Diamond Heart.  水彩画

今年最後の作品だ。

Diamond Heart.

2022年もよろしくお願い致します。

来年は個展をします。嘘です。

クリックすると元のサイズで表示します


拍手コメントのひなたぼっこさんへ

誰も言っていない内容です。面白いですよね。

自律神経病研究会のビデオも大切なことを述べています。観て頂いてありがとうございます。

情報と知識と本能と超感覚を信じて安心して過ごしてください。

第39回日本自律神経病研究会_第1回リモート研究会
4
タグ: 色鉛筆画

抗体産生は免疫力低下の結果  社会

以下は吉田理論であり、現代の科学的根拠とかデマとは一切関係ないことを理解したうえでお読みください。私は一切の責任は負いません。ご自分で考えて判断してください。

今現在、抗体をつけることにより免疫力が向上し病気を防げると言われていますが、これには大きな問題点があります。

体内に抗体が作成される条件とは、体内に毒物が侵入した時になります。

異種タンパクや毒物が身体に侵入すると危険なので身体は抗体(タンパク質)を創りだし(その前に処理する経路もある)、その異種タンパクに付着させ、それをキラーT細胞などの細胞性免疫が攻撃しその後マクロファージなどの大食細胞が処理して無害にします。

免疫の主体はB細胞が造り出す抗体ではありません。

ですから、抗体を一生懸命創り出している身体の条件は免疫力を向上させているのではなく、毒物が体内に侵入し免疫力が低下した結果になります。

抗体ばかり創り出すと抗体はタンパク質であるために処理が間に合わなくなり固まって血栓になる可能性があります。

あるいは血管壁に溜まると血管の炎症を起こします。これが慢性的に全身に及ぶために全身の慢性炎症状態を惹起します。

ですから脳梗塞、心筋梗塞、肝炎、腎炎、肺炎、それから心臓に及べば心筋炎となります。
抗体が必要以上に増えると腎臓の糸球体にひかっかり腎症を起こします。これは知られているのはIgA腎症です。これが慢性的に続き10年以上で透析になる可能性があります。

心筋炎は軽い副反応だから大丈夫でという人がいますが、心臓の細胞は一度壊れると元に戻りません。

抗体を継続的に創り続けることはとても不自然で危険なことです。確実に免疫力の低下を引き起こし、多様な病態を創り上げます。

もう一度言います。抗体が出来るということは免疫力が低下している。つまり免疫抑制状態になるという事です。

そもそも病気はたったひとつでは無いのです。さらに病気の原因は病原体では無く、農薬、重金属汚染、大気汚染、食品添加物などの化学物質、放射能、電磁波などがあります。

しかし、これらのことには一切触れられず、ひとつの病原体が犯人されていることは真実をカバーしていると言えます。

これこそFAKEでしょう。

私達の身体に不自然なことを強制的に行うことは必ず破綻します。

皆さまが健康でいられることを祈ります。


追記@ 

抗体は毒物が入って来た結果であり、免疫力の獲得とは関係ありません。むしろ何も無い身体に毒物が意図的に入れられることの方が問題です。

追記A

毒物により免疫力が低下し結果として抗体が産生されている。その抗体が身体に悪さをする。しかも今度の抗体はデザインされた抗体。病原体とはまたく関係ありません。

追記B

毒物を身体に入れて発熱して免疫力獲得とはまさに詭弁であり、それは毒物に身体が侵害されてるだけです。身体はむしろ弱ります。何もいれない方が免疫力は侵害されません。

きるふぇさん

そうです。全てがFAKEの演劇現実。現実感があるはずもありません。



もう間もなく2021年も終わります。丑さんありがとうございました。また一回りした時にお会いしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
7

