治癒とは  医学情報

※あくまでも個人的感想です。そして私は治療家です。

僕は子供のからの慢性気管支炎(喘息)40数年来苦しんだ。

しかし、完璧に治癒した。もう気配すら無い。喘息の治し方はあります。でもそれは治療家は言ってはいけないのです。

医者に話したところ、お医者様は、喘息が治ることはあり得ないので寛解状態でしょう。治ることはありません。

と笑いながら言われた。

お医者様の仕事は病気を治すことではなく、改善、寛解させてあとは薬物で維持するのが目標です。病気を治すという概念はありません。

辞書のように分厚い、医療診断学、今日の医療指針にも治癒の概念は記載しておらず、大学の医学部でも治癒は学びません。

そもそも治癒は存在しないのが現代医学です。

さて、私の経験では長年の喘息も治癒する時は、一瞬です。

あっけないほどです。治療家としての見解を述べると問題があるので、このような個人的感想しか言えません。

それがこの国のルールです。治る方法を、治療家が発言してはいけません。

もちろん医師もです。医師の場合、標準的治療を行っていますと言えます。

鍼灸師は国家資格にもかかわらず、医療からは外れており、概念としては”医療類似行為”というところに存在します。

”医療類似行為”とはどういう意味でしょう?

ですから医療関係者といった場合。鍼灸師は含まれません。

伝統的医術であるにも関わらず、国家資格で学校では現代医学を学んでいるのに(国家試験の内容はほぼ現代医療)おかしな位置づけなのです。

一昔前は、鍼灸や漢方はれっきとした医療でした。それも何千年というスパンの医療です。いや医術と言いなおさなければなりませんね。

まったく中途半端な国家資格です。国家資格は形骸化して、民間資格となんら差異はありません。

国家資格の意味が失われています。
5

末期の肝臓がんの症例  医学情報

末期の肝臓がんの症例

今年の初めからから診ている患者さん。

病院でもうダメだと言われていた。

そして肝臓を切り取る手術と抗がん剤を繰り返しどんどん弱っていた。

私の治療とアドバイスで、それを家族で実行してもらい、ほぼ腫瘍マーカーなど数値は改善し、医者から問題ありません。身体はとても綺麗ですと言われた。

そして、明日から海外の長期旅行に行く。楽しんで来て下さい。




それから、6月21日(金)自律神経の話しがあります。

午前10時からです。

参加費は3500円です。

当院に申し込んで下さい。

   0986−23−8531
   yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp

情報を見つけられないという問い合わせがあり、確かに発信不足です。すみません。

お会いできるのを楽しみにしています。


じっくり治療院に来られてください。良くなる為の情報が多すぎて短期間では伝えきれないのです。あきらめないで心配しないで下さい。大丈夫。大丈夫

5
タグ: 自律神経 鍼灸

今の時代だからこそ”お灸”です  医学情報

小学生の頃、気管支喘息で呼吸困難になり死にかけた。

小学生の時にコンセントに針金を指し込み気を失った。

中学生の時に自転車に足をはさみギブス生活をした。歩けない不便さを知った。

大学時代バイクレースで曲がり切れずに縁石に激突し死にそうになった。

同じく大学時代スクーターで転倒し、血だらけになった。

会社員時代に激務で身体も心も壊し、1年半休職した。

この時は自殺することばかり考えていた。気が狂いそうな時間だった。

この時はパーキンソン病と言われた。

そして今、治療家である。

今は鍼灸がある。

私はこの自分で対処する方法の無い現代。お灸を普及させたい。

昔は家庭でお灸をして病気や様々な体調のトラブルを解決していた。最初に病院、薬では無く。お灸や鍼(はり)、薬草など様々な智慧があり、自分で対処する力を持っていた。

今こそ自分で対処する力が求められている。自分で何も出来ないということはただコントロールされる側になるだけのこと。

そこには安心はあまり無いだろう。

お灸に来られて見て下さい。お灸をしてみて下さい。そのパワフルさがわかると思います。

こんな時代だから、もぐさの香りとその熱感のエネルギーを感じてみて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します


※これは治療では無く、こういう種類がありますよと短時間で映像化したものです。


そして、「驚異の潜在能力メソッド」もその自己対処法の一つである。これは次元を超えています。

6月度講義、まだ間に合う。ぜひ獲得を!

