吾輩は猫である〜赤シャツ〜都城市民劇場  都城市民劇場

巨人、引力

「ケートは窓から外をながめる。小児が球を投げて遊んでいる。彼らは高く球を空中になげうつ。球は上へ上へとのぼる。しばらくすると落ちてくる。彼らはまた球を高くなげうつ。
 再び。
 三度。
 なげうつたびに球は落ちてくる。なぜ落ちるのか、なぜ上へ上へとのみのぼらぬかとケートが聞く。
「巨人が地中に住む故に」と母が答える。
「彼は巨人引力である。彼は強い。彼は万物を己の方へと引く。彼は家屋を地上に引く。引かねば飛んでしまう。小児も飛んでしまう。葉が落ちるのを見たろう。あれは巨人引力が呼ぶのである。本を落す事があろう。巨人引力が来いというからである。球が空にあがる。巨人引力は呼ぶ。呼ぶと落ちてくる」

 昨夜、都城市民劇場の例会があった。青年座の「赤シャツ」
夏目漱石の「坊ちゃん」にでてくる八方美人の教頭の「赤シャツ」を主人公にした演劇である。

マキノノゾミ氏の脚本である。ポスターにはこう書かれている。

”よしよし赤シャツ君よ、僕の芝居であんたをグッと男にしてやろうじゃないか”

 マキノノゾミ氏の目論見は見事に成功していた。八方美人で、世間体と体面ばかり気にして生きている嫌味なあの”赤シャツ”が最後にちょっとだけ男に見えた。芸者の小鈴の存在も大きい。赤シャツは結局自分が嫌いで仕方が無いのだと思う。体面をとりつくろいながら心が休まることがない。おおよそ、そこには感情というものが表出されない。だから、親しみが湧かない。友達ができない。そしていつも誤解される。
 彼を心底理解しているのは、お手伝いの”うし”だけである。うしの前では、本性をさらけ出せる。そこが彼の救いだったと思う。

 すべての人に内包する”赤シャツ”的なもの。なんだか親しみが持てる人物に見えてくる。

 そういえば、僕自身もとっても赤シャツ的だなと思った。世間体や体面ばかり気にしている。

 でも、最後は芸者の小鈴に救われる。女性は強いものだ。これで”赤シャツ”君はとっても男前になった。


 都城市民劇場は、この不景気を受けて、会員数を大幅に減らしている。地方にいながら、このような質の高い演劇を見ることができるのは市民劇場があるからだ。会員みんなで支えあうシステムにより運営されている。現在会員数は850名程度。採算ラインは900名位と思われる。今までプールした会費で運営しているらしい、このままでは恐らく、早かれ遅かれ破綻するものと思う。

 それはとても残念だ。一回劇場が解散すると復活は多分無理である。もう二度と出来ない。地方にいながらこのような質の高い演劇を見られなくなるのは、ここ都城にとってとても大きな文化的損失だと思う。このことは個人的には、経済的損失より大きな出来事になると思う。ここ都城の発展・繁栄は、文化的レベルの向上にあると思う。


 僕は絶対的に確信している。

僕は今まで、都城市民劇場をあまり積極的に宣伝して来なかったが、先日の例会「赤シャツ」を見て思った。

これが見られなくなるのは、とても残念なことだと。2ヶ月に1回の例会であるが、僕はいつも楽しみにしている。そこには、生きることの喜びや苦しみ、悲しみがあり、それを共有できる空間がある。生の舞台により、演者と観客のなんともいえない空気が会場に満ちていく。舞台は、観客も含めてきっと演者であり、みんながキャストなのだと思う。そして心が栄養で満たされる。

 都城市民劇場に入会しませんか?http://www12.plala.or.jp/beisun/

会費は2000円/月です。高校生以下は1000円。劇は2月に一回のペースであります。時間も日程も決まっています。時間が無いとか思っている方。時間は作らないとどんんどん無くなります。時間が無いから時間を作らないと、いつまでたっても休めませんよ。

演劇を見るととても元気になります。2月に一回くらいの時間は取れるでしょう。しかも前もって日程は決まっている。

ぜひ、入会して、心の栄養補給をしましょう。きっと良かったと思うと思います(変な文章ですね)

入会は、都城市民劇場へ
都城市民劇場事務局
受付時間:月〜金 10時〜18時
メールアドレス:kiri-bsn@sea.plala.or.jp

〒885-0072 宮崎県都城市上町14ー12
пi0986)21-8082
fax(0986)21-8088

市民劇場の魅力についてなら僕にもお尋ねください。きっと入会したくなります。

次回は俳優座で「リビエールの夏の祭り」です。それでは一緒に楽しみましょう。


 
6

さんしょう大夫  都城市民劇場

先日の、都城市民劇場例会 前進座「さんしょう大夫」は本当に素晴らしかった。次回の劇団NLTの「佐賀のがばいばあちゃん」も楽しみだ。
問い合わせは、http://www12.plala.or.jp/beisun/
都城市民劇場に入会すると観劇できます。一般販売はありません。
1

スキンタッチ(小児鍼〜鍼灸)は何故効果があるのか?  都城市民劇場

スキンタッチ(小児鍼〜鍼灸)は何故効果があるのか?