AI社会の行きつく先はFAKE社会  宇宙 

AI社会の行きつく先はFAKE社会

その予兆は2019年にすでにあった。

テレビでマスクを外せない若者たちというニュースをやっていた。

コロナ以前の時代である。

マスクをしていると安心感があり、外すことが出来ないと。

今現在、ほとんどの人がマスクをすることになり、ほとんどの人がマスクをしている方が楽だと思い始めている。

自分の本心を悟られないからだ。

マスクをしていると表情が隠せる。だからこのコロナが終わってもマスクを外さないという人が多い。

世の中から声が消えた。ほとんどの人々は街角で近所のスーパーでライブ会場、スポーツ観戦で話をしなくなった。声の音が消えた。

これを心地良いと感じている人もいる。

あとは目だ。視線恐怖の人もいる。これからはAI社会に向かっている。スェーデンではマイクロチップの導入は進んでいる。

日本人に限らず視線恐怖や他人の目が気になる人は多い。このAI社会の流れから考えられるのは今後はマスクと合わせてゴーグルが登場するはずだ。

ゴーグルにすべての機能を搭載させて、目の前に映像として映し出す技術はすでに完成している。

だから、マイク内蔵のマスクと情報機器としてのゴーグル。こうなるとフルフェイスとなるだろう。

健康の為に日光に当たらないようにとか男女の性差を無くしましょうということからユニフォームと一式になるだろう。そのユニフォームは男女の区別は無い。

もっとも家にある卵型の最新ベッドで人工羊水に浮かび健康管理も栄養補給も何もかも寝ている状態で事足りるようになるので動く必要も無い。

全てを機器に接続させ、自分を拡張させ一生そこで生活できる。

自分の好きな事をして、好きな人だけで繋がることになる。自分の気に入らない人やグループは全てプロテクトできるので、何もかもが自分の世界ととなる。

その中でも気に入らない人が出てくればブロックしていけば良い。そうしているうちに究極的には自分だけの世界になる。

さらに人間の感情は有害なので、感情を持たないという必要がある。

こうしてもはや肉体や生きる意味も必要なくなる。

機器に繋がれたボディと脳は肉体の限界まで来ると、新しい肉体と脳に取り換えられる。

あなたのスペックによって、あなたはCPUになるかハードディスクになるかメモリになるか役割が分担される。

そうやって超高性能の次世代型コンピューターが作成される。

このコンピューターを利用できる者は限られている。

その人は肉体を持ったまま寿命を延ばし、自然を満喫して生を楽しむ。

あなたの脳のスペックは宇宙に匹敵するほどの拡張機能を持っているのでその脳を繋いだらどれだけの処理が出来るだろうか。

リアルに生きている人々はまさに楽園を手に入れることになる。

もう片方、AI社会とは無縁にアーミッシュのような生き方を選択する人々もいるだろう。
こちらは何も変化なく、産まれて死ぬことを繰り返す。ただ下記の繰り返しからは抜け出せる可能性が高い。

大衆はこの創造された世界で、生まれて→秩序が出来て→崩壊して→無秩序→生まれて有になり→秩序を保ち→崩壊して→均一化して→無→有→この繰り返し。

液体→固体→気体→プラズマ→気体→固体→液体→固体→繰り返し

だから、AI化するとプラズマまで達し上昇と下降を繰り返すこととなり、この人間が造り出した物理学的世界から抜け出せない可能性がある。

とにかく最後まで肉体で死を迎えこの繰り返しにとどまらず、次の世界に抜け出すことが大切なことです。

追記
これは良いとか悪いとかではなく。マスク社会においては素顔を見た時の衝撃は大きい。だからもう誰も素顔を見せられなくなっているのだ。マスクをしていない人は粗野で乱暴で原始的な人々。どこかを隠せば、そこはもう人に見せられなくなる。人々は真実の内面では無く、偽りの内面(仮想の内面)に閉じ込められる。