「驚異の潜在能力開発メソッド」6月度 https://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1772.html

コメント

きるふぇ
2019/6/11 12:24
子供の頃に虫垂炎をお灸で治してもらった感動は忘れられません。
今は海外で生活しているので、言葉の壁があるため、出来るだけ病院にかかりたくないと思い、ちょっとした不調はネットで調べてツボを押してみたり、吉田先生のテキストを参考にしたりして、過ごしています。イスラム教徒なのでお酒を飲まないのも身体に良いと思っています。
掲載してくださった動画、何度見ても良いですね、背中から温まってきます。


返事

虫垂炎をお灸で、素晴らしいです。お酒も飲まない方がいいです。言葉の壁は大きいです。そちらにはお灸は売っていませんよね。動画を見て暖まって下さい。ありがとうございます。
4
タグ: お灸  もぐさ

「驚異の潜在能力開発メソッド」6月度   医学情報

嬉しい報告です。

以前受講された方からの報告

ほぼ完全に完治状態を保っています。このメソッドをきちんとこなした結果です。

「驚異の潜在能力開発メソッド」のBefore→Afterです。女性:この方は長年、手の湿疹に悩まされてきました。2月9日に当院で受講され、その約2週間後の変化を報告して
頂きました。この方から、人生を棒に振るところでしたおかげさまで良くなりました。感謝していますとコメントをもらいました。

これは私は方法を伝えただけで、本人に自ら実践して貰った結果です。これが本来の治癒力です。もう少しで完全に治癒することでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、現在はこれだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、あなたにも起こることです。



さて、大好評の「驚異の潜在能力開発メソッド」の6月講義日程は以下の通りです。


【すでに受講された方、続けられていますか?もしそうでなければ、続けやすいようにフォローします。メソッドのフォローは6月23日(日)午前の部:10時〜 午後の部:14:00〜 です。費用は5000円/人になります。大切なことです】


1.日時:6月15日(土) 午前の部 10:00〜
            午後の部 14:00〜 

2.参加費:2万円/人

午前の部も午後の部も内容は同じです。
 
3.場所:吉田鍼灸指圧治療院

申し込みは、yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp

もしくは0986−23−8531へ

皆さんのご参加楽しみにしております。


”疲れにくくなった。花粉症が軽くなったとの感想を頂きました。このメソッドは3つの部分から構成され、いずれも強力です。私がお伝えしたのは、基本的なことであり、あとはご自分でストレスにならないように調整して下さい。”



確実に体感できます。一度獲得すればあとは自分でアレンジして下さい。


潜在能力開発メソッドで確認されたこと
・不整脈が一分間に80以上だったのが、2くらいになった。84歳男性
・手の指の関節が痛かったのが3日でとれた。60代女性
・長年の慢性気管支炎(喘息)の発作が無くなった。40代男性
・慢性の便秘が解消した。50代女性
・甲状腺機能低下症が血液検査で正常になり、薬を必要としなくなった。80代男性
・慢性的な疲れが無くなった。50代女性
・血圧が180以上あったのが3日目から113/70付近で安定した。50代女性
・手の湿疹が治った。50代女性
・長年の水虫のかゆみが止まった。40代女性
・気持ちが安定してきた。30代女性

まだまだあります。

「驚異の潜在能力開発メソッド」
https://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1695.html

これは究極の方法であり
出来れば一人で受講では無く、受講仲間がいるとより理解が広がるのと、心強いと思います。

私も出来るだけ多くの人に一度にお伝えできます。一回身につけると一生使えます。難しくはありません。

クリックすると元のサイズで表示します

ぜひ、皆さん、獲得して今後の人生を豊かにしてください。

1.日時:6月15日(土) 午前の部 10:00〜
            午後の部 14:00〜 

午前の部も午後の部も内容は同じです。
 
2.場所:吉田鍼灸指圧治療院

申し込みは、yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp

もしくは0986−23−8531へ

皆さんのご参加楽しみにしております。


https://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1692.html



「自己中心論」と「テキスト」好評です。必ず皆さんの役に立つものと確信しています。


「テキスト」および「自己中心論」

「自己中心論」ぜひ手に入れて下さい。


「テキスト」具体的に実行できる実践編で、「自己中心論」はもっと身体と心と私達の世界についてもっと深く理論的に説明してあります。ですから、「テキスト」を補完するものが「自己中心論」となっています。各1冊でも良いですが、両方あるともっと理解が深まるかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


