静かに行われていること  医学情報

注意)以下は私の個人的考えなので、そのまま鵜呑みにせず自分で調べて下さい。

 高血圧の薬で、循環不全に陥り、脳梗塞、認知症、発癌する。

 高脂血症の薬で、筋肉が弱くなり寝たきりになる。免疫力が低下して、さらにホルモンも低下し感染症にかかり易くなり、細胞膜は弱くなり、やはり発癌する。

 糖尿病の薬で、膵臓及び腎臓をやられ透析になる。

 骨粗鬆症の薬で物凄い交感神経緊張状態に陥り発癌する。

 精神薬で、認知症、ジスキネジア、パーキンソン病になる。さらに自殺か他殺の暴力的副作用がある。

 不眠症の薬で惚ける。

 心臓病の薬で心臓が悪化する。

薬理学的作用と、生理学を学んだ人間であれば容易に想像がつく。これが想像出来ない人は人間としての感性を失ったロボット思考の持ち主である。

 科学的根拠を叫ぶ人も、感性を失っている。その科学的根拠が正しいかどうか、よく調べた方が良い。狭い研究室の試験管やあり得ない状況で引き起こされた動物実験の結果をねつ造して、それがあたかも複雑な仕組みを持つ人体に当てはまるかのような論文をねつ造する。

 製薬会社及び医療機関がどうやって利益を上げているのか考えれば、そんなことは容易に想像がつく。官僚や政治家がいかに大きな利権を持っているのか。

製薬会社と医師会と大学の研究機関と厚生労働省と政治家はみな仲間である。

歳をとれば病気が増えるというのは嘘である。老化=病気ではない。病気ではないものを病気にして、治療(投薬)を行っているので、歳を重ねるほどに副作用で病気が増えていくのである。

感性や想像力を失った(放棄した)無知な庶民は全くこのことに気づかず、ロボットの様に、病気と思い込み、反射的に病院に通う。そしてだんだん悪化して行く。それにさえ気づかない。歳をとったから病気になったと思い込んでいる。

お年寄りの医療費は、1人当たり年間100万円を超えている。100万円も治療をすれば、良くならないとおかしいよね。これをお金の無い若い人が払っている。

厚生労働省によれば、高齢化によりさらに医療費は増えると言っている。

老化すれば病気が増えるのは間違い。歳をとっても免疫力があり、自分で病気は治せる。お年寄りが飲んでいい薬は一錠もない。

医療費などいらなくなるのが本当。なにしろ病院で、薬物で、治療で殺されているのだから。

お年寄りりも、若い人も気づかなければならない。病院で治る病気は一割も無い。しかも、嘘の病気が蔓延している。国家的詐欺に巻き込まれている。

医療経済が優先なのだ。このままでは医療費は破綻するし、日本と言う国は破綻する。

今の日本は、世界の製薬会社の実験場。日本人はモルモット。それを許しているのが厚生労働省。日本ほど白衣と薬が好きな国民はいない。

日本ほど自分の身体を人に預けている国は無い。精神薬の蔓延はもっと酷い。この間笑ってしまったのは、新しい病気、”受験うつ病”という病気があるそうだ。専門の病院もある。精神科医は気が狂っている。

思春期には心が不安で、不安定になる時期がある。それは成長する為の経験である。病気ではない。こんなことを病気にしていれば、いくらでも病気は作れる。不安な事はすべて病気にすれば良いのだから。

子供達に精神薬を飲ませることは虐待であり、化学的暴力である。いろんな経験をして成長する未来を潰し、廃人にしてしまう。いずれ自殺をするか、事件を起こす。精神薬では、解決できないし、依存症から合法的覚せい剤(精神薬)のジャンキー(中毒者)になるだけだ。


これは、日本人はアヘン戦争をしかけられているのと同じである。薬をもられ、ワクチンを打たれ、手術で切り刻まれ、放射線で被曝させられ、合法的覚せい剤でジャンキーになる。


裏で、日本解体を画策している人々が存在する。と私は見ている。それを仕掛けられているのだ。

戦争は何も武器を使う必要は無い。情報操作、洗脳で静かに行うことができる。

皆さんがこれに気づくことができるかどうかということが、この国に未来があるかどうかにかかってる。

私は、悲観論者なので、多分、無理だろうな。あなたたちはきっと気づかない。搾取され、家畜として扱われていることに。

12



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