コメント

太平仙人
2021/12/25 2:59
変性意識という意識の分離体というもこがあるのですか。先生の世界観には学びが多いです。先生の記事を何度も読み、消化していきたい考えです。
これからも、何卒よろしくお願い致します。

https://ameblo.jp/aaa-meee-baaa02/


大平仙人
2021/12/25 2:43
自我の崩壊。一瞥体験談というようなのですが、自分は小学生の頃に二度体験しました。
とてつもない恐怖があり、それ異常の思考を拒否しましたがそれ以前の10分くらいの記憶が消えていました。
それ以来、『自分とは?』ということを考えること自体が恐ろしくてやめてました。
最近、感染症の茶番から『この世界』について思考し続けることで、自分という意識体や存在について考えが深まっています。
しかし、いろいろ理解・イメージできないことが多く、先生のブログを見て勉強させて頂いております。

https://ameblo.jp/aaa-meee-baaa02/


コメントへの返事

小学生くらいまではまだ異世界と繋がっているので、衝撃的な経験を誰もがすることになります。しかし、早期教育などを行うとこの能力は完全に破壊されます。その後は自我(エゴ)に完全に乗っ取られ人間的な感情を失い左脳優位な生き方になります。

この衝撃的な経験は自我が目覚める頃に起こります。自我は決して悪いのものでは無く、この3次元におけるあなたの物理的肉体を守るために働きます。

しかし、問題は自我はあなたでは無いと言うことです。自我は巧妙に自我をあなただと偽装します。ですから衝撃的体験において自我は最大限に抵抗して気づかれないようにしトラウマとしてあなたの心に居座ります。

その後の人生は、このことに気づかない限り、全てを自我(エゴ)に乗っとられてあらゆる場面で同じ映像を繰り返し現実として上映することになり、あなたは常に同じことを繰り返して一生を終わります。

大切なのは自我(エゴ)に気づくことです。そして可能であれば恐怖を乗り越えて、自我を手放すことです。そうすれば観察者としてのあなたが誕生します。

手放す時に物凄い恐怖を伴います。しかし、それは実際には恐怖では無く、自我(エゴ)のみせるマジックです。

4

あなたが信じているもの コメントへの回答  宇宙 

あなたが信じているもの

友人:また流行し始めたな。みんなが気を緩めたからだ。

僕:そうかな。

友人:お前もう打ったか?

僕:まだ一回も。

友人:お前みたいな奴がいるからだめなんだよ。

僕:うーん。

友人:今度のやつは濃厚接触者の濃厚接触者まで濃厚接触になるほど感染力が強いんだよ。

僕:じゃあ。濃厚接触者の濃厚接触者の濃厚接触者の濃厚接触も濃厚接触者になるんだ。

友人:屁理屈言うな。デマを信じているバカが多くて誰もが迷惑してるんだよ。

僕:ふーん。

友人:いいか、感染して重症化して助かったら、打っていればよかったって後悔するぞ。

でも、打って重症化して助かったら打ってよかったと思うんだ。

僕:そうなんだ。

友人:いいか、感染は予防出来ないけどな、重症化は防げるのだ。それが大切なんだ。

僕:でも打っている人が重症化しているよ。

友人:また屁理屈を。でも死なないんだよ。それが一番大切なんだ。お前、重症化して死んだらわからないだろ。重症化して助かるから助かったとわかるんだよ。

僕:そうか。なるほど。じゃあ死なないんだね。

友人:バカ言っているんじゃ無い。死なない薬なんかあるか。

僕:じゃあ予防は出来ず、重症化するかもしれず死ぬかもしれないということ?

友人:その通り。

僕:じゃあ。打たなくてもいいんじゃね。

友人:うるさいな。お前デマを信じているの?バカだな俺はテレビを信じているんだよ。



きるふぇさん

そうですね。僕が記載していることは根源的で本質的なことです。しかし、なかなか理解できないと思います。本質的なことが掴める人が増えるといいなと思います。ありがとうございます。