入手希望の方はご連絡下さい。

電話 0986−23−8531
メール yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp


もしくは0986−23−8531 へお申し込みください。「自己中心論」「テキスト」各3500円です(送料込)

振り込み口座 
宮崎銀行 都城営業部
普通 
口座番号 167822
口座名義 吉田 純久


講演依頼は上記にお問い合わせください。

私への電話相談料は、一回3500円です。そのご30分経過ごとに3500円プラスです。
※無料の相談が多く対応が大変な為、ご了承ください。

Skypeでの対面相談もあります。より細かく対応できると思います。FacebookでのSkypeでもOKです。ただし、互換性の関係でできない場合があります、その場合はお電話をご利用ください。
Skype のアドレスはメールかお電話を頂いてからお伝えします。 料金は電話相談と同じです。

仕事中は受けられないことがありますので、必ず、予約のメールか電話を入れて下さい。

電話での予約  0986−23−8531
メールでの予約 yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp


真実を知りたければ、私のFacebook https://www.facebook.com/yoshida.yoshihisa をフォローするか、友達申請をして下さい。必ずメッセージを添えて下さい。
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/

遠方に行った時の治療代です。


治療代は 10000円/h です。(他、交通費、宿泊費が発生します。尚、この費用は人数が多いと人数で割ります)

遠方の場合、治療よりか、自分でセルフ治療ができるように、講義やカウンセリングが主となります。


私のYoutuybeもフォロー下さい。 https://www.youtube.com/user/dennderaryuu1/videos?view_as=subscriber


全ての皆様の幸せな一日を祈っています。







5

気の病に鍼灸  医学情報

令和という新しい時代に6月に入りいろんなことが大きく変化しています。この大きな変化を乗り切るには身体と心を整えることが大切です。

今後もこの大きな変化は続きます。何とか乗り越えて行きましょう。

鍼灸は身体にある経絡(けいらく)いうツボを結んだエネルギーの流れを良くします。

身体中に張り巡らされた経絡(けいらく)をエネルギーがスムーズに流れることで心も身体も整います。

このエネルギーを”気”と言います。この気の流れが不足したり、滞ったりすることで気が病む状態となります。これが”病気”です。

気が病むのです。




「自己中心論」と「テキスト」好評です。必ず皆さんの役に立つものと確信しています。


「テキスト」および「自己中心論」

「自己中心論」ぜひ手に入れて下さい。


「テキスト」具体的に実行できる実践編で、「自己中心論」はもっと身体と心と私達の世界についてもっと深く理論的に説明してあります。ですから、「テキスト」を補完するものが「自己中心論」となっています。各1冊でも良いですが、両方あるともっと理解が深まるかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


入手希望の方はご連絡下さい。

電話 0986−23−8531
メール yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp


もしくは0986−23−8531 へお申し込みください。「自己中心論」「テキスト」各3500円です(送料込)

振り込み口座 
宮崎銀行 都城営業部
普通 
口座番号 167822
口座名義 吉田 純久


講演依頼は上記にお問い合わせください。

私への電話相談料は、一回3500円です。そのご30分経過ごとに3500円プラスです。
※無料の相談が多く対応が大変な為、ご了承ください。

Skypeでの対面相談もあります。より細かく対応できると思います。FacebookでのSkypeでもOKです。ただし、互換性の関係でできない場合があります、その場合はお電話をご利用ください。
Skype のアドレスはメールかお電話を頂いてからお伝えします。 料金は電話相談と同じです。

仕事中は受けられないことがありますので、必ず、予約のメールか電話を入れて下さい。

電話での予約  0986−23−8531
メールでの予約 yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp


真実を知りたければ、私のFacebook https://www.facebook.com/yoshida.yoshihisa をフォローするか、友達申請をして下さい。必ずメッセージを添えて下さい。
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/

遠方に行った時の治療代です。


治療代は 10000円/h です。(他、交通費、宿泊費が発生します。尚、この費用は人数が多いと人数で割ります)

遠方の場合、治療よりか、自分でセルフ治療ができるように、講義やカウンセリングが主となります。
3
タグ: 経絡 気の流れ 鍼灸

Never allow anyone  医学情報

Never allow anyone to tell you that your illness is incurable simply because it is chronic or severe. no matter what that illness may be! this mental strength is incredibly important in terms of the decisions you make regarding your treatment, particularly when it comes to making the conscious decision to turn away from counterproductive treatment options as early as possible. Further damage to the immune system, injuries caused by unnecessary operations, and weakness resulting from them, can quickly make an illness life-threatening.