・人は、約60兆個以上(数えた人はいない)ともいわれる細胞の集まりである。
・ひとつひとつの細胞は私たちと同じように、呼吸・消化・吸収・排泄・分泌をおこなっている。
・全ての細胞は、血液で養われている。
・血液は細胞に新しい酸素や栄養を運び、細胞が呼吸や消化・吸収をした後の排泄物(老廃物)や二酸化炭素を運び去る。
・血液は、体温も運ぶ。
・身体中のあらゆる営みは、酵素反応である。
・酵素反応は、温度に依存している。(洗濯に使う洗剤や、皿洗いに使う洗剤で酵素反応を利用したものは、温水で力を発揮する)
・人体での酵素反応は、体温が適温である。日本人の体温(腋下温)は36.89±0.34度と報告されている。〜南山堂 医学大事典〜が現代では、
・体温が低い人が増えている(低体温 35度台)
・低体温の人は、酵素反応がうまくいかず不定愁訴をはじめ、様々な病気になりやすい。
・遺伝子は細胞の核の中に染色体として存在する。
・遺伝子の発現は酵素反応による。
・遺伝子が正しく働くには、細胞に血液がこないときちんと働かない。
・遺伝子は、タンパク質を合成する。
・身体はタンパク質で造られる。
・約38億年前に誕生した生命の連鎖が私たちである。
・時間の流れ、命の連鎖から考えると、遺伝子は簡単に間違えることは無い。
・ホルモンの分泌、免疫、酵素反応すべての細胞の営みは、血液に依存する。
・細胞の集合体が私たちである。
・血行が悪いと、細胞が正常に働かず、遺伝子も間違える。遺伝子が間違えるわけではない。
・病気とは、血行が悪くなり、細胞に老廃物が溜まり、細胞が疲弊していくことである。
・病気とは血液が細胞に供給されず、酵素がうまく反応せず、遺伝子働かず、異常なタンパク質が合成されてしまうとこある。。
・健康とは、60兆個以上の細胞全てに血液が滞り無く、行き渡り、全ての細胞が正常に働いている状態で、ほとんど奇跡に近い状態のことをいう。
・健康とは、調子の良いときと悪いときの幅が狭いことをいう。