拍手コメントの方へ

時間泥棒のモモは象徴的です。この世界はまさに虚構です。おっしゃる通りに目が覚める体験を通じて私達に何かが伝えられるのでしょう。

その体験は物理的次元で体験することなので、この世界での物理的恐怖や痛みを伴うことがあります。最後まで目を開いておくそれがもっとも大切なことだと思います。


コメント

太平仙人
2021/12/23 5:35
ほぼ自分が辿り着いた結論と同じような感じです。この現代社会の姿は必然であり、悪も必要悪なのだと。で、結局大事なのは自分の意識や心。自分と向き合い自分の道を進むだけだと。いろいろ考えて、やっと最近ここまで思考が辿り着きました。

https://ameblo.jp/aaa-meee-baaa02/


返事

明晰夢や修験道、修行、シャーマニズムにおけるダンスや音楽、薬草、臨死体験、幻覚どれもが変性意識に至り、そこでは見えないものが見え、聞こえないものが認識されます。

可視光線領域から可聴域などあらゆる感覚が解放されます。従って自分の肉体という領域を完全に超えて観察者として全体に溶け込みます。しかし、意識はそれを観察しています。この段階では自我が崩壊します。

そこで認識される世界はまさに異次元で、他の生命体や他の惑星や地球での異次元や、天使や悪魔、サイケデリックな電気的世界であり、機械的であったりします。そしてとても根源的で原始的です。

自我を失う時にとてつもない恐怖が襲います。恐怖は自我の最後の抵抗です。その後自我の恐怖を乗り越えると至福が訪れます。その先は僕もまだわかりません。

コメントありがとうございます。ブログを拝見させて頂きました。

7

無から有を生み出すC  社会

もうすぐ第6波を起こすようだ。僕らは社会の変革を目にしている。

アプリも導入され、友人たちも早く子供にさせたいと自分の子供を実験動物に提供する。

もしこれが治まっても口輪は必要だねと。

世界は変わった。

僕は今後、政治的な発言も今回のこともFacebokの記事やブログ以外では一切話さないことにした。

もちろん求められればいくらでも話はする。

この世界は機械的だ。だから力(金や名誉や権力:管理者:伝統的な血族)がある人は、それを利用して、力づくで何でも出来る。

陰謀論とか言うバカな言葉は存在しない。これにも大衆は気づかない。

さらに心理学的に生物学的に人間はあらゆる理不尽な状況にも適応する。

それを知っているものだから、相当無理で理不尽で非常識なことでも、それがあたかも真実かのようにように報道することにより人々はそれに適応し従う。

それによって起こる他の問題については、何かおかしくても、滑稽なことを受け入れるのだ。

だからまさに今そのことが起こっており、その被害はそれそのものの被害より甚大な状況だ。

しかし、人々はどんなに被害が甚大でもそれには仕方が無いものとして日常の出来事になるのだ。

それを目撃している人は、あまりもの酷いその惨状に怒りが湧き行動する人もいるが、ほとんどは失敗することになるどころか、頭のおかしい人として認識される。

何故なら、全体がそれを許さないからだ。

お前ら非常識なんだよって。

それは戦争がはじまり、戦争中も同じことが起こった。だから今は戦時中で、おそらく今年の戦死者は7万人を超えるだろう。

でも全体の人々は魔法にかかっており、欲しがりません勝つまではと口輪を外さず、腕を差し出し、自ら行動の自由を制限してくださいとお願いすることになる。

今回は玉音放送は無い。この戦争はいかなる被害者がでても、勝利したという脚本が出来ており、責任を取る人はいない。

何しろ、悪いのは存在しない病原体であるからだ。

僕はもう世間は全く関係ないことにした。以前からそうだったが、これからは全く関係ない。

僕は僕の出来ることを全うするだけだ。

自らの子供まで巻き込んで犠牲にしたい人はそうすればいい。何も悪いことではない。

この世界を管理する人にとっては、人々が死ぬことはどうでもいいことだ。全体として人間が適応していくことが最も大切なことで、人々は虫のような存在に過ぎない。

そのことに従わない奴は殺虫剤が必要だ。何しろ全体を妨害する害虫なのだからね。

迷惑なんだよ。管理者ばかりか、大衆はそういう人のことをこういう。

お前ら迷惑なんだよ。

僕はただ、深く潜航して行く。
10

昔から有を生み出すB  社会

僕が世の中の人と話をするとき、いかに人々が洗脳により頑固な公式のデータ頭になっているのかよくわかる。

前回の記事の国の借金システムについてだが、経済を良くしてくれと人々は言うが、経済を良くして好景気の時に程、人々は借金(ローン)を組むのだ。だから好景気には借金が増える。

