恐怖、不安、罪悪感の根源とは  メンタル

私はこれまで感情中毒の危険性について述べて来た。

しかし、これは感情を出してはいけないということではなく。むしろ自分の感情をオープンにすることが大切である。

情緒不安定な人は抑うつ的、不安、心配、強迫的、恐怖感、罪悪感を持っている。
ではその感情はどこから来ているのかというと、その人の社会的モデル。つまり両親である。

情緒不安定な人は”今”に生きていない。常に過去に反応し未来に備える。
では何故そうなったのか?

感情を抑えて生きて来たからである。子供の感情を受け入れることが出来る両親であれば子供は感情を適切に開放出来て、その感情に対して不安や恐怖感、罪悪感など持つ必要も無い。

この国に限らず、完璧な両親は存在しないので往々にしてこのようなことが起こる。
家庭でも学校でも、愛情では無く道徳観に基づいた教育が行われる。愛を道徳と勘違いしているケースは多数にみられる。ただ子供を愛すればいいだけなのに、そこに道徳観を持ち込む。

そしてそれを教育だと勘違いしている。

こうしなさい、ああしなさい、それはダメ、これもダメ、あれもダメ、それではダメだ、早く寝なさい、はやく起きなさい、なにやっているの、どうして、がまんしなさい、がんばれ、たいしたことは無い、心配するな、強くなれ、負けるななど。

これはすべて子供の感情に寄り添う言葉では無い。感情を無視した言葉である。
親は常に子供に指示をする。それは支持ではない。

子供は感情を理解してほしい。怖かった。そう怖かったの〜でも私が一緒にいるから大丈夫だよ。疲れた〜。そう疲れたの。一緒に休もうね。

しかし、子供が恐かったと言ったときにこういう親は多い。負けるな、恐くない、情けない、もっと頑張って乗り越えよう。

疲れた〜。それぐらい疲れるな。

あのな、世の中にはもっと大変な人がいるんだ。お前は恵まれている。感謝しろ。
全くその子供の感情への寄り添いは存在せず。子供にとって意味の無い言葉が押し付けられる。

それを日常的に行うことになると、子供は感情を隠し、押し殺し、親の気にいる様に振る舞うようになる。

そして自分の感情を失い、親に好かれる為に無駄な努力を重ねることになる。しかし、親は子供がどんなに努力をしても決して認めることはなく、もっと頑張れ、お前なら出来ると言い出す。

この時に子供は感情を抑えることを学び、ひとたび感情が芽生えると恐怖感や罪悪感や不安を覚えることになる。

その子供が上手に世間と交流するには、感情のコントロールが必要だと考え、対人関係に感情では無くテクニックを持ち込み、それを身に着ける。

しかし、それは莫大なエネルギーを必要とする。身体の反応を抑え込み、自らの感情を抑え込む。そして表情や振る舞いを創り上げる。

まさに”偽りの自己”になるのである。これは並大抵のエネルギー
では無いので、いつか何らかの形で爆発、暴発する。

その多くは精神的に壊れ、自己破壊的に陥ることが多い。こうして遅かれ早かれ、その人は社会に適応できなくなる。

狂ったところでその人が、このことに気づけばいいのだが、そのようなことは誰からも教えてもらっていないうえに、すでに感情の表出を長年抑えていたために、自己がどこにもなく、感情がわからなくなっているケースが多い。

そしてこのような人は友人が全くいなかったり、両親との関係が破たんしたりしていることが多い。
ここまでいかなくても両親との間に問題を抱えている人が多いのはこういうことだ。
私は感情中毒は恐ろしいといつも話をしているが、こういうことだ。

情緒不安定な人は、厳しい内なる親がいつも自分を裁き、内なる子供がそれに押さえつけられている。

どちらも自分が生き残るために創り上げてきた、2つの自己である。
そしてその内なる親はとても厳しい。いちいち指示をして内なる子供に不安や恐怖や罪悪感を与える。

それではダメだ、まだそんなことをやっているのか、情けない、もっと頑張れ。
内なる子供は常に責められる。

つまり情緒不安定な人の脳内ではこのような過去の記憶に基づく、感情中毒物質が常に放出され目の前には過去の記憶が無限ループのように展開される。

それに気づかないので、このような人は全く”今”に気づくことなく、過去の中に閉じ込められ自動的、機械的に幻想の世界を生き、その幻想は”今”を超えて、未来の過度な自己防衛に費やされる。