The DMSO Handbook



拍手コメントの方へ

関之尾、そのうちタイミングが合うでしょう。気持ちがいい場所ですね。
7

今こそ鍼灸の時代  医学情報

今こそ鍼灸の時代 ※長いですがぜひお読みください。

クリックすると元のサイズで表示します

人々は痛みに弱くなり、あらゆる痛みを避けるようになった。その結果、あらゆる痛みから逃れることばかり考えるようになり、それが生きる中心となり、痛みを恐れて恐怖心が増大している。

この恐怖心が拡大し、痛みを知らない人が人を傷つける。やがてそれは私たちを分裂させ、葛藤を生じさせ、ひいては身近な諍いから悲惨な紛争や戦争にまで発展する。

痛みに対する恐れは、妄想を生み、人々は安全、安心の名のもとに自由を引き換えに差し出す。

身近なところで考えてみて欲しい。この日本で夏になると繰り広げられる“熱中症”の宴。それは温暖化がもたらしたことだと言う。

そうだろうか?

昔も夏は暑かった。冬も寒かった。嫌、むしろ昔の方が暑かったし凍えるように寒かった。何しろエアコンなど無かった。学校は木造で暖房器具は無かった。

そういう生活をしていたのだ。その頃、アトピーや喘息や、発達障害やひきこもりなど圧倒的に少なかったし、熱中症など本当に稀であった。冬でも半袖、半ズボンで過ごす子供も多かった。休み時間には男子も女子も裸になり、乾布摩擦をした。

中学生の頃部活をしている時などは、炎天下で水を飲まずに5時間ほど鍛えられた。当時は水を飲むのは根性が無いと思われ、精神を鍛える一つの手段だった。それでも、熱中症など滅多に聞いたことは無い。

今は絶対にしない“うさぎ跳び”を一生懸命した。誰も膝など壊さなかった。

昔は当たり前で何の問題も無かったことは枚挙に暇がない。インフルエンザなどもそうだ。インフルエンザの予防接種や抗ウィルス薬などなかったし、診断もできなかった。

誰も問題が無かった。インフルエンザで異常行動など聞いたこともない。

みんな忘れてしまったようだ。今はコントロールされた幻想が支配した世界。なぜか皆さん従っているのだろうか。

子供たちも大人もエアコンと気密性の高い建物により寒暖の差から守られ、柔らかい食べ物を食し、快適に生きていると勘違いしている。

人間の機能を失っていることに気づかない。寒い時や暑いときにはその環境に耐えられる身体に適応させる。しかし、今は産まれた時点ですべての環境はコントロールされるため、体温調節能力を失う。

使わない機能、器官は使えなくなるのがこの世界の法則である。

体温調節能力を失うということは人間の最も大切な機能である代謝が低下するということである。体温が低いと代謝がうまくいかない。65兆個すべての細胞がミネラルと酵素により代謝を行っている。酵素は体温に依存している。

ここがうまく働かないとすべての機能が低下する。そうすると不定愁訴だけではなく、あらゆる病気になり治りにくい。

現代においてはどこもかしこも密閉性の高い建物と冷暖房が完備され、固い歯ごたえのある食物もなく、運動もほとんどせず、学校も冷暖房完備となり、大人も子供ももはや環境に適応できる身体を失っている。

最近では熱中症が多くなり、運動会を5月の涼しいうちに行う学校も増えており、しまいには運動会を午前中で終わらすか、運動会そのものを無くそうということになりつつある。

学校から行事が減る日は近いと思う。アレルギーは蔓延し、学校の給食の存続も危うい状態である。

昔は真っ黒に日焼けして、虫歯の無い子が“健康優良児”として表彰されていた。色白の子は病気ばかりして“もやしっ子”と言われた。現代においては、日焼けは危険であるとして、日に当たらないことを推奨している。

太陽の恵みはいらないのだ。

結果として、皮肉なことに“もやしっ子”だらけとなり、アトピー、喘息、無気力、風邪をひきやすいこどもが蔓延している。すべては低代謝がもたらした問題である。
相変わらず、日焼けした色黒の子供には、喘息もアトピーもほとんど無いのに、紫外線を避けるという愚行を行っている。生命の本質を忘れたのだろうか?目の前でみていることより、試験管でのできごとを信じるほうが科学的だと思い込まされている。どうやっても良くならないのに面白いことです。

