ウイルスの役割とは〜ウイルスは私たちの免疫システムの一部  社会

以下の文章はいかなる科学的根拠もありません。これは私の中におりてきたものです。

自らの内なる声です。現在、あらゆる恐怖が国や専門家やマスコミから流れてきます。

ですから、それを予防する“それ”をどうされるかは情報を収集しあるいは信頼できる医師とご相談のうえご自身で判断してください。

今現在私が把握しているところでは、予防するそれを拒否することは簡単なようです。それがいかにも強制であるような情報はメディア中にしか存在していないことを覚えておいてください。

以下は私の内なる声で有り、科学的根拠は一切ありません。自らの力を信じて、不安や恐怖に心を明け渡さないようにしてください。

ウイルスの役割とは

ウイルスは生命体ではありません。ウイルスはタンパク質の殻と内部に遺伝情報を持った物質です。ウイルスは生命のシステムを利用して増殖していきます。

ですからウイルスが生命体に侵入していない状態ではそれは単なる物質です。

ウイルスは1935年に発見されました。それは生命体の中から発見されたのです。そのへんの土や空気中から発見されたものではありません。

ウイルスは生命体の中から分離されたのです。

そしてウイルスは生命の仕組み、システムを利用して自己増殖するのです。

ウイルスは生命の仕組みを知り尽くしています。そうでなければ生命を利用することが出来ません。

ではウイルスはどこからやってきたのか?ということになります。ウイルスは生命のなかで発見されたのです。そしてウイルスはタンパク質の殻と内部に遺伝子を持っています。

そして細胞内に侵入する時もそこから他の細胞に侵入する時もこの遺伝子を利用しています。

このことから、ウイルスは私達の一部であることがわかります。ウイルスは私たちの身体から出ている物です。

では何故そのようなウイルスが身体から創られて、他の生命体に侵入しそこで感染して自己増殖を行っているのかということですが、これは常に行われているものです。

通常の営みです。私達生命体は常にこの地球上で生き残るために環境に適応する必要があります。

地球の環境が変化したり、それに伴い食べ物が変化したり、あるいは放射能の数値が高くなったり、紫外線が強くなったり、酸素濃度が変化したり、その変化に適応するには設計図(遺伝子)書き換えなければなりません。

ですから人間のシステムとして、そのような変化を感知した時に、自らの体内でウイルスを製造しその中に新しい遺伝子をコードします。その遺伝子を抱えたものをウイルスとして体外に放出し、他の生命体(人間)に受け渡し(感染)そのウイルスが他の人間の遺伝子を改変することによって、環境に適応する生命体を創造していくのです。

ウイルスが遺伝情報を持っており、遺伝子が人間を変化させるのです。

これは生き残るための巧妙なシステムです。人間のシステムをウイルスが利用できるのはこういうことです。

その我々が病気として捉える感染と言う現象は、実は外界の変化に適応して生き残るための人間のシステムの一部です。

現代科学や医学や大衆が考えている病原体としてのウイルスは存在しません。それはウイルスでは無く、人体で自らが創造した遺伝情報の放出です。これにより人間は遺伝子を書き換えるのです。

私達は多くの微生物と共存しています。空気中には、土壌には目に見えない微生物が多数存在し、我々の皮膚にも口から肛門まで粘膜にも多数の微生物が存在し、人間はその微生物を利用し、微生物は人間を利用しお互いに生命体として共存しています。

この微生物のバランスを崩すような上記に記した外界の変化が存在した時、微生物の細菌叢のバランスが崩れるとき人体は病として表現します。そこでその病気の状態を人体が感知し、遺伝情報をウイルスとして放出します。

それがウイルスと呼ばれるものです。外から感染するものではありません。自らがタンパク質の殻に遺伝情報をコードして外界に放出し、他の人類が生き残れるように新しい遺伝情報を与えるのです。

これがウイルスの正体です。ですからウイルスはタンパク質の殻を持ち、遺伝子情報を持っており、人間のシステムを利用できるのです。

これが感染の仕組みです。遺伝情報の共有がウイルスの役割です。

これまでも人類はそうやって生き残ってきました。ウイルスは病原体ではなく、遺伝子の書き換えを促進する物質です。

人を死に至らしめるのがウイルスの役割ではありません。その逆で生き残りをかけた遺伝情報の受け渡しです。

ほとんどの人がウイルスに感染してもほぼ大丈夫なのはそういうことです。この遺伝子の書き換えを行う時に必要なのが免疫です。私たちの中に存在する免疫力です。マクロファージや白血球です。これらは必要な遺伝情報の書き換えと、不必要は遺伝情報の書き換えを選別します。

