遺伝子組み換えワクチンと遺伝子治療、そして遺伝子操作の幕開け〜SDGsへ  社会

遺伝子組み換えワクチンと遺伝子治療、そして遺伝子操作の幕開け

今回の偽パンデミックで遺伝子治療が始まりました。何の生命倫理的議論も行われずに始まったのです。

そして大衆はそれを無防備に受け入れました。そして自分の子供も実験動物に差し出す始末。

このことによりもう扉は開いたのです。

今回のワクチンが効果があろうと無かろうとどちらでも良い病気なので本当に上手いことやりました。

これまでなかなか遺伝子治療を普及させるハードルが高かったのですが、難なく普及に成功したのです。

この遺伝子治療は莫大な利益をもたらします。ワクチンのすべては遺伝子ワクチン(子供のワクチンも)になるでしょう。一般的な病気(ガンや免疫病や先天性の遺伝病なども)も遺伝子を操作できるワクチンや薬が導入されます。

私が何度も述べている様に、これでワクチンパスポートが導入されれば、あるいはスマホやマイナンバーに取り入れられて既成事実が出来上がれば、今回ワクチンを接種した人は、今後どのようなワクチンも薬も受け入れますよと完全同意したことになります。

断る理由は微塵も無いことに気づいているでしょうか。本当に恐ろしいことになりました。

さらに、今現在、ロックダウンが検討されていますが、これが法制化すれば、政府は国民に対して強制的に行動制限ができるようになります。

それは本当に脅威が無くても、そう言えば、そう信じ込ませれば、行動制限が出来ることを意味しています。

出来るようになったということは、今後はそれを行うということです。

さらにこの遺伝子操作は、

トランスジェンダーからトランスヒューマニズムの入り口です。

遺伝子操作の壁を乗り越えたことにより、もう何もかも後戻りが出来なくなっただけでは無く、何でもできるようになったということです。

人間は歴史上、出来るのにしなかったということはありません。

原爆も使用したのです。

出来ることは必ず行うのです。

これは愚かと言うことではなく、するのです。

それは人間の頭脳の働きなのだと思います。その結果は、遺伝子を操作することにより、夥しい犠牲者を出しながら人間を超える何かに成るのか(進化?)、あるいは人間と言う種が絶滅するかのどちらかでしょう。

これが良いことなのか、悪いことなのか、私にはわかりませんが、実験動物になるのは間違いなく大衆です。

そしてまさに今、実験動物になっています。

そして際限の無い実験の扉は開いたのです。

追記

おそらく今回のワクチンで深刻な問題が起こった場合は、それを修正するワクチンや薬が導入されるはずです。こうしてあなたはもう、その世界(実験動物)から決して離れることは出来なくなります。


私が常に述べている様に、人間には思考が存在しない。今行われていることでそれは明白だ。歴史を振り返って、何故、戦争が起きたのか、何故争いが絶えないのか、何故ヒトラーが出現したのか、そんなばかなと言っている場合では無く、今を観ていれば全てわかる。何も考えることが出来ないままただ反応する存在でしかない。まさにそのことが今起こっている。人間は何も思考していないのだよ。人間には思考が存在していないということに気づくことが大切です。人間はその認識さえ全く出来ず、未だ眠ったまま夢を見ているのです。


拍手コメントのかたへ

ドキュメントシリーズ全部を観ることが出来ませんでしたが、なかなかボリュームのある内容でした。きちんと思考が働いている人も半分以下ですが存在します。しかし、大多数は反応するだけの存在なので、その方向にすべてが動いていきます。

世の中そうなっていることを認識して、機械人間にならずに生命を全うすることが大切だと思います。
7




AutoPage最新お知らせ