悪魔崇拝の世界  社会

悪魔崇拝は支配者だけの問題ではありません

多くの人々は生活そのものが悪魔崇拝になっています

だから真実に気づくことさへ出来なくなっています

真実に気づく人は常に少数であり、真実を口に出すと迫害されます

何故ならほとんどの人がサタニズムに心を奪われているからです

真実に気づいた人はその真実を人に伝えることはできません

真実は気づく人は気づき、気づかない人は気づかないようになっているからです

真実に気づいたと思った時はしばらくショックで思考が停止してしまいます

そして気づいたと思ってもそのうちに忘れてしまい、またサタニズムに埋没します

真実にたどり着いたと思っても真実は離れていくのです。

本当に真実に気づいた人は自分が今まで行ってきたことに愕然とし、サタニズムに常に気づきます

気づいたことを人に教えることは困難です。そしてそれは必要ありません。

気づきは私たちが教えるものでは無いからです

ましてやサタニズムに支配されている人に気づきを与えることは一切できません。

その崇拝を強化させることになるでしょう

自分が明らかに悪魔を崇拝していると確信している人はすでに悪魔との取引を終えているのでその取引を無かったものにすることができません。

もし無かったものにするのであれば、今まで行ってきたことの代償をその場ですべて引き受けることになります

気づいた人は常に真実を見失うことはありません

そうして生き方を修正できるのです

真実に気づいた人同士が出会ったときは、その真実をお互いに深め合うことができます

もしあなたが尊敬できる人がいるとしても、その人についていく必要はありません

それは偉大なる何かでは無く、それは悟った人ではないからです

悟ったような人でそれで物質的な富を築いている人がいたらそれはサタニズムに犯されています

すぐに離れることをお勧めします

人が悟ることはありません


拍手コメントの方へ

悪魔、サタニズムに心を奪われないようにしたいですね
10




AutoPage最新お知らせ