世界には恐怖しか存在しないのだ。

私は感情中毒に陥らないようにと言っているが、皮肉なことに感情を抑えて生きると、感情中毒の中に閉じ込められるのだ。

大切なのは、自分の感情を素直に表現して解放(開放)してあげることだ。

内なる厳しい親を優しい親へと変容させ、そして内なる子供へも優しくしてください。
どこにも敵はいないのです。

恐れそれがこの世界を恐怖に陥れています。その根源は何か?考えてみることです。



拍手コメントの方へ

杉浦さんですね。森下敬一氏や千島学説はその通りだと思います。いつもありがとうございます。
9

欲望の代償  社会

風邪は人間をあからさまにした。

何もかも隠蔽しようとしているのは大衆である。

チッソや原発の問題は象徴的だ。

大衆はいつも誰かのせいにして逃げ回る。そして社会システムは誰も責任を取らなくても良いシステムとなっている。

それは司法が機械的にジャッジを下すだけだ。

大衆は常に責任を放棄し、政治家や企業に責任を問う。

しかし、政治家や企業の役割は大衆の夢を叶えることである。

私たちの世界は夢や希望や理想で塗り固められている。その欲望を実現させるために自らは労力を使わず、全てを誰か力のある人に委ねて自らは何もしない。

委ねられたリーダー、今では企業のトップや有力な政治家は大衆の希望を叶えるために働く。

そうして大衆は欲望を肥大化させ、夢の世界を自ら作り出す。

その世界は自然からはるか遠く離れたところに存在するようになる。

大衆は夢を享受する。そこは安全でユートピアのような世界だ。

しかし、大衆はいつも不満を持つ。あれが足りない。これが許せない。

委ねられたリーダーや支配者は、それを叶える為に骨身を削ずり、大衆の為に働いたのに大衆は不満ばかりだ。

実際、大衆の生活している世界は紙一重のユートピアにしか過ぎない。

その紙一重の世界を必死に守っている企業や国に対して大衆は不満しかない。

私たちの平和な世界はどのように紙一重の世界であるかということについては全く大衆は考えない。そこにどれだけの努力が注がれているか。

エネルギーの供給は常に紙一重である。石油を運ぶタンカーが常にそのエネルギーを安定的に供給するのは紙一重である。

この国の食料を安定供給させるの努力は常に紙一重である。

安全な水を確保するのに本当に紙一重で台所に運んででいる。

ほんのわずかでも途絶えれば、アッと言う間にこの国の安全、安心な生活は破綻する。

本当にギリギリのエッジを歩いていることを多くの人は知らない。そして不満ばかりなのだ。

それに対して、支配者はその努力を毎日、批判されながら続けている。

いや、それだけでは無い。支配者はそれを利用して大衆を騙している。

お前たちの欲望を叶えさせているのだ。お前たちの欲望の捌け口になるが、その責任はお前たちがとるのだ。

その欲望に見合っただけのことは俺たちは享受する。なぜならすべてはお前らの欲望が起こしたことだ。

そういうことだよ。(もっと深い部分があるがここは割愛)

政治家の持つ情報は大衆が持つ情報より格段と多く、深い情報を持つ。

世界とのバランスを見ながらこの国のかじ取りを行う。

大衆はこの世界が正義と悪の世界だと考えているが、政治家はそんなものはバランスに過ぎないと考えている。

そこに齟齬が生じるが、政治家はそこまで説明できない。何故なら大衆は理解できないからだ。

大衆を夢から覚ますことは出来ないことを権力者は、権力を持った時に思い知る。その衝撃は計り知れない。

だから、大衆が期待した政党がその政策を権力を持った瞬間に裏切るのだ。
それは裏切りでは無く、大衆の夢や希望や安全を確保するために世界とのバランスをとり、絶望する瞬間だと思う。

