に対する誤解

患者さんの中で以前、どこかの鍼灸院で鍼灸をして痛みが悪化したことがあると言う人がまれに来ます。

悪化したことがあるのにどうしてまた鍼灸に来られるのかという疑問はありますが、まあ来てくれたのでその誤解についていつも説明します。

鍼灸で悪くなることはありません。というか逆に鍼灸でどうやって悪くすることが出来るのか知りたいくらいです。

もし、鍼灸で悪くすることがあるとすれば、それは鍼灸では無くて傷害罪です。それは鍼灸ではありません。

どんなに腕が悪い鍼灸師でも患者を悪くすることは出来ません。

それは何故かというとたった、0.12mm〜0.24mmの鍼を身体に刺して微小な炎症が起こるかもしれませんがそれが神経を断裂させるとか、副作用を起こすなどとはどうやっても有りえません。

身体に100本刺しても身体を悪くすることは出来ません。

鍼には副作用など一切ありません。

鍼は患者さんの身体を良くすることは出来ても悪くすることは出来ません。

腕の悪い鍼灸師とでも見当違いの鍼をしても、結局は嫌な物反射を起こして副交感神経を立ち上がらせるので消化、吸収、排泄、分泌機能が高まり、身体は治癒に向かいます。

ただ、経絡システムを知っていて感覚も鋭い鍼灸師と理屈はわからず感覚だけで鍼を刺している鍼灸師がるだけです。

ですから、問題の、例えば肩が痛いということに対して、経絡理論を駆使して鍼が打てる人は即座に痛みを取ることができますが、そうでない鍼灸師が鍼を刺しても肩の痛みは取れないだけであり、身体に害を与えるほどの作用が鍼灸にはありません。

つまり鍼灸には効果はあるが身体を悪くすることは一切出来ないということです。副作用は全くありません。

鍼灸の大家と言われる人々が、鍼灸には誤治(鍼をして患者を悪化させる)がある。というのは物凄い傲慢な驕(おごり)りです。

どこまで自分を天才にしたいのかわかりませんが、そういう人が大家です。

本当の大家はそんなことは言いません。彼らは本当にすごいです。やっていることはまさに奇跡的、魔法的、妖怪的です。

そこに身体を悪くする誤治など存在しません。効果があるか無いかそれだけです。

鍼で効果が無い場合は鍼では治りません。その場合は漢方や他の代替医療や現代医学など他の方法を探した方が良いという事です。

繰り返しますが鍼で身体を悪くする方法があれば教えて欲しいくらいです。

誤治などがあるという鍼灸家がいたら、即座に離れてください。鍼灸以前に傲慢で危険な人です。

鍼灸は薬ではありません。

鍼灸をした後に、その痛みがもっと痛くなることはあります。それは誤治などでは無く、生理学的な反応です。もしそれが東洋医学的、鍼灸理論的に治療法が適切でなくてもです。

