あなたの思考は単なる反応に過ぎない  社会

人々は今混乱している。そこには様々な問題があり、人々は対立しお互いに罵り合う。

気づいたと思っている人は、気づかない人をなぜ気づかないのかとバカにして、
気づかない人は気づいた人をデマに騙されている情報弱者だとい言う。

これを逆にしても同じことが言える。つまりお互いは違う様に見えているが実際は同じことを言って、無駄に対立しているだけに過ぎない。

大衆は情報を集めてそれが真実だと思っている。しかし、気づいた人も、気づいていない人もただ情報を観ているだけに過ぎない。

この地球上には多数の人々が住み、たくさんの国や文化、環境の違いがある。

そこで無数の出来事が毎日起きている。

しかし、テレビや新聞やネットにしてもその一部の情報を拡大して報道しているという時点ですでに限られた情報しか与えられていないということに人々は全く気づかない。

つまり、その画面は小さな情報を拡大して大衆の前にあたかも大変な出来事が起きているように見せているだけで、実際は取るに足らない顕微鏡のような出来事に過ぎない。

しかし、人間社会はその拡大した情報に操作され、問題の存在しないところに問題を創り上げそれを真実にしてしまう。

人間社会とはこのようにいつもますますイリュージョン的になっていく。

人間社会ではこの奇術や魔術のタネや仕掛けを知っている人が世界を動かすことが出来る。

もちろんそのマジックを使える人が創り上げた世界もイリュージョンであるが大衆と違うのはそれを意図的に行っているということである。

現代社会も混乱しているが、実際は一切何も起こっていない。何か起こっていると考えてしまった大衆が踊っているだけである。

この何も起こっていないということに気づくことが大切な気づきなのだが、何も起こっていないと言うと、いや、あなたは実際に起こっているのが目に入らないのかというかもしれない。

私は答える。そうだ。その通り。まさに目の前で起こっている。しかし、それを起こしているのはあなた方だ。

あなたはさっぱり理解できないだろう。

そもそも大衆に限らず、人間は自分で思考していない。大抵の人は無意識に出来事に反応し、動いているだけだ。ほとんどの人々はロボットに過ぎない。

その無意識の自動思考を自分で思考したと勘違いしている。

あなたのその考えは一体どこから来たのかも気づかない。

私が言う。あなたの頭の中に蛇が住んでいる。

あなたはこの言葉に反応したはずだ。そして蛇を思い浮かべた。それまで蛇など考えていなかったのに。

あなたの考えはそういう風に操作される。だから、あなたの思考はあなたのものでは無い。
テレビを観て、急に気候変動が気になったり、ジェンダーフリーが気になったり、BLMやアジア人種に対するヘイトが気になる。

突然電話が鳴り、友人から仕事の相談を受ける。そうするとそのことが頭を支配する。
あなたはそれまで食事をしながらお笑い番組を見て笑っていた。

どうだろうか。あなたは自分で思考しているだろうか。ネットを観ていて、ウイグル自治区の問題を観た。あなたはその前まで、ウイグルのことは一切考えていなかった。

しかし、今はこれは大きな問題だと言い始める。

あなたの奥様がお風呂を入れてくれると頼まれる。あなたの頭はお風呂に切り替わる。

あなたはあなたが思考しているとまだ考えているだろうか。

あなたは一切思考していない。それはどこからかやってきて、あなたの頭を支配する。

あなたはただいつもそのやって来た情報に対して、ただ頭を乗っ取られ反応しているだけに過ぎない。

そしてあなたに情報を与えた人もその情報に触れたから思考が湧きあなたに情報を与えたのだ。

だから、人間にはその個人が創り出した思考などは存在しない。

ただ、そのことに気づいている人と気づいていない人がいるだけである。

人間は個人では無い。全体である。全体が個人に見えているだけでそこに境界線は存在しない。
そこに境界線を設けると、国境になったり、人種になったり、私になったりする。

そして境界線が多いほど区別や分裂が存在し、物事は複雑化して、そこには違いが生じお互いに理解できなくなり、私と言うエゴが動き出す。

そのエゴが肥大化して衝突して争いが起きる。

これはまさにマジックである。人間はそのマジックから抜け出すことが出来ず、目の前に有りもしない混乱を創り上げる。

そして実際に、この大きな自然と言う舞台装置の上で、滑稽に踊り狂い死ぬ。

何も起こっていないと言うのに。

だから何も起こっていないところに在る人はそのようなことは全く関係なくただ幸せである。
僕はもうほとんど隠居状態だが、本当に隠居してしまいそうだ。
11




AutoPage最新お知らせ