そうして実態からかけ離れた生活になりその後不景気を意図的に起こす。そうすると借金が払えなくなった人々から実質の資産が収奪される。

だから、不景気でも好景気でも借金は減らないどころか増えていく一方なのだ。この収奪システムに目を向けずに、子供の為にとか孫の為に借金を減らしましょう。とか言っているのはまさの自作自演のブラックSMコメディ。

アダムスミスは神の見えざる手が市場を調整すると言ったが、実際はその神に成りすました人(ヒト)が神を騙り人工的に自らの利益になるように市場を操作しているのだ。

それにまったく気づかず人々は公式の教科書理論をオウム返しする。まるでファイナルファンタジーに住む、あるいは動物の森に住む同じことしか言わない村人のようだ。

これは新型小人でもショットでも同じ現象が起きている。

存在しないものが現実化していく。つまり無から有が生まれる。

以前から僕が述べている様に、この世は魔法界なのだ。

あなたはどんなマジックが使えるのですか。

あなたがそれを指摘すれば指摘するほど、この現実システムの監視者たちの目があなたに注目する。その監視者の目はあなたの周囲の人に埋め込まれている。

ビーッビーッ。警告警告。ここにおかしな人がいますよ。排除排除。

これがこの世界の機械的システムである。
5

無から有を生み出すA  社会

地域の飲み会で、小人ショットの話をして早く子供たちにショットを打たせる必要があるという話があり、

僕はその話に加わらないつもりだったが、あまりにもその内容が酷いのと、

それを実現させる可能性のある立場の人がいたので、僕は子供だけににはそれを止めて欲しいと話をした。

しかし、周りの反応は、まあそういうなよ。そういう社会だよ。お前の言っていることは無駄だ。

実際にショットのパスや陰性証明やマイナンバーが必要でそれが無いと何もできなくなるのだから、騒ぐなと。

意味の無いことは言ってもしょうがない。お前より賢い人がいるのだからお前の話は話にならないということだった。

お前に何が出来るのか。

僕の願いは僕の子供たちがそれをしないといけない状態にはしたくない。

という僕のエゴであるということを痛切に感じた。

孫にもそれをさせるのだろう。そこいるそれを推進するかもしれない人は自分の子供に本当に打たせるのだろうか?

もうこの国はお終いだろうね。

でも、実際は前の記事で記載した様に、変わらないといけないのは自分自身だということがよくわかる。

何故なら、地域から友人から市から県から国から、絶対に大きな流れは変わらないのだ。

これは僕が今まで生きて学び経験し、さらにこの硬い物理学的な3次元の世の中を知れば知るほどいやというほど理解できる。

だからそれに逆らって活動する人は本当に必要で世間に啓蒙する存在となる。この人は世間の厳しい目に晒され過酷な状態に置かれるだろう。

しかし、僕はそれはしない。これは逃げている訳では無く僕のキャラクターでは無いのだ。

それは任せた。自分のキャラクターで僕はずっと活動して行くのだ。

そういうことは出来る人に任せて、僕は僕なりに活動しながら僕の家族を守る。それだけなのだ。

世の中は狂っているわけでは無く、常に平常運転なのだよ。これは戦争も狂気では無く、それも実際は人間の普通の営みである。

そういうことを目撃しながら、その中で自分が今生をどう幸せに生ききるかということが最も大切なことなのです。

だから、あらゆる人と仲良くしてください。

何もジャッジせず。善悪も無く。皆同じように生きているのです。

何かに反応した時は、あなたのエゴが発動した時です。おそらくそんな時は、何か心地が悪いか、心の中に違和感を感じる筈です。

エゴが発動した時は、あなたは何らかの欲に捉われています。

その時は瞑想などで内観し心の奥底に、そして次元を超えて本質を探ることが重要です。

そして必ず本質に辿り着きます。

あなたは正義感というマジックに捉われることなく、常に目撃者なのです。

時として正義感は悪と同じ平面上に存在します。
7




AutoPage最新お知らせ