では、権力者は何故、その情報を大衆と分かち合いその齟齬を一致させないのという疑問が生じるかもしれない。

私はそれは一致させた方が良いと思うが、これは無理な相談だ。

何故なら、それを理解できる大衆が圧倒的に少ないという現実があり、それは夢を見ていたい大衆には全く通じない。

さらにもしそれが実現できたとしたら、今度は世界とのバランスは崩れてしまい陳腐な表現で言えば、おそらく日本は北朝鮮化するだろう。

世界と戦う。具体的に言うとアメリカと対立することになり、日本を孤立化する。

それでも良いと言う大衆がいると思うが、それはこの国の多数決とは決してならない。
だから結局、政治家は陳腐化するしかないのだよ。

権力を持った人がそのうち自分の欲望だけを考えだすのはそいうことだ。

どうだろう。あなたは自分の利益になるかどうかだけで地元の政治家を選んでいないか?
それがこの国の、いや世界のすべてだ。

いや、違うという人は幸いだ。しかしそれ以外の人はどうなんだ。

なんで不満をぶちまけているのか考えてみたらいい。

何故、原発が存在するのか?何故、権力は腐敗するのか?
何故、薬害が存在するのか?何故、環境破壊は進むのか?
何故、食料の問題があるのか?何故、あなたは病気なのか?
何故、あなたは生きているのが苦しいのか?
何故、あなたはハリウッド映画のような幻想に誘われるのか?

毎日、目の前に存在する自分や家族や友人や食べ物や空や地面や風や植物や光や空気や雲や昆虫に、
何故、感動できないのか?

”チッソは私であった”という本がある。

原発は私であった。農薬は私であった。
環境破壊は私であった。

農薬は私であった。

ワクチンは私であった。

コロナは私であった。

それはすべて大衆の欲望が成し遂げたこと。

誰が責任を負うのか。

支配者がコントロールしたと大衆は言うかもしれない。もしそう言うなら、
大衆には意思、意志、意識が全く存在しないということになる。

そして不満は、機械的な脊髄反射となる。大衆とはそういうものか?

いやそうでは無いという人は機械的な反射から抜け出した人だと思います。

それ以外は機械の中に閉じ込められたままです。ただの反射神経。





拍手コメントの方

ありがとうございます。愛はすべての人の中に条件無しで溢れています。しかし、そのことに気づきません。
5

ハートの波動  水彩画

今朝クラリセージに水をあげたら水滴がハートの形になったよ。

クリックすると元のサイズで表示します
6

流行  社会

2020年、2021年4月現在。巷では恐ろしい風邪が大流行しているそうだ。

これは恐ろしい風邪であってインフルエンザでは無い。

しかし、皆さんの体感はこうだろう。最近、身の回りで風邪ひいている人がいないな。
そうなのだ。子供から大人まで風邪を引いている人が本当に少ない。

そこで多くの人はマスクをしたり外出を控えたり消毒しているから風邪が減ったのだろうと。

しかし、考えて欲しい。テレビやラジオでは何と言っているか?

これは第4波だと言っている。毎日、感染者数を数え風邪がいかにも大流行を起こしているように報道している。

若い基礎疾患の無い人も重症化して亡くなると報道している。

この報道をみてこれは寿命に近いお年寄りや深刻な基礎疾患を持った人だけ亡くなる訳ではなく、健康な若者も亡くなる恐ろしいと。

その基礎疾患の無い亡くなった若者は激務で疲れていたのでは無いか?あるいは生活苦であったのか?物凄いストレスを抱えて免疫力が低下していたのではないか?