昔はそれを当たりといったり、めんげん反応と言いました。せっかちな現代人は悪化したと言います。

現代医学的には好転反応とか、治癒反応と言います。しかし、現代医学の医者それさえも理解できません。いったい医学部で何を学んだのか僕は知りません。

では傷がどうやって治るのか、炎症とは何なのか。こういう知識が全く無いのです。

これは血流が悪い患部に、そこを治そうと血液が集まって来たときに起こります。

要するに鍼灸で血管が広がり血流が良くなる時に起こります。痛みは血管が広がるときにでる血管拡張物質プロスタグランディンによるものです。

痛んだ箇所が治癒する為には血管拡張物質であるプロスタグランディンが生成されないと治りません。

多くの人は痛みがそのまま治ると言う経過を辿りますが、非常に患部が悪い人はこの反応が強く出て、一旦、悪く見えることがあります。

それをめんげん反応とか好転反応とか言うのです。

この言葉は現代医学の先生は生理学を学んでいるにも関わらず、まったく理解していません。

ですから鍼灸で治らないということはあっても悪化する(させる)ということは出来ません。

下手な鍼灸師でも患者を悪化させるなどということは決して出来ないのです。

僕の治療院では、もし良くならないということがあればどこまでも結果がでるまで無料で治療します。

金儲けが僕の治療方針では無く、良くすることが方針です。

それでも良くならないときは、鍼灸では良くならないということです。

その後、どうされるかは僕の関与するところではありません。もっと腕のいい鍼灸師のところに行くか、他の代替医療を選択するか、現代医学を選択するか。

だから鍼灸にメリットはあれどデメリットは一切存在しないということです。
1

鍼灸はミラクル  鍼灸

患者さんが来た。肩が痛くなり1ケ月経つという。自然に治るかと考えていたが最初の頃より悪くなり、肩が挙がらなくなったと言う。

私は診て、聞いて、尋ねて、触って、痛みの場所を確認する。

それは大腸経という気の流れる経絡の場所にある。

肺経か大腸経か胃経か腎経、脾経、肝経も考えられる。

私が使用する鍼の大きさは0.14mm〜0.24mmである。

鍼灸を知らない人はわからないと思うが、鍼灸は本当に奇跡的だ。

この鍼先のたった一点、わずか0.14mm〜0.24mmのピンポイントで鍼を刺す場所がわかれば、

痛みが瞬時に取れて、肩は挙がるようになる。

この時は、胃経(胃の経絡)に気の詰まりがあった。その一点を見つければ、もう治療はお終いになる。

だから肩が痛いのだが、鍼を刺す場所は下肢〜足首であり痛む場所とはかなり離れており、一般的には全く関係ないと思われる場所になる。

しかし、鍼灸医学的には理論的にそうなっているのがすごいことである。

これは科学的に未だに解明されていないが鍼灸医学的には解明されているのでそんなことはどうでもいい。

目の前で痛みは取れて、肩は挙がる。

それは本当に奇跡としか言いようがない。

私は臨床18年になる。毎回、奇跡的なことが起こると感動する。もちろん、毎回そのようなこと必ず起こるわけでは無い。しかし、毎年、その精度は確実に向上していく。

人体のシステムを古代の医学は知り尽くしている。あとはそれをどう解釈し、理解し、経験を重ね、感覚を研ぎ澄ますか。

これは経絡を知らないと出来ない。身体には大きく14の気の流れる経絡(けいらく)がある。それ以外にもある。

この経絡について学ぶのは鍼灸師しか存在しない。鍼灸師は国家資格である。

気の流れるルートを国家資格として学ぶのだ。これは結構面白いことになっているなと私は思う。

科学的には存在するかどうかわからない気の流れるルートが国家資格で有り、鍼灸師以外は学ばないということだ。

だから鍼灸師がいなくなれば、誰も経絡を学ばないということになる。

全ては一点に集約される。
8

花粉症の鍼  鍼灸

花粉症
目と鼻の症状の鍼
#花粉症 #鍼灸治療 #都城鍼灸 #吉田鍼灸指圧治療院 #南横市

クリックすると元のサイズで表示します
3

鍼を打つ人  鍼灸

昨年4月に身体を壊し死にかけて7月末まで入院しました。
身体を壊してからいろんなことに気づきました。それまでどうやって生活しようか。妻と大学生2人に高校生一人いていかに生活を維持するか。自分だけ頑張っていると錯覚していました。
そして長期入院、もう終わったと思いました。しかし、それは錯覚で妻と子供たちは完璧に僕を支えてくれました。
そして昨年の9月から鍼灸院を再開しました。週に3日だけの診療です。収入は激減しました。もういつ行き詰るかという状態です。これで子供たちは大学を高校を退学しないといけない状態になるかもしれないと深刻に考えていました。子供たちに恨まれるかもしれないと。
しかし、実際は違ったのです。それは僕の思い込みでした。それよりも子供たちも妻も僕のことを最優先に考えていたのです。
今も週に3日しか鍼灸院は診療をしておりません。以前のように休み無しではありません。講演に飛び回ったりということもありません。
もうそんなことはどうでもいいのです。
僕は収入は激減したけれど有り余る時間を手にしたのです。さらに鍼灸師として患者をじっくりと診療できるようになり、以前のように追われている感じが無くなりました。
おそらく以前より僕の鍼灸師としてのレベルは確実にアップしていると思います。そこにあるのは経営では無く、治療家としての本来の僕でした。
わかるようになったのです。それまで積み上げてきたことは全く無駄では無く確実に僕の中に蓄えられており、まさにそれを実現することが出来るようになっていたのです。これには私の親友であり、鍼友である桑原さんの存在があります。
彼とは会った時から意気投合そしてお互いに情報を交換していました。
彼が僕の能力を引き出してくれたのです。そして素晴らしい奥様にも感謝です。
そして今そのことが活用できるようになりました。確実に結果を出すことにこだわり鍼を打てるようになりました。
気の流れがわかるようになったのです。僕が治療する時に探偵の様にしばらく考え込んでいることがあるのはどこに問題があるか、じっくり気の流れと詰まりを見ている姿であり、困っているわけではありません。
そしてその場で治療結果に徹底的にこだわっているのです。
気の詰まりを見つけ、それが確実にそこだとわかり鍼を打った後、僕が治療中にネットを見たり、本を読んだりしているのはサボっている訳ではありません。
鍼を打った時に勝負が決まれば、治療は鍼と灸に任しているのです。
古代から伝わる経絡のシステムに今更ながら驚きを感じます。鍼灸学校の先生で素晴らしい臨床家であったT先生が、鍼は最先端の医学だと言って見学に来た高校生に失笑をかっていましたが、その言葉に僕はその通りだと今深く同意します。
おそらく現代では量子力学で一部説明はつくと思いますが、それを超えているのが鍼灸の世界だと思います。
今、僕には時間の概念がありません。何しろ仕事は木金土の3日間であとは全くフリーだからです。
収入的には生活は無理だと言うかもしれません。実際にそうです。でも僕の今の考えでは、収入に生活を合わせればいいと思っています。
今の僕には何も欲しいものは無く、最低限のことで満足しています。何かセミナーを受けようとも、何か団体に所属しようとも思いません。毎日満足しているのです。
怪我の功名と言いますが、本当に深刻な状況にならないと人間は生き方を改めることが出来ないのだろうかと考えます。
これからも困難は予想されますがおそらく治療院はどんな状態でも続けると思います。何故なら僕は鍼灸が大好きだからです。
16