・自律神経が失調した状態とは、交感神経と副交感神経がバランスを失った状態である。
決して”気のせい”ではない。
・交感神経の働きは、血管を収縮させ、血圧を上げ、脈拍を増やし、活動に適した身体にすることであり、お仕事をしたりする時に働く神経である。”エサ摂りの神経”とも言われる。
”闘争か逃走か”という緊急事態やストレス状態にも働く。
・副交感神経の働きは、消化・吸収・排泄・分泌である。従って、”休息の神経”とも言われる。
・副交感神経とは、腹部内臓神経のことである。
・自律神経とは、胃腸そのものの働きを指すと考えても良い。
・自律神経はこの交感神経と副交感神経が交互にバランスよく働くことにより、健康を保っている。活動と休息がうまくいくと健康でいられる。
・具体的には、昼間は、交感神経が働き、夜間は副交感神経が働く。ストレスを感じると、交感神経が働き(心臓がドキドキし)、ゆったりとしていると副交感神経(休息)が働く。
・季節でいうと、春は、交感神経から福交感神経へ変化する時、夏は副交感神経優位、秋は
副交感神経から交感神経へ、冬は交感神経優位である。
・一日でいうと、朝は春、昼は夏、午後は秋、夜は冬である。
・交感神経が働くと神経の末端から神経伝達物質、アドレナリンが放出される。アドレナリンを受けて免疫細胞である白血球のうちの顆粒球が増える。
・顆粒球は細菌を食べるありがたい細胞だが、増えすぎると、粘膜、関節、腱、筋膜で炎症を起こす。
・副交感神経が働くと神経伝達物質のアセチルコリンが放出される。アセチルコリンを受けて、白血球のうちのリンパ球が増える。
・リンパ球は顆粒球が処理できない、微細なウィルスなどに対して抗体をつくり、処理する。
増えすぎると、反応しなくていいものまで反応し、アレルギーを引き起こす。
・ストレスで顆粒球は増える。
・口内炎や帯状疱疹は、顔面神経麻痺、三叉神経痛は免疫力の低下したときになる。
・免疫力が低下した状態とは、ストレスで顆粒球が増え、リンパ球が減少した状態である。
・胃潰瘍は、ストレスでなる。ピロリ菌ではない。ノーベル賞は間違いである。
・ゆったりしすぎるとリンパ球が増える。
・リンパ球が優位である状態が免疫力が高い状態である。
・病気は”木の芽どき”の春先に、悪化する。この季節は、交感神経から副交感神経にシフトする時期で、排泄現象が盛んになる季節である。排泄するものが多い人は、症状がたくさん出る。
・高血圧は、病気ではなくストレスでなる。
・先天性の病気以外の病気は、全てストレスで発生(発症)する。
・朝の3時〜5時の時間帯が、一番気温が低下する。
・人間の体温もこの時間帯が一番低い。だから、冷えて問題の起こる時間帯である。
・ほとんど全ての、生きているものは全て温かい。生き物は温かいのが当たり前。
・冷えているものは死んでいる。
・温泉に入ると良くなるが、本当に冷たい水だけに浸かって良くなるものはいない。
・温かいと”ほっ”とするが、冷えていると心も冷える。
・白血球は、36.7度以上の体温で機能を発揮し、38度から39度の高熱で力を発揮する。
・細菌、ウィルス、ガン細胞は高熱に弱い。
・人は、皮膚で外の環境を感知し、身体の内部環境を正常に保つ。ホメオスタシス(恒常性の維持)を行う最前線。ちなみに胃腸は身体の外である。口から肛門までは皮膚と同じ外。ドーナツと同じ。
・内臓の不調は、皮膚に出る。
・皮膚は発生学上、脳と同じ外胚葉から発生する。
・脳と腸は同じ働きである。腸の神経伝達物質やホルモンは、脳と共通のものが多い。脳腸ペプチドホルモンという。実際、脳と腸は形も似ている。
・皮膚は第3の脳である。
・アレルギーは、副交感神経優位(リンパ球過剰)だけでなるわけではない。副交感神経優位に、低体温が重なると発症する。花粉症の人は冷え性である。冷えると鼻水がでる。
・汗をかけない人は、病気をしやすい。代謝が悪く体温が低い。夏には熱がこもり、日射病などにもなりやすい。
・体温が低いので、風呂が熱く感じて、カラスの行水になるか、シャワーだけですましてしまう。
・熱の発散ができず熱が身体にがこもるので、運動は嫌いである。
・アレルギーの人は、口で呼吸している人が多い。鼻が使えない。
・アレルギーの人は低体温の人が多い。
・鼻が使えないので、口が開くと思っている人が多いが、それは間違いで、口で呼吸するから、鼻が使えなくなる。
・おっぱいを早く止め、離乳食を早くすると、口呼吸を覚え、鼻が使えなくなる。
・赤ちゃんは1歳を過ぎるまで、腸がまだ完成していないので、タンパク質を分解できず、そのまま吸収され、それに対して抗体が作られる。アレルギーが完成する。
・身体にとって、異物とは異種タンパクのことである。
・皮膚は排泄器官でもある。
・赤ちゃんから思春期までは、副交感神経優位である。特に子供は超リラックス体質である。思春期に悩みストレスが多くなり、自律神経がバランスをとるので、アレルギーは自然に治るはずである。が、ここがうまくいかないと大人に持ち越す。
・にきびはストレスの表れである。にきびにたまる膿は、顆粒球の死骸である。
・多くの化学物質(食品添加物や薬物を含む)は、ストレスである。
・薬味(生姜やシソ、ニラ、ネギなど)と言われるものは、排泄や分泌現象を促す。
・漢方薬のほとんどは苦い。これも排泄、分泌を促す。
・副交感神経の働きは、消化・吸収・排泄・分泌である。
・血管が拡張するときに、不快な症状がでる。血管が拡張するには、収縮していなければならない。
・血行が悪い状態とは、血管が収縮した状態である。
・交感神経が働くと、血管は収縮する。
・副交感神経が働くと、血管は拡張する。
・血行を良くすると、血管は拡張する。
・血管が拡張すると、不快な症状がでる。
・不快な症状は、嫌だが、良くなろうとしている姿である。症状は自己治療である。
・症状を止める(抑える)のが薬物(漢方を除く)である。
・症状は出ないと治らない。出るものは出ないといけない。ストレスもためるといけない。家のゴミもためるといけない。流れのせき止められた川は汚れる。”流水は腐らず”という言葉がある。
・人間は動物である。動物とは、動く生き物と書く。じっとしていると病気になる。歩くという行為が、生きる行為である。よく歩く人は、いつまでも元気である。
・きりがないのでこんなところで・・・。

何が言いたいかというと
、”身体を温め、血行を良くすれば、身体は良くなる”ということ

そして、鍼灸の効果は、身体を温め、血行を良くすることにある。
鍼灸って不思議?ではなく、考えてみれば、すごく、当たり前のことである。
東洋医学的に言うと、体表にあるツボを利用して”気の流れを良くする”ということになる。
都城親子スキンタッチ教室
吉田鍼灸指圧治療院
http://www.btvm.ne.jp/~himawari/index.html
1




AutoPage最新お知らせ