基礎疾患と言えるほどでは無くても現代人はありふれた薬物にまみれている。

そういう報道は無い。そういう背景は報道されないのでわからない。

私はもう一度言う。健康で基礎疾患の無い人は風邪で重症化したり亡くなることは無い。

従来の風邪がマスクや消毒や外出自粛で減少しているのなら、何故、今流行の風邪がマスクや消毒や外出自粛で減らないのかとは考えない。何故、増えているのかとは考えない。

今流行の風邪はインフルエンザや従来の風邪では無いのは間違いない。

何故なら、子供が発病しない。重症化しない。脳症の報道が無い。インフルエンザが激減している。

従来の風邪では無い理由は、子供が発病しない。重症化しない。子供の肺炎が無い。
従来の風邪と違うのだ。

報道とのギャップは体感だ。大流行している恐ろしいという報道と私たちの周りから風邪が無くなっているという体感は相当開きがある。

ちょっと風邪気味だという人もほとんどいない。

だから、考えてみて欲しい。本当に危険で恐ろしいウイルスなのか?

報道と実際の生活での体感とどちらを皆さんは信じるのだろうか?

従来から風邪は存在した。だから本来は比較しなければならない。2019年まで一体、風邪に感染する人は年間に何人いて、何人が死亡したのか。年齢層はどうなのか?どういう人が亡くなったのか?

今の風邪と比較するのが大切だ。

そうすると子供や若者の発病者が劇的に減っている今の風邪は、もしかしたら従来の風邪よりか物凄く弱い感染症の可能性も出てくる。

しかし、専門家や研究者はその統計を明らかにしない。

私達は国とメディアと専門家の情報に踊らされる。そして大衆はお互いにお互いを苛める。
国にはもっと強力な規制をと自由を放棄しようとしている。

まるでSM劇場のようだ。お願いです。私を縛ってください。もっときつく。あーっ、嬉しいです。

あなたは去年と今年、一度でも風邪を引きましたか?

あなたの子供はどうですか?

あなたの両親はどうですか?

自ら考えてみるといい。


【告知】
<講演会案内>アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

申し込みはこちら ・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

<講演会案内>

・テーマ
アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

・日時  令和3年6月20日(日)
     9時30分〜15時

・会場  愛知県小牧市ラピオ4階
オンライン zoom配信あり

・講師  本間真二郎(医師・医学博士・七合診療所所長)
  
    自然に沿った暮らし研究所 https://shizenha-ishi.com/

     吉田純久 (鍼灸師・吉田鍼灸指圧治療院代表)
 鶴田ナオキ(市民団体THINKER主宰)

根本原因から探る健康情報サイト
http://www.thinker-family-health.com/

・費用  3,500円(会場・オンライン)

・託児  あり 500円/1人 (1歳以上〜)

