空港テロ想定ー恐怖を植え付ける  社会

空港テロ想定、国内初の訓練 長崎
http://www.asahi.com/national/update/0129/SEB201201290010.html

今朝のテレビニュースでも放送していた。テロが身近にありますよという日常の中に恐怖を植え付けるには最高の訓練であるし、最高のニュースだった。

テロ訓練で市民の皆さんは完全に”羊(シープル)”だった。オオカミに囲われて追い回される。誘導って言っているけど、完全に自由を奪える。

テロリストや犯罪者は本能の部分を支配する爬虫類脳で行動を起こす。それに対応する、警察や自衛隊は、爬虫類脳(脳幹)と旧哺乳類脳(大脳辺縁系)で行動を起こす”羊(シープル)である。そこには大脳新皮質(前頭葉、側頭葉、後頭葉)で思考する”人間”はいない。

最大の不幸は、この茶番劇が仮想現実(バーチャル)だと誰も気づいていないことだ。多分、現実のことだと思っている。もちろん彼等にとっては現実であるが、事実は全て創られたものである。どこもかしこも創られたもの。建築物等の物体も、思考も思想も生活の全てが創られたもの。

当たり前だ。人間が創りだした空間で思考で生きている。それが”バーチャル?”と疑問を持つかもしれない。

もう一度言う。バーチャルだ。全て嘘だ。あなたの人生は誰かが創った空間の中で、お金に苦労し、日々の紛争に疲れ、怒ったり、悲しんだり、妬んだり、怖がったり、あるいは笑ったり泣いたりして終わる。酷い場合には、生まれてこの方何も良い事が無く、飢餓に苦しみ、最後は残酷な状態で生を終わる。

そこには残念ながら”何もない”。

家畜はどうだろうか?狭い人間が創った空間の中で、何の楽しみもなく、ただ生まれて、殺されて食われる。

僕らは豚や牛ではないだけで、同じだよ。

人間が人間たる所以は、部分で言えば、脳の大脳新皮質(前頭葉、側頭葉、後頭葉)の部分である。もちろん、旧哺乳類脳(大脳辺縁系)、脳幹(爬虫類脳)も生きる為には大切な部分である。

では、世界は、どのように出来ているだろうか?欲望や恐怖や嫉妬や怒りに混乱していないだろうか?世界のどこかで常に行われている戦争や飢餓は誰が創りだしたのだろうか?自然に発生したのだろうか?違う。誰かが計画して起こすのだ。毎日のように報道される、放火や殺人事件、詐欺事件、あのような残忍なことができるのが人間だろうか?

そのような混乱を生みだしているのは、もうおわかりだろうか?本能のままに生きる爬虫類脳(サバイバル脳)である。爬虫類脳は、欲望のままに生きる。それも生き残りをかけて、縄張りを求めて。

本来、人間は、人を殺したり、人を騙したり出来ないのだ。あなたの中の爬虫類が刺激されたり、あなたが爬虫類に負けているのだ。

戦争、紛争、テロ、飢餓、この世界は、人間の世界では無い。残酷な爬虫類の支配する世界だ。あなたの周りにも爬虫類脳に支配されてしまった人がたくさんいる。あなたも支配されているかもしれない。爬虫類脳の感情は、嫉妬、恐怖、欲望、怒りなど負の感情である。

爬虫類になってはいけない。気づかないといけない。この爬虫類脳の欲望や怒り、恐怖を利用すれば人を支配できる。これを行っている人があなたの上(世界を支配して)にいるのだ。そんなバカな?世界を見てごらん、周りを見渡してごらん。なんでこんな世界になっているのか?何故、一部のエリートが全てを支配する世界になっている。

幸いなことにこれは解決方法がある、このことに”気づけばいい”のだ。そうすれば、一瞬で抜け出せる。気づく人が増えれば世界は確実に変わる。支配者の言うことが嘘だとバレテしまえばいい。しかしそれでも支配から逃れられない人が多数いるだろう。

あなたが、そこに身を置いて巻き込まれながら家畜のように人生を送るならしょうがない。それが嫌なら、“気づく”ことだ。世界が変わらなくても、少なくとも自分は変わる。それはまるでドンキホーテのようで、役に立たないかもしれないが、

人間にはなれる。人間は本来、優しいものだ。

とりあえずあなたの身の回りの怒りはバカバカしい。

僕も爬虫類脳に自分を奪われてしまうことがある。でも、そんなときは、手足を見て、鏡を見て、鱗が出ていないか?蛇の様な目や顔つきになっていないか、確認する。そして、人間になろうと思う。

一緒に人間になろう。

話が前後するが、

正確には誰かが創った空間、科学、思考で、おもちゃ箱の様な町に住んで外(真実)が見えないように支配されている。戦争、飢餓、経済破綻もバブル景気も何もかも、あななたちの思考をコントロールして、全て仮想現実の中に閉じ込め、それ以上の疑問を持たないように、法律や宗教や規律や規則を作っている。あるいは学校で教育している。疑問を持ち真実に気づいた人は、変わった人に見られるので、社会では浮いた存在になる。人と違う行動をとる者は、庶民が相互監視システムのように働き、すぐに潰される。

庶民同士の相互監視システムも完成している。自由な発想や、思考は支配するものにとっては脅威である。何しろ気づかれる(世界中の脅威が全て嘘だということを)のを一番恐れているのだから。

9.11の後はしばらく、僕の住むド田舎の田んぼの中に、”テロ特別警戒中”との立て札が立っていて僕は不覚にも笑ってしまった。なんて”バカバカしい”のだ。

政治家は国民に希望ではなく恐怖を植え付ける。日本国家は、このテロ想定訓練を日本全国に広げていく予定だ。これで、日本人全員に今まで以上に”恐怖”を植え付けることができる。ご存じのように”恐怖で”人はコントロールできる。

政治家(国家)のやることは、テロ想定訓練を支持することではない。国民を守るつもりなら、訓練ではなく、諸外国に向かって紛争の解決に努力するべきだ。人類が滅亡することは無いと思うが、ここで気づかなければ、人類による地球上の環境破壊による気候変動や、自らの欲望に基づく戦争により、現代の文明(テクノロジー:これも再発見した物ばかり。もしくは間違っている)は失われ、また原始時代からやり直しになる。

人間は同じ事を繰り返す“猿(猿の方が賢い)”から一歩も成長できず、先に進化した宇宙人は、なんて野蛮生き物なんだと思っているだろう。それともサファリパークのように宇宙船で観光に来ているのかもしれない。

Steven Greer,M.D.
Director, The Disclosure Project
銀河系には少なく見積もっても、約1万個の地球型惑星がある。その半数以上は、人類より進化している。

これは、僕の地元の天文台の研究員も言っていました。宇宙は生命だらけだと。

Astronaut Edgar Mitchell
Apollo 14 -Sixth man on the Moon
宇宙飛行士 アポロ14号 エドガーミッチェル
地球外生命体の訪問、飛行物体の墜落、物や身体の発見もありました。
映画―THRIVEより


国民保護法
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hogohousei/hourei/hogo.html

により、人々は保護の名目上、自由を奪われ統制される。それは気づかないあなたたちの傍で、着々と準備が進められている。僕はまるで、映画の脚本を読んでいるようだ。
10
タグ: テロ 戦争



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