コントロールの手法  社会

大衆をコントロールする方法は恐怖を与えることです。(途中で緩めたり、もっと怖がらせたりの繰り返しがもっとも効果的です)

特に多くの大衆を騙すのに最も効果的な方法は日常にありふれた感染症を利用することです。

強い感染症では世界中の人々を騙すことはできません。

強い感染症だと大衆は本当に怖れて、あっという間に抑え込んでしまうでしょう。

弱い感染症であること、これが重要です。それが特に新しいもので無くても良いのです。

日常に溢れて、昔から存在する病気。それにただ新しい名前をつけて、恐ろしい病気だと言えばいいのです。

ホメオパシーのように弱いものは一番強いのです。これはBLMやLGBTやその他の弱者も同じです。

ある時点では虐げられますが、支配者が利用し始めると最も強い存在になります。
まさに今がそうです。

さて、日常の風邪を恐ろしい病気だと言えば、それは本当に恐ろしい病気に出来ます。

何しろ、その病気で亡くなる人は、昔から必ず存在するのでテレビでそのことを大きく拡大して報道すればいいのです。

それは真実なので嘘ではありません。ですからその報道を見た人は、おそろしい病気だと認識します。

そこに新しい検査方法、新しい薬、そして新しい生活様式など新しい出来事を組み合わせて、誰も何も言えなくすれば良いのです。

さらにその病気は謎にしておき、あとは常に変化させて新鮮さを失わないようにすることです。

大切なのはそれでも弱い感染症の状態を保つことです。

これで大衆は本当は身近でその感染症を見たこともない状態にしておき、報道では恐怖を煽る。

本当に身近にあれば大衆は一生懸命対処してしまうので目的を達成できません。だから恐怖はあるけれど、まさか自分は大丈夫という状態、これ最高です。

もちろん、途中で計画を変更して強毒性のものをばら撒き、強権を導入する場合も想定されまさすがその可能性は低いでしょう。

ですからこれは壮大な騙しと言うよりも、世界中で合意して行った地球規模の文明社会の変革だと言うことです。

それがSDGsに向かわせる方法です。

つまりコントロールしているということです。

今後もこのコントロールにしたがってあからさまなことが行われると思いますが、認識していないとジェットコースターのように感情を持っていかれたり、誤った選択をしてしまう可能性があります。

このことを認識しながら冷静に物事の推移を眺めて下さい。


拍手コメントの方へ

全ての対応が素晴らしいです。

その通りですね。身体が主で、僕たちを完璧に修復して生かせています。頭は常にそれに抵抗します。
9




AutoPage最新お知らせ