・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

・主催  『奇跡を起こす子育て』オンラインサミット事務局

・連絡先 高橋奈美 090-6647-1073
     nami_happyday@yahoo.co.jp

     https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V
3

Koronaは存在している  社会

大阪は医療崩壊していると朝から報道している。

これは現実である。Koronaは存在している。そして変異している。

Koronaは存在していないとか存在しているとか相変わらず大衆は分断している

テレビで医療崩壊の現場が映し出される。そして医療関係者がコメントをする。大変な事態です。これもFakeでは無い。

Korona重症者を受け入れることが出来る医療機関は限られており、重症者はその限られた病院に集められる。崩壊するのは当たり前である。

日本の病床数は世界一で崩壊するはずが無いと言っても崩壊するのはこういうことだ。

もはやこれは真実である。それが嘘だと言う証明は出来ない。どこまで根拠を示しても無理である。Koronaは存在している。

今回の日本政府の対応は数々の批判はあるが全体的に見て決して批判されることは無く、一切間違いの無い対応として歴史に残るだろう。

大衆は緊急事態宣言ではもはやダメだ。もっと強制的な対応を取れと自らの自由を放棄することを望む。

しかし、政府の対応は慎重だ。ここだ、日本の対応は本当に慎重なのだ。Korona封じ込めにしろ経済対策にしろワクチン政策にしろ、本当に慎重に進めている。

マスコミや専門家、コメンテーターは意図的に他の国と合わせろ、もっと強制力を、そしてワクチン競争を煽る。

日本のKorona対策は生ぬるいと大衆に思わせる。しかし、日本ほどKorona封じ込めが出来ている国は無いということを言わない。

大衆はマスコミに踊らされて、ただダンスを踊る。それは愛のダンスや悲しみのダンス、あるいは怒りのダンスだ。踊っている時は陶酔している。

大衆の批判とは単なるエンターテイメントのダンスに過ぎない。

支配者はその踊りを見ていればいいだけなのだ。

さて、今度はどの音楽を奏でようかな。

風邪は昔から存在し、これからも存在する。大衆はどう逃げ回ろうがこの洗礼から逃れることは出来ないということを知らない。

逃げ回っているうちに風邪以外で人生を終えることになることも知らない。

風邪は単なる流行だよ。

人々は何か問題が起きた時に、何もしないことがその問題を解決することにもっとも最適だとわかっていても、何もしないことに耐えられない。

だから、その行動によって問題が大きくなり自分自身の首を絞めることになろうと、反応し行動することを選ぶ。

そしてそれが破壊的な結果をもたらしてもそれで納得する。もしくは後で反省する。決して歴史を振り返り学ぶことは無い。

何もやらないことは責められるが、何かやったことについては許容する。

だから、Koronaに対しても何かを対策する。たとえそれが世界的に起こされたインフォデミックであったとしても、それは嘘ですとは一切言えないのだ。

霊的に人類はそこまで受け入れるレベルには無いし、これからも無い。

この世は幻想の世界であり、嘘も真実になり、真実も嘘になるということです。

魂の成長は個人的なものであると思います。

【告知】
<講演会案内>アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

申し込みはこちら ・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

<講演会案内>

・テーマ
アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

・日時  令和3年6月20日(日)
     9時30分〜15時

・会場  愛知県小牧市ラピオ4階
オンライン zoom配信あり

・講師  本間真二郎(医師・医学博士・七合診療所所長)
  
    自然に沿った暮らし研究所 https://shizenha-ishi.com/

     吉田純久 (鍼灸師・吉田鍼灸指圧治療院代表)
 鶴田ナオキ(市民団体THINKER主宰)

根本原因から探る健康情報サイト
http://www.thinker-family-health.com/

・費用  3,500円(会場・オンライン)

・託児  あり 500円/1人 (1歳以上〜)