健康を保つのに最も大切なこと  鍼灸

東洋医学的に健康でいるには、または病気を治すにはあまり難しくないのです。
まず人は両親から先天の気をもらって産まれてきます。この先天の気は腎に宿ります。
先天の気を東洋医学では素因といい現代医学で言うと遺伝DNAになります。
先天の気は生まれ持ったその人の体質になります。
その後、天空の気を呼吸として体内(肺から気を循環させる)に取り込み、水穀の気を体内(脾:胃で気のエネルギーを創り出す)に取り入れ生きて成長していくことになります。
ですから生まれてから身体を健康に保つには、綺麗な先天の気(空気)、とミネラル(塩など)と水と添加物や農薬で汚染されていない飲食物、水穀の気(水と食べ物)を取り入れていれば病気になりません。
現代においては、先天の気(遺伝)天空の気(空気、大気)水穀の気(飲食物)のすべてが汚染されています。
先天の気は変えられませんが、天空の気と水穀の気は自分で選べます。
そうすれば病気は治り、健康でいられます。
ちなみにマスクは天空の気の取り込みを阻害します。全身の気がうまく循環できなくなり元気が無くなります。肺に対応する臓腑は大腸です。大腸の働きも弱まると粘膜が保護できず、消化機能が弱まり体内に必要のないものまで取り入れてしまうことになります。
現代医学的に言えばリーキーガット症候群(腸漏れ)です。
肺は皮毛を司り、肺の気は衛気(体表を守る気)として身体を包んでいますが、ここが大腸から損傷し皮膚まで気で養われなくなるのです。
つまり、天空の気が不足し、肺で気の循環が出来なくなり、その陽の腑である大腸の消化機能が上手くいかなくなり解毒できず皮膚から漏れ出すことになります。
ですからマスクで呼吸機能も衰えるとともに、消化機能も衰え皮膚に病変が出来る。
もちろん呼吸器疾患、消化機能疾患、皮膚疾患その他が考えられます。
東洋医学的概念と現代医学的概念は違うのでなかなか同じように説明できませんが、天空の気を大切にしてください。
尚、やむを得ない措置として、マスクよりもフェイスシールドの方が呼吸を阻害しません。
大切なのは
天空の気(空気、大気)
水穀の気(飲食物)
です。

おそらくコロナが減りワクチンが普及した時には、マスクでは無くフェイスシールド、マウスシールドに切り替わると思います。


ぎっくり腰の鍼

今度の診療日は
2月11日(木)12日(金)13日(土)です。
吉田鍼灸指圧治療院
0986−23−8531
※現在指圧は行っていません。

クリックすると元のサイズで表示します


長男にお父さんこの絵いいねと言われたので、当院に来られた人には私の絵のはがきを差し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
6

たまには鍼灸の記事を  鍼灸

右目まぶたの痙攣

クリックすると元のサイズで表示します

右肩甲骨間部の痛み
クリックすると元のサイズで表示します

右の腰痛
クリックすると元のサイズで表示します

これも右腰の痛み
クリックすると元のサイズで表示します

いずれも痛いところから離れたところへ鍼や灸をしています。

いつもそうとは限りません。痛いところに行う鍼灸もあります。

鍼灸師は探偵の様です。東洋医学の理論と経絡(気の流れるルート)さらに想像力が必要です。

従って、同じ部位の痛みであっても鍼や灸を行う場所は無限に存在します。

もちろんどこに刺してもいい訳では無く、刺す場所を特定しても刺す人によって結果が出たり出なかったりします。

重要なのは理論と想像力を働かせてここで間違いないと言う確信があるかどうかと言うことです。

鍼灸はとても面白いのです。それは無限の方法があるので科学的に答えを導くことは不可能です。

今、鍼灸師を目指しているが少なくなっている様に思います。さらに科学的な現代医学的な鍼灸もありますが、それは見た目は同じでも古代から伝わる鍼灸とは全く別のものです。

科学的な鍼灸には無限の方法は存在しません。

全く別のものと考えて下さい。

尚、別のものとして科学的鍼灸があっても良いし否定もしませんが、

一緒に考えない様にして下さいね。
4
タグ: 都城鍼灸  

肘の痛み  鍼灸

今日来られた患者さん。左ひじが痛くて曲げられないとのこと。

鍼をある場所に2本入れた時点で治療は終了。肘を曲げられる。

今まで多くの患者を診るのに必死だったが、今は患者が激減したので、じっくり見極められる時間が増えた。

僕は鍼を今まで面白いと思って打っていただろうか。

患者は少ない方が僕にとっては良いようだ。

生活は困るけど。生活を収入に合わせればいいのだ。もう欲しいものもほとんど無いしな。
5




AutoPage最新お知らせ