子供を快適に育てることは、子供にとって必ずしも快適ではないということに気づかないばかりか、過保護すぎて籠の鳥のような子供を育てることが大切だと思い込んでいる。

実際は、一生籠の鳥として子供を育てるわけではく、大人になればいやがおうにもサバイバルの過酷な環境が待っている。多くの子供たちは適応できず嫌なことからすぐに逃げ出し、社会的不適応状態の大人が増える。

親がしないといけないのは、いかに子供たちが持っている本来の人間的機能を高めるかということであり、簡単に言うといかにタフに育てるかということに尽きる。

とはいうものの現代の恵まれた状況でタフに育てるタイミングは非常に少ない。

その一つの方法として、鍼灸の刺激というのはかなり有効なものだと確信している。身体に一時的な負荷をかけることにより、その反応を利用し、身体の機能を取り戻せる。

つまり、一時的に不快な刺激(チクッとした痛みや熱い痛み)を与えることによって、その後の副交感神経機能を高めようということである。緊張と緩和である。

この一時的に作られた刺激が自律神経に揺さぶりを加え、最後にはリラックスにいたる。副交感神経機能(消化・吸収・排泄・分泌)が高まれば、ほぼ様々な問題は解決できる。

副交感神経機能を高めるには、交感神経を刺激し緊張させることにより反射として緩和(副交感神経:リラックス)がもたらされるのである。

多くの人にとって、持続的な緩慢なストレスがあり中々リラックスができない。そこに一時的な短い痛みを与えることによってリラックスがもたらされる。これは自律神経を鍛える意味で物凄く効果的な方法である。

もちろん鍼灸の効果はこれにとどまらず、ヨモギからつくられた“もぐさ(お灸)”の成分(精油成分など)が皮膚から吸収され、リンパ系から血中に入り免疫力を向上させる。

ヨモギはハーブの王様であり、あらゆる状態に使用できる。

子度の頃、セルフケアとして自宅でお灸をしていたころ、子供ながらに何故こんなに痛いことをしているのか不思議でしたが、お灸が終わった頃にその答えは判明しました。

グーッと我慢していたおばあちゃんが、お灸が終わった頃にはこう言うのです。

“あー良かった”

その言葉は衝撃的でしたが、今は良くわかります。痛みを超えた後には、安らぎが待っているのです。鍼灸のいいところは、一時的なストレスを与えることにより、リラックスをもたらすのです。

多くの皆さんのストレスは慢性的で持続的ななかなか去らないストレスです。それはなかなか解消できません。でも、ストレスを短時間、一時的に与えることにより、困難緊張を一瞬で緩め、しかもその副交感神経刺激がその後もゆったりと続くということです。

このように身体の機能を呼び起こす鍼灸を今だからこそ生活に取り入れて、環境の変化にタフで反応できる身体を作り上げることが重要だと思います。

自分に自信がつくので心も強くなります。

子供たちに、お灸をすると最初は嫌がりますが、終わった後はニコニコです。それは困難を通り抜けたぞという達成感のようなものも感じます。

世の中の伝統的な生活を営んでいる人々は、大人になる前に儀式を行います。この儀式は大抵苦痛を伴うものが多いです。例えば、タトゥーを入れるとか、バンジージャンプを行うとか、身体に穴をあけて飾りをつけるとか、そこを通り抜けて大人として認められ、仲間入りするのです。

現代は、大人と子供の境界線が曖昧です。その結果、あらゆる面で心身とも弱くなっているようです。

鍼灸を生活に取り入れましょう。そして、タフな心身を手に入れ、あらゆる面で強くて心優しい人が増えることを願います。



卒業写真/松任谷由美 Cover

この歌は、胸が一杯になって苦しくなるので歌えなかったのだが、最近、なんとか歌えるようになった。
音楽と言葉の力は凄いですね。


8

The DMSO Handbook   医学情報

これは面白い。DMSO さらにMMSと一緒に利用する方法も記載されている。

Amazing!

できれば少しずつ内容を紹介してみたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します


拍手コメントの方へ

Kenta Hayashi 宮崎に来る予定があるとのこと。Liveを見に行ければいいな。
UFO面白いでしょう。そういうことです。

流れに身を委ねてください。逆らわず受容し手放すことが大切です。

4
タグ: DMSO MMS




AutoPage最新お知らせ