・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

・主催  『奇跡を起こす子育て』オンラインサミット事務局

・連絡先 高橋奈美 090-6647-1073
     nami_happyday@yahoo.co.jp

     https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V
2

koronaという虚構により人々が一段と深い眠りに落ちていくという歴史を目撃する。  社会

koronaという虚構により人々が一段と深い眠りに落ちていくという歴史を目撃する。

koronaという虚構がもたらしたものは”気づき”では無く、大衆の深い幻想への誘いであった。

昨日のkoronaで亡くなった人々は全国で16名との報道があった。1一日に16名亡くなるということで大衆は恐れている。

今まで一日に亡くなる人の数を調べたらいい。一年で亡くなる人々の数を調べたらいい。誰もそのことに興味が無い。

テレビのニュースショーは相変わらず悲劇の方が視聴率が良い。

今回のことで”気づき”を得た人が多いそうだ。その人々は正義の味方を信じている。

だからkorona以降、正義を叫ぶ人が増え、人が人をもっと裁きだした。裁いている人は自分が正義だと言う言い訳に自己弁護という自己正当化をせざる得ない。

つまり正義の人は裁判官になり弁護士である。

さらにそのような気づきを得たと思っている人々は正義の味方を創造しはじめた。その人または人でない存在がリーダーとなり大衆を救ってくれるそうである。

その正義は善悪をジャッジし裁きを下す。正義がその悪を裁くやり方は、全く悪と同じ方法をとっているのに、正義の人々はそれに気づかない。

そして正義が悪となり、世界は再び悪に染まる。その時また気づきを得たと思っている人々の中で正義が始まる。その正義は裁判官になり弁護士になる。

とにかく”気づいた”という人は大衆をより深い眠りに導く。それは”気づき”では無く、より眠りが深くなっていることに気づかない。

これが”気づいた人の正体”である。

この正義(善悪)とか裁判官(裁き)とか自己弁護士(自己正当化)を行っている以上、目覚めることは無く、眠りは一段と深くなる。

眠りから覚めるには、常にこのことに気づいておく、そして外に対して自分を正義の人にせず、そのことにより人々を裁かない、そうすれば自己正当化する必要も無い。

外を変えてもあなたがそのことに気づいていなければ、あなたは常に人を裁き、自分を弁護しながら生きていくことになる。

それは闘いの世界である。そして幻想の世界で大衆は闘う。

私が正しいと言わざるを得ない。

かくして世界は常に正義がはびこり、そこには戦いの世界が展開される。

このことを拡大しているのが、悪に気づいた、私は気づいたと
思っている人々が虚構に対する大きな虚構を創り上げ問題を起こし始めることになっているのです。

これは常日頃、私が言っている何も存在しないところから問題を創造する存在しない過去と未来の中で不安と恐怖から脳内の化学物質放出による感情中毒症状、つまり幻想の世界に住む人々の虚構の創造である。

まさにマジックに陥るのです。そしてまさにそういうことになっています。

このkoronaはそのことを観察できる人に明確に観察させることになりました。

そして観察できる人は、大衆がより深い眠りにつくところをまさに今、観察している訳です。

大衆は目を覚ますことが出来ないままです。いや、目を覚ますのことが嫌なのでしょう。


【告知】
<講演会案内>アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

申し込みはこちら ・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

<講演会案内>

・テーマ
アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

・日時  令和3年6月20日(日)
     9時30分〜15時

・会場  愛知県小牧市ラピオ4階
オンライン zoom配信あり

・講師  本間真二郎(医師・医学博士・七合診療所所長)
  
    自然に沿った暮らし研究所 https://shizenha-ishi.com/

     吉田純久 (鍼灸師・吉田鍼灸指圧治療院代表)
 鶴田ナオキ(市民団体THINKER主宰)

根本原因から探る健康情報サイト
http://www.thinker-family-health.com/

・費用  3,500円(会場・オンライン)

・託児  あり 500円/1人 (1歳以上〜)

・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

・主催  『奇跡を起こす子育て』オンラインサミット事務局

・連絡先 高橋奈美 090-6647-1073
     nami_happyday@yahoo.co.jp

     https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V



4

風邪死は非科学的で根拠ゼロ〜風邪で亡くなる人は本当に存在するのか?  社会

風邪で亡くなった方は16日現在で9592人となっています。
しかし、すでに1年を経過しているので本来はリセットする必要があります。この数字を積み上げることで錯覚させ恐怖感を積み上げることになります。

さてもうすでに1年を経過しました。ほぼデータを揃っています。しかし、変異したと大騒ぎをしています。

インフルエンザを考えてみてください。ウイルスは毎年変異します。流行している時期にも初めと終わりはすでに変異しています。

インフルエンザはワクチンが長い間存在しますが、一度もインフルエンザを撲滅する事無く、そして流行を防いだこともありません。

しかし、今度の風邪に対するワクチンには何故か期待している人が存在しているのです。
風邪を抑え込みましょう。風邪を根絶しましょうとテレビやラジオから流れます。人類史上一度も風邪を根絶したことはありません。

何故、このような科学を偽装したデマに大衆は導かれるのでしょうか?

考えてみてください。

答えはこうです。大衆は考えていないからです。

風邪で死んではいけない大衆は言います。交通事故では死んではいけないから車に乗るのは止めましょうとは言わないのです。

交通事故で死ぬ確率を減らすには車に乗らないことです。これはワクチンより、風邪を抑え込むより有効な手段であるにも関わらず、それを言わないし実行しないのです。
そんなことは現実的では無いと大衆は考えているのです。

でも、風邪の現在、もっと現実的では無いことが行われています。

風邪で死なないように、車に乗るどころか外出を制限しようとしているのです。そとに出て歩くのを止めましょうと。

外に出るのを止めましょう。

果たしてこの戦いにどうやって終止符を打つのでしょうか?ここまで命を大切に、風邪で死んではいけないと言っている以上、その線はどこに引くつもりでしょう。

仮に死亡者が3000人になればOKなのでしょうか?それとも1500人。どうやって皆さんはその死を受け入れ線を引くのでしょうか?

