ソーシャルデスダンス〜社会的死のダンス  社会


大衆はただ眠りこけて死ぬだけ。だから眠っていてください。

疫病で人々のアイデンティティーが踊らされる。感情劇場が世界を支配する。

実際は目を開けてその事態を見て入れば、何事も起こらないし、実際に何事も起こっていない。

マスクもしなくて済んだし、緊急事態宣言など必要なく、店はつぶれないし、生活は困窮しない、ソーシャルディスタンスなど不要で、ステイホームも必要ない。

踊ってしまったのはあなた方だ。

これをソーシャル・ディス・ダンスと言う。社会否定のダンスだ。あるいは、ソーシャル デス ダンス
社会的死のダンス。

どうでもいい枝葉末節のこと大衆同士で争っているのはもうコメディに違いない。

エゴが見事に透けて見える。これはその事を目撃し観察する絶好のチャンスである。

世界中で〇〇と言う恐ろしい疫病が流行しています。世界中の人々がマスクを着けて、手を消毒し、ソーシャルディスタンスで距離を取り、ステイホーム(おうち)と言われて家から出られない。

最近は家にいるの飽きて外に出始めたが、何ら大衆は変わらない。ただ退屈しただけ。

恐ろしい疫病だから注射します。人々は腕を差し出しそれを受け入れる。

大衆は行動を制限されて自由を奪われているのに何の抵抗もせず、それどころかパスポートが必要だ、陰性証明書を発行すべきだ。

もっと制限するべきだと言い出し、自ら家畜になることを望む。

家畜は安全だ。自由などなくても安全が一番。

あの〜そこは檻の中ですけど。

もはやSMクラブが当たり前の世界。そのSMクラブはあなたに鞭をふるいながら愛を与えてくれる。まさに愛の無知。

あー快感って。

命を大切に。人は死んではいけない。風邪で死んではいけない。しかし、ガンで死んだり、腎不全で死んだり、肝不全で死ぬのはどうでもいいようだ。

もはや風邪で死なない為にガンで死ぬのを望んでいるかのようだ。

人の最後は、ほとんどが病気である。老衰とは肺炎である。だから最後は風邪のような病気で亡くなる。

風邪で死ななければ一体どうやって死ぬつもりなのか?

そこまで考えられる人は全くいない。

そもそも人は死ぬんだよ。

今の人々は風邪にならない為に生きている。

このバカげた生き方に気づかないし誰も指摘しない。人生とは風邪にならない為に生きるものなのか。

だから生きることが全くできない。何しろ風邪で死ぬことが許せない事態になっているからだ。

そしてガン死は許すのだ。

ガンで死んだ。仕方が無い。

風邪ごときで死んだら意味が無い。

いったいどうしたものかね。

ここまで言ってもあなた方にはちんぷんかんぷんだ。

そうやって人生は、支配するものに掠め取られていく。あなたはいつまでたっても利用されて、ざまあみろと金に換えられる。

あなた方の人生とはそういうものだ。

でもそれもどうでもいい。何しろまだ夢の中にいて目が覚めるどころかますます深く眠り込み、その鼻からは風船が大きく膨らみ、たまにはじけるのが人生だからだ。

そうやって多くの人々はこの世で生を受けながら、ただ眠りこけて死ぬだけの人生で終わる。

でも大丈夫。ずっと眠ってただ死ぬだけだからね。
6




AutoPage最新お知らせ