この際に必要なのが症状です。書き換えにはエネルギーが必要なのでそれが発熱になります。そしてそのウイルスを体外に放出し他の人類に渡すときに咳がでます。

そうやって人類は環境に適応し生き残ってきたのです。

今現在、流行している“それ”もそういう役割を持っています。書き換える必要が無い人は無症状で終わります。

書き換える必要がある人は症状が出て遺伝情報を獲得しより適応していきます。

残念なことですが、その過程で亡くなる人も存在します。それは体力の無いお年寄りや深刻な基礎疾患を持った人がそれにあたります。

これは今深刻になったわけでは無く、昔からそうです。

血液が汚れると体内の微生物のバランスが崩れ、普段は悪さをしない常在菌が細胞内感染を引き起こします。人体はそのままでは身体が弱って死んでしまうかもしれないので、コードした遺伝情報をタンパク質の殻で包んで細胞内に創り出し、遺伝子の書き換えを行います。遺伝子内にはすでにあらゆる状況に対処できる遺伝情報が存在しているため対応することが出来ます。

自然の川でも流れない川は腐ります。川が腐れると酸素の供給も断たれ、そこに生きている魚などの生命は死に至り、微生物のバランスは崩れ、悪臭を放ちます。その川を流すには、なんらかのエネルギーが必ず必要になり、エネルギーを加えて川が流れるようにしてあげれば、川の水は酸素を含み微生物叢もバランスを取り戻し、魚も住はじめ生命が溢れきれいになります。

ですから血液の流れを良くするためにウイルスが出現し、そのウイルスが遺伝子を書き換えるときに発熱などの症状が発現します。この時、すべてのエネルギーは熱なので、熱を奪うようなことをすると遺伝情報は転写されず、その病は深刻化していきます。

ガンの自然治癒は昭和40年代には珍しいことではなかったと、私の師匠は教えてくれました。それは風邪を引いて、発熱したあとにみられるそうです。たったの2〜3週間でガンは完治していたということです。

末期のガンであってもその人がヨロヨロと歩けるくらいの体力があればガンは完治すると師匠は教えてくれました。

ですからウイルスは敵では無く、私たちが創り出したものです。それを否定することで問題は深刻化しているのです。

さらに問題を問題にしているのは、このウイルスによる遺伝子の書き換え(これは人間のシステム)を、薬により人間が意図的に行おうとしていうことです。

人間が体内で自ら作り出したシステムであればそれは自然に適応できるものですが、人間が人工的に作り出した遺伝子の書き換えシステムは上手くいくことはありません。

それが今、まさに行われようとしています。

それがいかに愚かなことで不可能なことであるかというと、体内でそのシステムを発動させるときにはそれは物凄い数の酵素反応や細胞間の連携が為されてはじめて起動するものです。

それは人間が決して解明できるものではありません。あまりにも複雑すぎて科学的と言う範疇を超えています。

ですから今でも高血圧や痛み止めや糖尿病などあらゆる薬が副作用だらけで最終的には、身体に深刻なダメージを与えてしまうのはそういうことです。

未だに何一つ病気を治すことが出来ないのはそういうことです。

現在、流行中の“それ”を防ぐためのものが市場に出回っていますが、それは、何一つ人体の複雑な細胞間コミュニケーションを理解しないまま人工的、科学的という根拠に基づき、遺伝子を転写して書き換えるということを行おうとしているからです。

その被害は想像を上回るほど破壊的な結果をもたらすでしょう。それは短期的にでは無く、長期的に甚大な被害をもたらします。

何か検査機器を用いて、そのウイルスを発見したと騒いでいるようですが、それは全く無意味です。

それは感染するものでは無く、自らの体内にすでに存在しているものです。ですから、不顕性感染(無症状感染)を調べだすと、あらゆる無症状感染がそこに発見されるでしょう。

現在流行のそれは防ぐものでは無く、誰しもが必ず“それ”を持っており、“それ”にいずれは感染するのです。

ちなみに感染したから発病するわけではありませんのであまり恐れる必要はありません。

専門家や国によって、陽性と感染と発病が全くわからなくなっています。気を付けてください。
もし、今後、致死的な感染症が流行した時は、それは人体が創り出したものではなく、間違いなく人工的に作成したものです。

ウイルスは人類が生き残るために創り出したのです。



12



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