単なる風邪でここまで来てしまったのです。風邪を引き起こす200種類以上のウイルス、細菌のうちのたった一種類を虫眼鏡で拡大し、人間が死ぬのは風邪だけでは無いのに、そのうちの風邪と言うものを虫眼鏡で拡大しそれを見ているのです。

病気は事故は多数あり、命を落とす理由はいくらでもあります。

そのうち比較すると風邪で亡くなるケースは本当にレアケースになります。

果たして、今回においても純粋に風邪で亡くなった人がいるのかを考えると本来は風邪で亡くなった人は存在しない可能性もあるのです。

何故なら、亡くなる人は寿命を迎えたお年寄りや、深刻な基礎疾患を抱えた人になるからです。

これは風邪で亡くなったのか、寿命なのか、基礎疾患なのかわかりません。ただ言えるのは健康な人が風邪で亡くなることは無いということです。

では、寿命で亡くなる人や深刻な基礎疾患を持った人を守らなくていいのかと言われると、それは守る必要があると私は言います。

現在の問題は何か?というとそれを分けて考えていないということです。全ての生活がそのような風邪で亡くなる可能性がある人に焦点が当てられているということです。

それを基準に私たちの生活を制限しているということです。

そうすればすべてが繊細にならざるを得ないのです。そしてすべての活動は制限されます。
果たしてこの基準をどうやって解決するかということが要求されることになりました。

この基準を解決するには風邪で亡くなる人が3000人になればいいのか?1500人になればいいのか?ではその1500人には諦めなさいというのか?

100人になればいいのか?その死因は昨日まで風邪だったけれど基準を変えたので、あなたは風邪死ではありませんというのか?

そう考えると大衆は本当に気分だけで物事を決めており、政治家は大衆を単に騙しているだけに過ぎなくなります。

何故なら風邪は決して根絶できないからです。

今回の騒動はそこまで来たのです。しかし、大衆はここまで考えていないから、このことはわかりません。

ただ、ブームが去るだけです。それは納豆が健康に良いというブームと同じです。
そうして虚構の世界は続き、大衆は騙され続けるのです。ずっとそうなのです。結局のところ大衆は夢を見ていたいのです。

現実は恐ろしいと思い込まされているので夢の中に逃げ込むのです。

しかし、実際は美しい花が目の前に、そして足元に咲いているのです。

多くの人々は思考が今に無いので、その花は全く見えず、踏みつぶして歩くのです。それがこの世界に混乱と苦痛を恐怖を与えているのです。

そしてそれが嫌で幻想に逃げ込み夢の世界で生きているのです。

思考できる人は、今回のことをよく観察し、人間は死ぬということを良く考えることです。そしてその中でどう生きていくのが良いのか、個人的に考えることです。

それが人生の豊かさをもたらすと私は考えています。



【告知】
<講演会案内>アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

申し込みはこちら ・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

<講演会案内>

・テーマ
アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

・日時  令和3年6月20日(日)
     9時30分〜15時

・会場  愛知県小牧市ラピオ4階
オンライン zoom配信あり

・講師  本間真二郎(医師・医学博士・七合診療所所長)
  
    自然に沿った暮らし研究所 https://shizenha-ishi.com/

     吉田純久 (鍼灸師・吉田鍼灸指圧治療院代表)
 鶴田ナオキ(市民団体THINKER主宰)

根本原因から探る健康情報サイト
http://www.thinker-family-health.com/

・費用  3,500円(会場・オンライン)

・託児  あり 500円/1人 (1歳以上〜)

・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

・主催  『奇跡を起こす子育て』オンラインサミット事務局

・連絡先 高橋奈美 090-6647-1073
     nami_happyday@yahoo.co.jp

     https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

拍手コメントの方へ

ありがとうございます。



5




AutoPage最新お知らせ